FC2ブログ

向山製作所の生キャラメル

今朝のテレビ番組『めざましテレビ』に、当地の産品が紹介されていました。 地元の産品を惜しげもなく使って作られた生キャラメルなのですが、その事業本体が変わっていまして、電子基板の製造を主な事業とする、『向山製作所』さん(URL)と言う会社です。

早速取り調べをしてみますと、二本松市と本宮市の間に位置する、安達太良山の麓・大玉村に会社はありました。 テレビ取材に答えておられた社長さんのお話では、厳しい経営環境となっている製造業にあって、社員の雇用を維持する為にも、新事業の着手は必要だったとの事。

食品事業部のスタートもまた、件のリーマンズ・ショックの時期に呼応していました。 もともと、地元の食材が、なかなか発信出来ずにいる事を気に掛けておられ、味覚の視覚化と記録技術のシステム開発に取り組んでおられたようですので、この事業の伏線はあったのでしょうね(^^)

郡山商工会議所 駅前通会館

5月15日に、郡山商工会議所が運営する駅前大通会館という、事業立ち上げ者の為の支援施設に、パイロット・ショップをオープンしたばかりでした。 「めざましテレビ」の番組の中では、結構長い時間を割いて紹介されていたようで、その開発経緯や美味しさを伝えていたようです。

無芸の仕事場からは、スクーターを走らせれば5分と掛からない場所。 早速お昼頃に訪問してみました。 今朝方オン・エアされたばかりと言うこともあってか、丁度社長さんも詰めておられ、ご挨拶をさせて頂き、店内の写真撮影にご了承を頂きました。

向山製作所 郡山アンテナショップ

奥のカウンターで、お客様からのオーダー品を包装しているのは、ナント社長秘書様(^^;) まさに会社総出で、ありとあらゆる知恵と人材を活かしておられるようです。

向山製作所 生キャラメル袋詰め

会社名をそのままに生キャラメル事業に活かしたあたりが、とてもユニークですね(^^) 思わず「ナニ?」と耳に止まりますね。 カジュアルな紙バッグに詰められた仕様と、ご贈答用の可愛い箱詰め仕様があり、客注でバラ詰めにも対応致します。

向山製作所 生キャラメル お持ち帰りバッグ

オーダー品は、丁寧に扱われて、美しく袋詰めして下さります。 こんなちょっとした心遣いが嬉しいですし、「向山製作所」のカンパニー・マークの入ったシールがとてもステキです(笑)

向山製作所 生キャラメル 6種類

取りあえず全6種類、買い求めてみましたよ(^^)

・プレーン
・ビター
・カラメル
・山塩
・えごま
・黒ごま


特にカラメルは自信作と主張されておりましたが、無芸的に一番心惹かれたのは「山塩」と「えごま」ですね。 共に地元産品として、極めてオリジナリティーの高い産品です。

早速、頂いてみましょう♪ 先ずは「えごま」です。 会津では「じゅうねん」とも呼ばれており、シソ科の一種ですね。

向山製作所 生キャラメル えごま

上品なゴマのようなフレーヴァーが特徴です。 風味はやや大人しいものですが、口溶けの良い生キャラメルの中に、プチプチとした食感が楽しめて、噛んだ瞬間に香ばしい香りが鼻に抜けて来ます。

そしてご自慢の「カラメル」です。

向山製作所 生キャラメル カラメル

キャラメリゼされて、パリッとした飴状のカラメルソースが、ほのかな苦味を纏っています。 口溶けの素早い生キャラメルに、ちょいと違った食感を加える、なかなか秀でた手法です。

まだ全制覇はしておりませんが、極めて高いレベルのお味だと思います(^^) 全て手造りですので、一日に120箱の生産能力しか無いそうですが、徐々に生産規模は拡大するものと思われます。




向山製作所 郡山パイロットショップ (URL)
福島県郡山市中町10-6(郡山商工会議所チャレンジショップ内)
営業時間;11:00~19:30
定休日;毎週火曜日
お問い合わせ先 (日・祝日を除く 9:00~18:00)/TEL:0243-68-2456 FAX:0243-68-2457


大きな地図で見る