FC2ブログ

2009年桜巡り 『内出の桜』 ~郡山市西田町~

先週までは、今年の桜の開花は、例年と同じがやや遅れ気味になると思っていましたが、先週末からの好天と暖かな気温で、一気に形勢は逆転してしまいました。

昨日のローカル新聞に、『内出の桜』が満開と言う、信じられないような記事と写真が掲載されていました。 昨年・一昨年の訪問記録と比べてみても、約一週間も早い満開です。

“三日見ぬ間の桜かな”と言われるくらいですから、この桁外れな暖かさを考えれば、ピークはあっと言う間に過ぎてしまいそうです。 もうそうなっちゃったら、居ても立ってもいられません(笑) これは早起きして仕事の前に一斉写せねば(^^)

内出の桜
<↑ Clickで拡大表示します>

去年開拓した撮影ポイントにまっしぐら(笑) 朝8時前でしたが、既に観桜客が訪れているようです。 相変わらず桜に近づく遊歩道の入り口は分かり難く、右往左往している方々もおられました。 ここは駐車場のでは整備されていませんので、近隣の方々と通行車両の妨げにならぬように配慮して、路駐するしかありません。

無芸は朝の仕事まで、残された時間はそう多くないので、今回は桜に近づかずに、とっておきの撮影ポイントで撮るだけでガマン…(^^;) 見ての通り、まるで子供が描いた桜の樹のように、キレイなマッシュルーム型に整っています。

樹高19mと言われる、ウバヒガンの220年樹齢。 花の色は、やや薄く繊細な色合いが特徴です。 個人所有の桜ですが、開花の時期はライトアップもされております。 確か21時までだったと記憶しています。

撮影ポイントに入ってゆくと、お出迎えがおりましたヨ。(^^)

ニャンコ

モフモフの白猫ちゃん♪ きっとご近所で飼われているのだと思いますが、自由に闊歩していました。(^^) このモフモフ系ニャンコだけは、自由に出歩いている姿を見る度に一種の違和感を感じます。

モフモフ猫≒高級猫

昔のアメリカン・ホーム・ドラマの記憶を引きずっていたりして(笑) 

新しい戦力

前記事でお話しした通り、久しぶりにコンデジ(コンパクト・デジカメ)を更新しました。(^^) 以前から持っていたコンデジは、既に出番が無く、さりとて重くて大きいデジイチでは、家族が使う気にもなれないと言うことで。

丁度、無芸大食倅の修学旅行も近づいていましたので、旅の記録用にと発案はしたものの、アッサリと「イラネ」と言われてのは過去記事の通りでした。(^^;)

どのみち家族も使うし、無芸も携帯電話のカメラでは間に合わない時に使えるだろうと言うことで、機種選びから始めました。 デジイチ以外は興味がなかったので、最近のコンデジがここまで進化していたとは知りませんでした。(^^;)

DMC-F500

最初は一年落ちのセコハンで良かろうと思っていたのですが、色々と画策した結果、型落ちの新品なら、セコハンとほぼ変わらぬ価格であるばかりか、メーカー保証も当然一年付いていますから、結局はお得と言うことになり、落手したのが↑です。(^^)

「Panasonic LUMIX DMC-FX500」

発売当時は、実売価格5万円弱という、同社のコンデジでは上位機種でしたけど、ナント19,000円を切る価格で手に入りました♪

3インチの大型液晶パネルに、顔認識自動追従フォーカス、タッチパネルまで備わっていて、さすがコンデジのフラッグシップです。(^^) 画素数に至っては、無芸のデジイチと変わらない…(^^;)

いくら家族用とは言え、より良い性能を求めたいものです。 レンズは25mm-120mmの光学ズームですし、レンズの性能もかなり上等です。 ISO400までなら、ノイズやコントラストもさほど低下しません。 こりゃあちょっと驚きでした。

で、早速「顔認識機能」で確かめたかったのは、

猫の顔も顔認識するか?!

