FC2ブログ

2009年桜巡り 『秋山の駒ザクラ』 ~福島県伊達郡川俣町~

秋山の駒ザクラ

『秋山の駒ザクラ』のある川俣町は、その昔絹織物産業で栄えました。 化学繊維の低廉普及化と共に、町の基幹産業であった絹織物も徐々に姿を消して行きましたが、その灯を絶やさぬようにと並々ならぬ努力をしていた方もおられます。

今ではシルク産業のみならず、様々な素材を用いた縫製業がしっかりと根付いている町です。 古い町並みに目を遣れば、絹織物産業時代の工場を彷彿とさせる建物もまだ残っています。

秋山の駒ザクラ
<↑ Clickで拡大表示します>

以前は山の山腹にひっそりと佇んでいた桑畑の中の一本桜でしたが、環境整備を整え、個人所有の山にも関わらず、広く公開されております。 今年も地元の有志の皆様方で構成される、保存会の面々が、朝早くから場内整理に就いておられました。

施設協力金100円をお支払いして入場させていただきます。 結構傾斜のきつい山道でが、簡易舗装は施されていて、体の不自由な方は、上の駐車場まで車を乗り入れさせて頂けるようです。(要問い合わせ)

秋山の駒ザクラ
<↑ Clickで拡大表示します>

上の茶屋では、無料でお茶が振る舞われておりますが、ここはひとつ、私有地を開放して下さっているので、一杯100円のコーヒーを頂戴する事と致しましょう。(^^) おばちゃんにコーヒーを頼むと、

「インスタントだけどいい?」

と聞かれますから、笑顔でこう答えましょう。

「ここでおばちゃんのインスタントコーヒーが飲みたくて来ました♪」

樹高21m、樹齢400年以上と言われる、エドヒガン系の古木。 樹勢は旺盛で、見応え満点です。 4月12日に訪問致しましたが、この日にほぼ満開を迎えたと思われます。 昨年よりも一週間早い満開ですね。

秋山の駒ザクラ
<↑ Clickで拡大表示します>

訪問時刻が午前中の早めだったせいか、カメラマンの姿は少なめでした。 霜注意報が出ていたくらいですので、空が今ひとつ晴れ渡っていませんが、午後3時くらいにはだいぶ回復したと思われます。 青空の出番待ちだったのでしょうかね?(笑)

秋山の駒ザクラ
<↑ Clickで拡大表示します>

去年、初めて訪問した時には、その立ち姿の見事さに圧倒されて、気付くことの無かったお地蔵様。 駒ザクラの袂にヒッソリと佇んでいます。

そしてカタクリの花も、可憐な姿をのぞかせていました。

秋山の駒ザクラ カタクリの花
<↑ Clickで拡大表示します>

今年もキレイな桜を楽しませて頂きました。(^^) 保存会の皆様、ありがとうございました。 

麺屋 助六 ~郡山市駅前~

飲食のページがお留守気味(^^;) こちらは最近良く足を運んでいる「麺屋 助六」さん。 名店「トクちゃんラーメン」の総帥・小島さんが直接携わっている新店舗です。

無芸のテリトリーにある事と、通し営業をしている事、そして美味しい事の三拍子が揃っていて、とても重宝させて頂いております。

「助六らーめん 大盛 (650円+0円)」

麺屋助六 助六らーめん

過去2回登場しているお店ですが、携帯電話のカメラから、コンデジに替えてみたら、よりリアルな写真を提示出来るようになりました。(^^) 以前とは格段に違うナ… 今度はデジイチを持ち込んでみようかしら(笑)

麺屋助六 助六らーめん

あぁ、また話が逸れました(^^;) 本題にグッと引き戻してと…

スープはいつも通り、しっかり濃度のトロみのあるもの。 相変わらずアンモニア臭は勿論のこと、臭みは微塵も感じさせません。 小島さんが詰めておられるとは言え、この盤石の安定度には脱帽ものです。

麺屋助六 助六らーめん

ツルッとした舌触りの、多加水細麺。 低加水麺とは違って、ポキポキの硬めは合わないと思います。 多分お願いすれば、茹で加減には応じて下さると思いますけど、デフォの茹で加減が小島さんの完成図でしょうから、素直に美味しく頂きます。(^^)

糸切り唐辛子の軽い刺激が絶妙ですね。 ホロホロに崩れるチャーシューも、いつも通りの美味しさです。(^^)

「チャーハン (ランチタイム限定50円)」

麺屋助六 チャーハン

この日の日替わりのランチタイム限定特別価格半丼は、チャーハンでした。 キッチンから派手な炒める音が聞こえてきます。 小島さん自ら、オーダーを受けてから一点仕上げしてくれます。

そんでもって、このチャーハンが

「メッサ美味い!(^◇^ ;)」

いや、本気でビビりましたヨ。 まさに炒(チャー)し立て! パラッとした仕上がりと、香ばし香り、チャーシューの切れ端を贅沢にタップリと仕込んであります。

ハッキリ申しまして、そんじょそこらの中華専門店を凌駕する味わいです! ある意味、感動的ですらあります。 あぁ、このチャーハンなら、お皿に大盛りで頂きたいものです♪ 新しい発見。

「麺屋助六の半チャンセットは最強!!」(^_^)v




<閉店済み> 2011年3月31日をもって閉店しました。
麺屋 助六
福島県郡山市駅前1-14-3 佐藤書店ビル1F
電話;024-934-0390
営業時間;11:00〜20:00
休業日;日曜日
駐車場;無し お店の向かい側にコインパーキング