FC2ブログ

2009年桜巡り 『天王桜』 ~福島県郡山市中田町~

天王桜

実はこの『天王桜(天王の桜)は、余録で立ち寄ったのですが、思いも寄らぬ大ヒットでした!(^o^)

『忠七桜』までは去年も立ち回っていたのですが、そこから距離にしたら僅か1km足らず。 まさかこんなに素晴らしい“隠された宝石”があったとは…(^^;)

元はと言えば、『上石の不動桜』で見つけた、近隣の名桜地図の看板なのです。 ジッと見ていたら、次ぎに立ち回るつもりだった『忠七桜』にほど近い場所に、『山王桜』がマークされていました。 地元とは言え、桜の時期でも無ければ、決して立ち寄らない場所ですから、そんな機会を逃すのは勿体ないと、頭の中におおよその場所をインプットしておきました。

うろ覚えの記憶で、車を走らせると、路肩に『山王桜 この先右の山陰にあります』との立て看板。 そのつもりで進んで行くと、段々と道が分岐してきて、どれがメインの道路かも怪しくなってきた…(^^;)

黒毛和牛の牛舎を横に見ながら、「本当にコッチで良かったんだべか??」と不安になります。 道の途中で、自転車通学の中学生達を追い越します。 多分、見慣れない車だったのでしょう。 ガン見されました(笑) その辺りで朝すれ違う車と言えば、ほとんどが地元の方々ばかりで、見慣れた車でしょうから、一種の異物感があるのでしょうね(笑)

で、結局、ヤッパリおかしいと気が付き、Uターンして来た道を戻ると、先ほどの自転車通学中学生とまた遭う訳で… 更に思い切りガン見されましたヨ(^▽^;) 変なオヤジが行ったり来たり。 それはお年頃の中学生女子にとっては、かなり警戒すべき対象ですもんね。

で、最初に発見した立て看板まで戻ってみて、車を駐めてからもう一度よぉ~く見直して見たら、逆方向だった(爆) はぁ~~~、やっちまったヨ(笑) 程なく「車はココに駐めて、歩きましょう♪」って看板を見つけ、テクテクと歩きます。

天王桜
<↑ Clickで拡大表示します>

わぁぁぁぁ~~~~!!!(゜▽゜;)  なんだ、コレは!

小高い丘の上に、見事な枝垂れ桜が山林の切れ間から登場しました。 しかもその存在感と来たら、圧倒的です! 人気のない山あいで、思わず感嘆の声を挙げてしまいましたワ…(^^;)

そんでもって、案内板がイケてると言うか、「ご苦労様でした↑を登れば山王桜です」とご丁寧な案内w ご指示に従い、丘の中腹に点在する畑のあぜ道を登ります。 畑には切り株が残されていて、それは多分葉たばこか桑の木では無いでしょうか? 現在は休耕のようですが、雑草は刈り払われています。

天王桜
<↑ Clickで拡大表示します>

息を弾ませながら丘を登ります。 刈り払われた雑草が、足裏にフカフカと伝わります。 でも一点注意すべき事。 鳥たちのさえずりに混じって、キジの鳴き声が聞こえました。 キジがいると言うことは、マムシが生息していますから、足許には充分に注意が必要です。

もっと先まで分け入ろうかとも思いましたけど、単騎で動いているし、周辺に人の気配もありませんから、万一の事を考えて、無理はしませんでした。 来年は長靴持参ネ(笑)

天王桜
<↑ Clickで拡大表示します>

ネットで検索しても、ほとんど情報らしきものがありません。 中田町の地域づくりサイトで見ると、樹齢は推定350年。 八雲神社の境内に咲くエドヒガン枝垂れ桜との事です。 同地区の氏子、29戸により「天王桜保存会」が結成されているとの事です。