結果は驚きのOKでした!Σ( ̄ロ ̄lll)

ニャオ

アンタ、もしかして人っぽい顔してんのか?(^^;)

やたらと動くニャンコの顔も、しっかりと認識して、フォーカスが自動追従するのですから、「猫撮りカメラ」としても実用的でした(笑)

修学旅行にはデジカメを持っていかないと言っていた無芸大食倅でしたが、すっかりコレが気に入ったようで、

「やっぱ、持っていく♪(^^)」

そうそう(^^) たった一度の修学旅行だもん。 楽しい思い出を沢山撮っておいで♪

あとは父ちゃんのラーメン撮りカメラになるでしょう(爆)




昨日から一気に咲き始まった「逢瀬川の桜並木」ですが、今日の時点では、ほぼ八分咲きにまでなってしまいました。 早いなぁ~(^^;) 普通なら開花から5日くらい掛けて満開に近づくものですが、たった3日で駆け抜けちゃいました。

逢瀬川の桜並木

それもそのはずで、昨日の当地の最高気温は25℃オーバー。 そして今日も23℃はありそうです。 明日には満開になりますね。 散ってしまうのも早いのかなぁ~(^^;) もちっと楽しませて欲しいなぁ~ 

正月屋 ~福島県郡山市桑野~

今日のキブンは醤油味ぃ~♪(^^) って事で、やって来ました「正月屋」

暖簾を潜ると、先客は珍しく無し。

「いらっしゃい! お久しぶりですね!」

あっ、アレ??(^^;) 覚えていたの?σ(^^;) 確かに思い返してみたら、一月振りくらいでした… 毎日何百人ものお客様をカウンターから見ているハズなんですけど、どんだけ間が空いていたか、感覚的に分かっちゃうんですね(笑)

「支那そば 大盛 (650円+100円)」

正月屋 支那そば

親方の姿は見えませんでしたけど、お弟子さん方もしっかり手仕事で、ブレの少なさは特筆モノです。 自慢の伊達鶏スープは、芳醇な香りと滋味深い味わい。 湯切りもしっかりとされた自家製麺も、キッチリ頃合い。

正月屋 支那そば

ウホホ♪ 美味いなぁ~(=´∇`=) 上品で深みのある正月屋さんの支那そば。 やはり絶品でございます。




浜通り福島市のソメイヨシノが満開宣言されました。 幾分遅れ気味だった開花状況でしたが、先週末から続く好天のお陰で、ほぼ例年通りの満開時期に重なりました。

昨日レポした逢瀬川の桜並木ですが、無芸の予想よりも少々早めに開花しているようです。 無芸的な基準木も、今日開花しました。 このぶんで進めば、今週末には全体的には3分咲きくらいになり、来週の木曜日あたりには満開になっちゃうかも知れません。 

開花目前 逢瀬川の桜並木 ~郡山市桜木町地内~

無芸のウチの近所にある、逢瀬川の土手に続く桜並木が、いよいよ開花間近となって来ました。(^^) 二日前ほどから、土手の桜並木は、ほんのりと紅色が差して来ました。 配達の帰り道に、ちょいと立ち寄ってみましたよ。

逢瀬川の土手桜

ほらね。 桜並木が、ほんのりと色付いて来たのが判るでしょ?(^^) 以前の撮影ログを見てみると、今年は昨年よりも4日、一昨年よりも2日ほど遅れているようです。 ここ連日、暖かな好天に恵まれていますので、満開は4月17日前後になるでしょうか?

逢瀬川の土手桜

橋のたもとにある一本のソメイヨシノが、無芸のお気に入りです。 毎年チェックしている樹なのですが、樹勢があって枝振りにも力強さが感じられます。

無芸的にはこの桜の開花をもって、逢瀬川の桜並木の開花日と決めています。 皆様も1本くらいはありませんか? My SAKURA (^^)

逢瀬川の土手桜

ここまで蕾が膨らめば、あと2日くらいで開花するでしょう。 楽しみだなぁ~♪

逢瀬川の土手桜

土手道に沿って、約600m続く桜並木の中には、既に開花している樹もあります。 取り分け日当たりに恵まれた場所なんでしょう。

桜の樹に取り憑いていたら、通りがかりの二人連れのおばあさん+1ワンに声を掛けられました。

「今か今かと待っている時は長いんだけど、咲き始めるとあっと言う間に満開なんだよねぇ~」

うんうん。 確かにその通りです。 心待ちにしている時のほうが長いもんね。 咲き始めたら一週間で満開。 ピークが3日くらい続いたら、後は精々5日で葉桜だもんね。 たった二週間か…

逢瀬川の土手桜

桜並木はほとんどがソメイヨシノですが、一部にはご近所の住民が植えたと思われる枝垂れ桜が混じっています。 この枝垂れ桜が、真っ先に花を付けます。

逢瀬川の土手桜

何が釣れるのか分かりませんけど、河畔で釣りを楽しむご老人も少なくありません。 お弁当を持って自転車でやって来ては、ラジオを流しながら一日中… 私は歳を重ねたら、そんな時間の過ごし方が出来るだろうか。




