FC2ブログ

400,000PV感謝!

400,000PV感謝!

お陰様で拙のBlog「今夜も無芸大食」は、昨日通算400,000PVを越えました。 これも偏に、ご来訪の皆様方の暖かい励ましの賜物と、厚く御礼申し上げます。

今年1月15日に300,000PV越えをして、半年も経たずに更に100,000PVのご来訪、本当にありがたい限りでございます。 これからも相変わらず、ユルユル系Blogで続けて参りたいと存じます。 どうぞ宜しくお願い致します。




さて、最近の出来事でしたが、こんなケースの時、皆様でしたらどのようになさるでしょうか?

車一台分の細い路地を進んで行くと、前方に杖を突いた足運びの重そうなおばあさんが歩いていました。 おばあさんはどうやら、後ろから無芸の車が近づいて来ていることに気付いていません。

おばあさんのピッチに合わせて、静かに後ろをついて行けば、100mに満たない距離ながら、優に1分はかかりそうです。

1.軽くクラクションを鳴らして、こちらの存在を知らせる。
2.窓を開けて声を掛け、道を空けて貰う。
3.そのまま静かに後ろをついて行く。



多分、このBlogを見て下さっている皆様方は、「1」は選ばれない事と勝手に想像致します。(^^;) 無芸の選択は、迷わず「3」です。 勿論、後ろから他の車が入ってきた時は、場合によっては「2」かも知れませんけど。

そんな訳で、おばあさんを驚かせぬように、おばあさんと距離を取って、静かに後ろを付いていた無芸。 すると後ろからやって来た歩行者が、私の車の横を足早に追い越して、おばあさんの後ろ肩にそっと手を添えて、後ろから車が来ている事を知らせて、ゆっくりと路肩に誘導してくれました。

おばあさんは、おずおずとこちらを振り向き「あらら…」って表情をしていましたけど(笑) この機転を利かした方は、すぐ近所の病院にお勤めと覚しき、介助職のユニフォームを着ておられました。 もしかすると、そのおばあさんは、その病院へ通っていたのかも知れません。

まぁ、勿論ありがたいご配慮ではあったのですが、結果的にはおばあさんを驚かせてしまった訳でして、ちょっとビミョ~だったりします(^^;) とても簡単で当たり前な話です。 見ず知らずのご老人だったとしても、それが自分の身内だったらと思えば、ちょっとやそっとの足止めなんて、何でもないハズですよね。

さあ、今度は500,000PVのマイルストーンを目指して、変わらぬ日々の出来事を綴って行きたいと思います。