FC2ブログ

2009年桜巡り 『大鹿桜』 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

土曜日の夜のこと、旧友C君より携帯メールが届きました。

「明朝、越代の桜とジュピアランドに行く?」

その手のお誘いには滅法弱い無芸。 アッサリと釣られました(笑)

「越代の桜」は、昨年初めて訪問したのですが、タイミングがまさに満開から散り際でした。 まるでスイッチでも入ったかのように、一斉にその花を散らし初め、風で枝が揺れる度に桜吹雪が舞うという、写真撮りなら誰でも心酔しそうなシーン。 それが「越代の桜」との出会いでした。

そんな光景にもう一度出会いたい! その思いだけで5時30分出発(笑)

小一時間ほどで、到着してみれば…

越代の桜

終了!orz

一日遅かったか? 得てしてそんなモノですね(笑) 時折、観桜目当ての車がやって来ます。 一様に落花してしまった樹を見上げて、とても残念そうです。 中にはこの連休を機会に、相当な遠方からやって来たと覚しきナンバーも…(^^;)

こうなっては致し方ないので、事前に仕入れていた情報を基に、磐越自動車道を一気に西へ走り、渋滞する東北自動車道の頭上をパス、猪苗代ICで降ります。 次なるターゲットはこちら。

大鹿桜

「磐椅(いわはし)神社」の一角にある「大鹿桜」へやって来ました。 会津の名桜として、「会津五桜」と賞賛される名桜です。

標高が高い事から、例年当地の桜を締めくくる大取桜となっています。 今年は丁度満開の見頃を迎えていました。(^^) 全く観光地化されていない為か、ここを訪れる人は少ないです。

大鹿桜
<↑ Clickで拡大表示します>

一説には樹齢1,100年などという話もありますが、品種による成長の違いがあるとは言え、どうもその説には無理がありそうです。(^^;) 左右に二本のサトザクラがあり、その両方を持って「大鹿桜」と呼ばれています。

その二本が、まるで鹿の角のように… と、言うのは無しでして(笑)、花が散り際の頃になると、額の部分が鹿の毛のような色合いを呈する事から名付けられたそうです。

大鹿桜
<↑ Clickで拡大表示します>

サトザクラの八重咲きと言うのは、東北では珍しいそうです。 今、見頃を迎えている、八重桜のモコモコとした咲きっぷりに比べると、どこかしら奥ゆかしく品のある咲き方ですね。(^^) 以前訪問したときは、既にピークを過ぎてしまい、ちょっと寂しい姿でしたけど、今回はその美桜ぶりを楽しませてくれました。

大鹿桜
<↑ Clickで拡大表示します>

今年最後の桜。 充分に楽しませて頂きました。(^^) 

「四川名菜 天心」 ~郡山市安積町荒井~

一月半ぶりの訪問は「四川名菜 天心」さん。(^^) 久しぶりに「あんかけ焼きそば」が食べたくなって、「さて、どこに行くべかな?」と思案していたら思い出しました。

大盛りCALLしなくても、デフォで大盛りのあんかけ焼きそば o(^o^)o

「五目焼きそば (820円)」

四川名菜 天心 五目焼きそば

相変わらず、恐ろしく早い調理時間(^^;) もたもたと手間取っている牛丼屋さんよりも早いかも(笑) しっかりと焼き色を付けた麺、お野菜のシャキシャキ感を残したまま、キッチリ火が通っている餡。 僅か5分程度で差し出される何て、ほとんどマジックのようです。

四川名菜 天心 五目焼きそば

超速調理なのに、豚肉にはちゃんと下味が付いているし、味付けの塩梅も塩辛さを感じさせず、それでいてダレてもいない。 きっちり最後まで美味しく食べられる味に整っているあたりは流石です。(^^)

四川飯店出身のご主人ですが、その手さばきを見ていると、よほど忙しい現場で鍛え上げられたんだろうなぁ~と、勝手に想像してしまいます。(^^;)

四川名菜 天心 あおさのスープ

一緒に添えられていたスープは、一見してわかめスープかと思ったのですが、さにあらず。 あおさのスープでした(^▽^;) これが望外に美味しくて、「あぁ~、今日もまたヤラれたなぁ~♪」と感心してしまいました。