本日リリースの松任谷由実のNew Album「そしてもう一度夢見るだろう」。 久々二年ぶりの新作ですが、こりゃあイイです(^^) 新曲満載なのですが、どれを聴いても安定感抜群なばかりではなく、聴き入ってしまう音作りも秀逸。 さすが大御所! しっかりとユーミン・サウンドの音筋を踏襲しつつ、飽きさせることなく聴かせるものとなっています。

それから本日の写真ですが、ちょいと「毛色」の違う色合いだったと思います。 新しいオモチャ♪ だって今日は無芸の誕生日ぃ~(^o^) (←本当は無関係w) 

天下一品ラーメン こむらさき店 ~宮城県仙台市青葉区~

仙台に行ったら、どうしても食べなければ帰れない関所。 「天下一品ラーメン」を、ほぼ強引に訪問。(笑) 突然、国分町の駐車場に車をデポされて、一番町ジプシーをさせられるハメになった家族には、申し訳ないと思いつつ…(^^;)

天下一品ラーメン こむらさき

このお店が出来た頃、無芸は仙台で学生生活を送っておりました。 普段好き好んで足を運んでいたラーメン屋さんは「味よし(吉倉店ではありません)」さんです。 スッキリと透き通った黄金色のスープと、今のレベルから考えても極細のストレート麺が特徴で、3分で麺を手繰り切らないとノビてしまうヤツでした。

全く対極のテイストが、この「天下一品ラーメン」ですね。 初めて食べた時は、あまりのドロドロスープに気合い負けした記憶がありますが、他に類を見ない味わいが印象的でした。 後年、無芸の体格変貌と共に(約20kg増量ww)、「天下一品ラーメン」は進んで食べたい大好物になりました。

この手のラーメンは、未だに当地ではお目に掛かる事は無く、仙台に遠征した時か、首都圏出張の折りでもなければ、口にする事は叶いません。 現れては消えてゆくフランチャイズのラーメン屋さんも少なくないのですから、是非とも「天下一品ラーメン」で起業して下さる方はいないものでしょうか?(^^;)

そんなわけで一人で訪問した「天下一品ラーメン こむらさき店」さんです。 以前は無制限サービスとされていたゆで卵は、お客様方の躰を思ってか、お一人様一個にシェイプアップされておりました。(笑)

何やら色々と新作が追加されていたようですが、やはりここはスタンダードを頂かねばなりますまい♪

「天下一品ラーメン 大盛 (750円+200円)」

天下一品ラーメン

濃厚鶏出汁と溶け込んだ野菜のポタージュのようなスープは相変わらず。 トッピングのドッサリ九条葱、メンマ、チャーシューも変わりません。(^o^) 昔はてっきりトンコツだと思い込んでいたのですが、実は鶏と野菜の溶けた繊維質に因るものだと知ったのは、ほんの数年前でした。

天下一品ラーメン

多加水タイプの角の立ったストレート細麺も相変わらずで、濃厚なスープがまとわりつくように口に運ばれます。 テーブルの辛子味噌を加えると、一層ディテールがハッキリしてきて、もう箸が止まりません。(笑) 大盛りの麺量もなんのその。 アッサリと完食致しましたぁ~♪



天下一品ラーメン こむらさき店
仙台市青葉区国分町2-11-11
電話;022-214-4040
営業時間;(平日) 11:00~26:00
       (金・土・祝日前) 11:00~27:00
       (日・祝) 11:00~21:00
定休日;1月1日




今日は5年ぶりの運転免許証更新を行って参りました。 幸いなことにここ20年、無事故無違反で過ごしておりましたので、基礎講習の30分のみで、即日免許更新となります。

自動車運転免許も、更新の度に少しずつ変わって来ました。 前回はサイズ自体が小型化されましたけど、今回は更にICチップが組み込まれる仕様です。 受給者負担とは言え、このICチップのために、更新手数料が若干値上げされたそうです。

チップの中に埋め込まれた個人情報は、受給者自身が設定したID番号8桁が無いと見られないそうです。 個人情報の保護と偽造防止の為に役立つそうです。 こうも理由を述べられては、返す言葉もありませんね(笑)

また高齢者の運転適性検査と言うのも始まったようです。 当地のような田舎では、公共交通機関の発達が不十分な地域もありますので、どうしても自家用車を足にせざるを得ない住民も少なくありません。 ご承知の通り、高齢者が不幸な事故に遭遇したり、また事故を引き起こしてしまう例が後を絶ちません。

