FC2ブログ

2009年桜巡り 『越代の桜(こしだいのさくら)』 ~福島県石川郡古殿町~

越代の桜

当県の桜も、いよいよ“大取”登場です。 昨年、初めて訪問して、その圧倒的なボリュームと繊細さに心打たれた、『越代の桜』が、いよいよ満開となりました。(^o^) やはり他の名桜達と違わず、今年は大分早い満開となりましたね。

昨日(4月26日(日))の訪問ですが、この日は無芸大食娘の小学生最後の運動会があり、帰宅したのは15時。 その日撮った写真をPCに移して、開花の気になっていた『越代の桜』をチェックしてみると、なんと「満開」だと言うではないですか!Σ( ̄ロ ̄lll)

満開を迎えた翌日には散り始めると言う『越代の桜』。 この機を逃したら、4月29日まで持つかどうか保証の限りではありません。 急遽、無芸大食妻に許しを得て、ピストン撮影に出掛ける事にしました。

いつもの撮影仲間、旧友C君の携帯にCALLすると、電話の向こうで凄い爆音が響いています。

「んっ? ドコにいるのヨ?(^^;)」

と、考える間もなく思い出した…

彼は茂木でMOTO GP(オートバイレースの世界選手権)を観戦していたんだった(汗) すっかり忘れていたワ(^^;) そんな訳で、道楽者の友人は良しとして、単騎で出発です。(^o^)

一時間ちょっとで到着。 朝方の雨はコチラも同じだったようですが、前日の七分咲きから一夜で満開とは、何ともセッカチな事です(笑)

越代の桜
<↑ Clickで拡大表示します>

到着したのは17時近く。 周囲を山に囲まれているこの地では、既に日差しは山脈に遮られてしまいました。 この時期ですと、午後は16時くらいまでが限界のようです。

昨年は朝駆けをして、朝陽を受けた桜を撮ることが出来ましたが、夕日(?)を頂くのは難しいかも…

越代の桜
<↑ Clickで拡大表示します>

それにしても樹齢400年のヤマザクラの巨木は、相変わらず迫力満点です♪ 桜をキレイに見て貰おうと、町を挙げて周辺整備をして下さったお陰で、どこから撮っても「絵」になります。(^^)

あちこちアングルを替えて撮っていると、何やら笑顔でコチラにやってくる同年代の方が…

「うわっ?! ララオさん?!(^◇^ ;)」

なんとBlog仲間のララオさん(URL)が、県境越えをしてやって来ましたヨ(大笑) 今年は是非ともココは押さえたい!と公言していたララオさん。 まさか同じ時間に居合わせるなんて…(^^;)

腰を抜かすほど驚くだけでなく、とっても嬉しいものです♪ こうしてBlogがご縁でお近づきになれても、なかなか一緒に写真撮影を楽しむ機会はありませんからね。 アノ人の撮影秘術が、目前で見られる訳です(ウププ♪)

彼も又、Webで『越代の桜』が満開を迎えたことを知り、家族の冷たい視線を顧みず、ピストン撮影にやって来たと言うではありませんか(爆) お互いに懲りないオサンですネ(^o^;)

この日からライトアップを始めると聞き、もう暫く粘って楽しもうと言うことになり、出店の茶屋で腹ごしらえをしながら四方山話。(^^) ちなみにこの茶屋、食べ物は低廉かつボリュームタップリです! 鶏唐揚げ(300円)で、子供のゲンコツくらいのが3個。 鶏皮と豚バラ串も、それぞれ一般的な花場の2倍は刺してあって一串100円! ヤバ… 肉ばっかだし(笑)

ライトアップは町役場が施主となっているそうですが、来訪者に協力金などは求めておりません。 せめて茶屋で何かを買い求めて、街の財政に少しばかりでも寄与いたしましょう(笑)

18時になり400wのマルチハロゲン灯(桜フィルター付き)に灯が灯ります。 気温は急降下して、多分5℃くらいかな?(^^;) ここは標高500m以上ありますから、防寒具は必須です。 ネ!ララオさん(笑)

18時半。 そろそろ良い具合に空が暗くなってきて、ここから19時までの30分間がゴールデンタイム。 さて、そろそろ撮りますよぉ~(^o^)

越代の桜
<↑ Clickで拡大表示します>

風が強めで、なかなか枝のブレが止まらない(^^;) 夜桜撮影なんて二年ぶりだわ。 勿論、愛機で撮るのは初めて。 果たしてどんな絵になるのか楽しみです。

越代の桜
<↑ Clickで拡大表示します>

で、コレが無芸の、自称今期最高の快心作! 全く無調整の撮って出しの一枚です。(^o^) すんげぇ、満足! 多分、今期の桜は、これにて撮り納めでございます。

ララオさん、楽しい時間をありがとうございました! またご一緒したいものです。

<過去記事:2008年桜巡り 『越代の桜』> 

支那そば左馬 ~福島県郡山市堤~

Blog仲間の“のんびりっちさん”の「ラーメン屋へLet's go 福島編」(URL)の記事で、老舗の支那そば屋さん「左馬」さんが、間もなく閉店なさるとの事を知りました。

支那そば左馬

記事の内容と写真を見ると、これは食べておかねば、ラーメンファンの涸渇に関わると思いまして、本日初めて訪問して参りました。(^^;)

小洒落た内装の店内には、コックコートを着たご主人がおられ、その味を惜しむファンに腕を奮っておられました。 看板メニューと言える支那そばには、イベリコ豚が使われていると言います。 ご主人の出で立ちと言い、食材への拘りと言い、洋食畑のご出身なのでしょうか?

早速、のんびりっちさんお薦めの逸品を頂いてみました。

「支那そば にごり煮干味 大盛 (750円+100円)」

支那そば左馬 にごり煮干味

丼から立ち上る香りは、紛うこと無き芳醇なニボ系です。 スープの表面には、その濃度を如実に表すかのような薄膜まで張っていますヨ(^^;) これは期待大ですネ♪

スープを口に運んでみると、確かに魚系のインパクトがやって来ます。 その上コラーゲンを思わせるような、粘性のあるトロッとしたスープ。 カエシの塩味には、敢えて角を出しているのでしょうか? ドンとばかりの押し味に富む味わいは圧倒的です。

支那そば左馬 にごり煮干味

ストレート細麺は、しっかり歯応えを残しつつ、舌触りもしなやかで、スルスルと喉に落ちてゆくような秀逸さです。 小振りながらも、しっかりとした食感と味の染みこんだチャーシューはモモ肉ですね。 端正な良い仕事が伝わって参ります。(^^)

総じて一杯のラーメンに、しっかりとした仕事が感じられる、外連味のない素晴らしい支那そばです。 無芸にはカエシがやや強すぎて、スープは完食する事は出来ませんでしたが、15%くらい控えて頂ければ、個人的にはWell Ballanceに感じられたかも知れません。

骨太で存在感の大きな支那そばでした。 残された営業日は僅かですが、今まで気付かなかった事が悔やまれる一杯でした。




支那そば左馬
福島県郡山市堤2-198-3
営業時間;11:30~21:00
定休日;第一火曜
駐車場;あり
※2009年4月29日をもって閉店