四川名菜 天心
郡山市安積町荒井太夫場加16-5
電話;024-945-9296
定休日;毎週月曜日
営業時間;(昼の部)11:00~14:30、(夜の部)17:30~20:30




「もたもたしている牛丼屋」で思い出したのですが、最近のY牛って、一人前づつ小さなプラカップに具を詰めて、計量した上で取り置いて、オーダーが入るとタレに浸けて丼に盛っているみたいです。

まぁ、正確に計量されて、一切公平に誂えるってのは、ある意味チェーン店としての究極型なのかも知れませんけど、職人芸が消え失せた?(^^;)

話は遡って、無芸が学生時代の頃、「つゆダク」なんてWORDが無かった時代には、味の濃ゆいY牛を食べたかったら、なるべく客の回転率の悪いお店に足を運びましたヨ(笑)

それで無くても、極薄ペラペラな牛肉が、まるで飴色のようになるまで味が染みこんだヤツを求めて、わざわざ数キロ先まで深夜にバイクを走らせる(笑)

ショッパイの何のって(爆) そこに生卵(醤油は掛けない!)を溶いて掛けるのです。 これが堪んなくご馳走だったりしました。(^^) 今では型にハマった金太郎飴のように均質な牛丼になりましたが、そんな楽しみが残っていても良かったかな? 

4月の朝スパなど

4月は毎週日曜日の度に、桜を追い掛け南走北駆していたもので、恒例の日曜朝スパも少々おサボリ気味でした。(^^;) それでも何作か作っておりましたので、ちょいと公開(笑)

「無芸作 角切りベーコンのトマトソース・スパゲッティ」

無芸作 角切りベーコンのトマトソース・スパゲッティ

フレッシュ・バジルが手に入ったので、トマトソースのスパです。(^^) 特に変わったルセットではありません。 てか、とってもシンプルなのですが、ゴタゴタといじらない方が美味しいネ♪

「無芸作 新玉ネギの香草パン粉焼き」

無芸作 新玉ネギの香草パン粉焼き

サイドディッシュに作った、これまたシンプルな一皿。 新玉ネギを見つけると、作りたくなっちゃうんです。(^^) 輪切りにした新玉ネギに、オレガノ、塩、胡椒をパン粉に混ぜて、白ワインを少々振った香草パン粉を押しつけるようにして載せます。 後はオリーヴオイルを振った耐熱トレイの載せて、オーブンで焼くだけです。

ウチの電子オーブンレンジでは、220℃までしか設定できないので、約20分を要しますが、ガス式でしたらもっと短時間で出来ますね。 ドライハーブは、市販の「サラダスパイス」で充分に代用出来ますから、簡単に作れると思います。(^^)

「無芸作 ペンネのミートソース」

無芸作 ペンネのミートソース

運動会の朝に、無芸大食妻が朝食の支度も出来ないくらい忙しそうだったので、あり合わせでサックリと作りました。(^^) うっかりペンネが大量に投入されてしまったもので、食べきれなかった分はパツク詰めにして、そのまま運動会のお弁当に持ち込み。 あぁ、ペンネで良かった(笑)

「無芸作 海老のトマト・クリーム・スパゲッティ」

無芸作 海老のトマト・クリーム・スパゲッティ

こちらは29日のアヒルごはん。 無性にスパが食べたくなって作っちゃった(笑) 不思議な白いシメジモドキ「プナピー」君とセルフィーユもお供に。 トマトソースと生クリーム、うまぁ~~~(^▽^)

そんでもって、その夜は余勢を駆って久しぶりに作りましたヨ。

「無芸作 ポークカレー」

無芸作 ポークカレー

カレー作ったの何年ぶりだろう?(^^;) うぅ~~~ん… 多分15年ぶりくらいか(笑) 赤ワインは丸ごと一本と、トマトの缶詰一缶使って、辛口ルー(案外拘らないww)を溶かしたら、摺りおろしたリンゴを加えます。 辛さと甘味のバランスが無芸の基本スタイルです。(^^)