そんな訳で、自動車運転免許の更新時に、運転適性検査が義務化されたのです。 手渡された資料を見ていると、70歳以上と75歳以上で、適性検査の内容が違っている事が分かります。 75歳以上ともなりますと、さすがに反射運動能力や瞬時の判断力に衰えが出るのは否めません。 亡き母も67歳で運転免許を返納したくらい、自分自身で衰えと言うものを自覚し始めるようです。

で、それは良いとして、少し気になったのが適性検査の費用なんです。 75歳以上の皆様の負担金は6,000円ですよ。 その内容はどうあれ、大多数の75歳以上の皆様は、ほとんどが老後の貯えや年金で暮らされているんですよね。 思わず「高すぎね?」って思っちゃいました。

安全に替えるわけには訳には行きませんけど、もっとコストを抑える努力があってもイイんじゃ無いですかねぇ?

安全講習が終わり、自動車運転免許証を渡された後、「少しお時間を拝借します」ってな事で、SDカードの申請とメリットについて小演説(笑) SDカードって、デジカメに使うヤツではありませんヨ。 「セイフティー・ドライバーズ・カード」ってヤツですね。

実際問題、これを持っているからと言って、そんなに優遇される事があるのか? 別紙に特典が列挙されていたけど、そんな小手先の購買割引特典なんぞは、今時のカード社会では何の魅力も感じないネ。( ̄-  ̄ )

折角応募を募るなら、10年以上無事故無違反のドライバーが申請できる「SDゴールドカード」を提示すれば、高速道路は何時でも7割引とか(笑) 700円の発行手数料が泣けてくるし…

と、思いつつも、実際に発給手続きをしている人達がいた( ̄□ ̄;) しかも30歳くらいの若者達ばかりだった… ど、ど、ど、どうするんだぁ~?(ー∇ー;) 

仙台市立八木山動物園公園

今日から子供達は新学期。 共に小中学校の最終学年に進級です。 春休み最後の一日、ちょいとお出掛けして来ましたヨ。 何せ来週からは、恒例の桜巡りがスタートしますから、“日曜日は母子家庭”になっちゃいますからね(^^;)

男の子と女の子では、立ち回りたい場所も当然違いますから、行き先はどのようにでも楽しめる仙台市へ。 休日1,000円上限通行料金を行使して参りましたヨ(笑) 確かに交通量は多いようにでしたけど、思ったほどの混雑という事はありませんでした。

どこでも春休み最終日とあってか、八木山動物園の駐車場への入場は、ちょいと長蛇の列となっておりまして、都合30分ほどかかりましたけど、場内警備が行き届いておりますので、難なく車はデポ出来ました。

八木山動物園 お猿

八木山動物園は2年前に訪問した時は、リニューアルの為に随分と展示が制限されていた記憶がありました。 園内はほぼリニューアルが完了したようです。 ただ、周辺整備は未だに進行中のようでして、新に建設中の地下鉄新線の駅の工事が進められていました。 これが完成すれば、渋滞とは決別して、市内中心部から八木山動物公園までアクセスが楽になりますネ。(^^)

家族連れで賑わう園内は、動物たちの配置はほとんど変更されていませんでしたので、ある程度勝手知ったるもの。 お目当ての動物は…

八木山動物園 プレイリードック

プレイリードック(^^) コイツはかわいいんですよねぇ~♪ 展示スペースは小動物と言うこともあり、決して広くはないのですが、いつも沢山の訪問者で賑わっています。 無芸よりも年上と覚しき男性が、デジイチでひたすら撮りまくっていましたけど、小さなお子様方も沢山来ているのですから、もちっと配慮してあげればイイのになぁ~(^^;)

もしかしたら、傍目からは無芸も同じように見られるかも知れませんので、先ずは子供優先で展示スペースが空いた時に何枚か撮って退散。(^^;) 動物園では子供達が王様・女王様ですから。

「朝青龍の土俵入り!」

八木山動物園 レッサーパンダ

では無くて…(^^;) アイドルのレッサーパンダ君。 どうやら脇の下が痒かったようでして、ひたすらカキカキしていました。(笑)

でもって、こんな風に恍惚の表情。

八木山動物園 レッサーパンダ

とっても気持ち良さそう(笑)

