FC2ブログ

2009年桜巡り 『大鹿桜』 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

土曜日の夜のこと、旧友C君より携帯メールが届きました。

「明朝、越代の桜とジュピアランドに行く?」

その手のお誘いには滅法弱い無芸。 アッサリと釣られました(笑)

「越代の桜」は、昨年初めて訪問したのですが、タイミングがまさに満開から散り際でした。 まるでスイッチでも入ったかのように、一斉にその花を散らし初め、風で枝が揺れる度に桜吹雪が舞うという、写真撮りなら誰でも心酔しそうなシーン。 それが「越代の桜」との出会いでした。

そんな光景にもう一度出会いたい! その思いだけで5時30分出発(笑)

小一時間ほどで、到着してみれば…

越代の桜

終了!orz

一日遅かったか? 得てしてそんなモノですね(笑) 時折、観桜目当ての車がやって来ます。 一様に落花してしまった樹を見上げて、とても残念そうです。 中にはこの連休を機会に、相当な遠方からやって来たと覚しきナンバーも…(^^;)

こうなっては致し方ないので、事前に仕入れていた情報を基に、磐越自動車道を一気に西へ走り、渋滞する東北自動車道の頭上をパス、猪苗代ICで降ります。 次なるターゲットはこちら。

大鹿桜

「磐椅(いわはし)神社」の一角にある「大鹿桜」へやって来ました。 会津の名桜として、「会津五桜」と賞賛される名桜です。

標高が高い事から、例年当地の桜を締めくくる大取桜となっています。 今年は丁度満開の見頃を迎えていました。(^^) 全く観光地化されていない為か、ここを訪れる人は少ないです。

大鹿桜
<↑ Clickで拡大表示します>

一説には樹齢1,100年などという話もありますが、品種による成長の違いがあるとは言え、どうもその説には無理がありそうです。(^^;) 左右に二本のサトザクラがあり、その両方を持って「大鹿桜」と呼ばれています。

その二本が、まるで鹿の角のように… と、言うのは無しでして(笑)、花が散り際の頃になると、額の部分が鹿の毛のような色合いを呈する事から名付けられたそうです。

大鹿桜
<↑ Clickで拡大表示します>

サトザクラの八重咲きと言うのは、東北では珍しいそうです。 今、見頃を迎えている、八重桜のモコモコとした咲きっぷりに比べると、どこかしら奥ゆかしく品のある咲き方ですね。(^^) 以前訪問したときは、既にピークを過ぎてしまい、ちょっと寂しい姿でしたけど、今回はその美桜ぶりを楽しませてくれました。

大鹿桜
<↑ Clickで拡大表示します>

今年最後の桜。 充分に楽しませて頂きました。(^^)