良く見ると、ヒゲが四方八方に曲り放題で、何とも愛嬌のある事で…

八木山動物園 レッサーパンダ

まっ、ここに来た動機の半分は、このレッサーパンダを眺めている事なんですけど。 当県には動物園ってものがありませんもので、ここ八木山動物公園まで足を運ばねばなりません。




高速道路を走行していて気付いた事。 軽自動車の利用者が、以前より遙かに増えましたね。 一頃のガソリン高の頃には、走行速度も80~100km/hで流れていたのですが、昨日は速かったなぁ~(^^;) 軽自動車にも何台抜かれた事か… 概ね120km/hで流れていたように思います。

ガソリン価格が安定した事と、通行料金の1,000円上限の為でしょうか。 多分出来る限り遠くまで足を伸ばしたいという思惑でしょうね。 遠くまで走るために、ピッチを上げると言う事でしょう。

また、帰路にもちょっとした異変。 日曜日の18時くらいともなると、上り線には物流のトラックが沢山目に付いたものですが、以前の1/3~1/5に減っていますネ。 絶対的な物流量が減少しているのでしょう。 某大手輸送会社の話では、以前の1/3まで減少しているとの事です。 

花木団地の偵察

「郡山の花見山」と言われる、東部ニュータウン近くにある「花木団地」に立ち寄って参りました。

切り花栽培の為に形成されたこのエリアは、4月の中旬には様々な花々が咲き競い、さながら名所・花見山のようである事から、ここ最近お花見スポットとして知られるようになってきました。 拙のBlogでも、検索ワードにチラホラと「花木団地」のキーワードが見受けられるようになってきましたので、お仕事の道すがら、ちょいと立ち寄ってみました。

郡山市花木団地

ご覧の通り、まだまだ開花はこれからですね。 一部、早咲きの白梅が花開いておりましたが、紅梅はようやく蕾がほころび始めたばかりです。 このぶんで行きますと、12日以降が見頃となりそうですヨ。(^^)




さて、昨夜の出来事を一つ。 午後8時を過ぎた頃でしょうか。 ちょっと足下のおぼつかないご老人がお店にやってきました。 何やらボソボソと話しているのですが、巧く聞き取れなかったので、近づいていって話を聞いてみました。

「救急車、呼んでくれねぇかい。」

何事かと思いつつ、ご老人のに尋ねてみます。

「どうしたんだい? だんなさん、具合が悪いのかい?」

「んだ。 どうにも歩けなくなっちまったから、家まで帰れねぇんだ。」


確かに足の運びは鈍いばかりか、真っ直ぐ立っていても、どこかグラグラとバランスが取れていないみたいです。

でも、私から観て、タクシーでも充分に救急外来に行けそうに思えたので、話の続きを聞いてみると、どうやらこのご老人、救急車で自宅まで送っていってもらいたいと言います。( ̄Д ̄;)

勿論、救急車をタクシー代わりに使うなんてとんでも無い話ですので、救急車に出動して貰ったら、必ず病院へ搬送される旨言い聞かせ、自宅に帰りたいならタクシーを手配してあげましょうと進言致しました。

するとどうもこのご老人、それを頑なに渋るんですね。(^^;) 重い口を開いて、以前タクシーで帰宅したら、家人に酷く叱られたと言います。 病院に搬送されれば、何万円も治療費を請求されると、どうしても承伏しません。 家に電話をしてあげると言っても、家には電話は無いと言うし…

さて、困ったものだ…(^^;) 挙げ句に警察を呼んで、パトカーで自宅まで送っていって貰えないかと言い出す始末で… パトカーだって無料タクシーではありませんからね。 暫く堂々巡りのやり取りをしていると、ご老人はどうやら諦めたらしく、歩いて帰ると言い出しました。

自宅のでは6kmくらいはありそうです。 とても無理じゃないかと心配で… ご老人は、傘を杖代わりにしながら、トボトボと去ってゆきます。 どうしよう…(;-_-;)

ちょいと目を離していた隙に、国道4号線を横断歩道ゾーンになっていないところを、歩き渡ってしまいました。 足下もおぼつかない人には、これはかなり危険です。 あぁ~~、もう仕方ない! 警察署へ電話すると大事なので、エリア担当の駅前交番に電話して、事の事情を話して相談してみました。

警察官の対応は、極めて迅速でハッキリしたものでした。

「分かりました。 すぐにそちらへ行って、保護致します。」

あぁ~~~、なぁ~んだ。 こっちが悩んでいる事は無かったんだぁ~ そう決まれば手っ取り早い。 無芸大食妻に店番を頼み、視界から消えてしまったご老人の後を追いかけました。 ご老人は相変わらず、おぼつかない足運びで歩道を少しずつ進んでいました。

「だんなさぁ~ん。 待って待って。 交番に相談したら、こっちに来てくれるって言うから、ちょっと止まって待ちましょう。 このまま帰しちゃったら、私も家内も一晩中気になってしょうがないヨ(^^;)」

パトカーの到着するまで、ご老人がナゼここまで歩いて来ちゃったのか聞いてみました。 朝10時半に自宅を出て、三春町の友人宅まで歩いて行くつもりだったと言います。 途中で具合が悪くなってしまい、諦めたようですけど、普通に考えて三春町まで健康な成人でも、歩いて4時間くらいは要します。 ましてやご老人の住まいからでは、更に1時間は加えねばなりません。

このご老人には、バスや鉄道を使うと言う選択肢は、最初から無かったようです。 語り口調は弱々しく、随分とゆっくりとしたしゃべり方ではありますが、所謂ボケている状態には思えません。(ー’`ー;)

やがてパトカーがやって来て、警察官が3名降りてきました。 ざっくりと事情を説明し、取りあえずバトンタッチ。 警察官の質問にもボソボソと答えるご老人。 かいま聞いた話では、自宅には娘と孫がいると言います。

警察官が聞き取った住所から、住宅地図で場所を確認してみると、どうやら高層マンションみたいです。 高層マンションに住んでいて、電話が無いなんて聞いたこともありません。 ご老人に何があって、家を出てきたのか… 何だか話をつなぎ合わせて行くと、やるせない気持ちになってきました。 

Night Stream

市内を走る国道4号線の、美術館通り交差点から若葉町交差点までの拡幅工事が完了し、3月31日から供用開始となりました。 随分と長い間の工期だったなぁ~(^^;) 市内の動脈道路なので、深夜に工事が行われていて、傍らに住む者としては、騒音や振動で随分とストレスを被りましたわ。

工事のためとは言え、一時的にせよ下り線が一部一車線に狭められていた時期には、緊急車両の通行にも支障が出ていましたっけ。 一車線しか無いから、緊急車両に遭遇してしまったドライバーさん達も、どこにも逃げ場が無くて、ただひたすらイライラしながら前方が空くのを待つしか有りませんでした。

当然周囲の渋滞も激化してしまい、「何のための拡幅工事?」って感じでしたヨ(^^;) 供用開始の一週間前になると、それこそ連夜の夜間工事。 「本当に間に合うのか?」って気もしたくらいでしたが、キッチリと帳尻は合わせてきましたヨ(笑)

Night Stream

以前より上下線共に一車線づつ増えて、都合片側4車線になった区間。 前日までの渋滞事情がまるでウソのように、スムーズに車が流れるようになりました。(^^) やっぱりやっただけの甲斐はあったようです。(笑)

道路の拡幅に併せて架け替えとなった若葉町交差点の歩道橋から。 普通に昼間に撮っては面白くないので、25時に撮ってみました。 思ったよりも交通量が少なすぎ(笑) もっと、車のライトが流れるように撮りたかったんですけどね。

写真を2回撮って一枚に合わせる「多重露光」という撮影方法で撮ってみました。 今まで試したことが無かった手法でしたので、実はコレをやってみたかったから、その時間と言うことで(笑)

思い通りに操作が進まず、寒風の吹く歩道橋の上、一時間も三脚を立てて道路を撮り続ける男…(^^;) 傍目に観たら、変人だぁ~!(^◇^;)




これは昨日の出来事。 最近軽トラの燃費が悪化しているなぁ~と思い、ガソリンスタンドでタイヤの空気圧をチェックしてみたら、やっぱり少し低下していたみたいです。

4本のタイヤを、順番に空気補充をしていったら、最後の一本の空気圧が異常に低い… これはちょっとおかしいと思い、タイヤのバルブを指で揺すってみると…

シュッ! シュッ!

と勢い良くエアーが漏れてきます。( ̄□ ̄;) どうやらホイールに組み付けてある、エアーバルブが劣化して、ジリジリと空気が抜けていたようです。 当然修理。。。

スチール・ホイールのエアー・バルブはゴム製ですので、アルミホイール用のエアー・バルブより劣化が早く進みます。 タイヤのパンクのリスクよりも、この自然劣化による空気抜けの方が多いくらいです。 普段使っている車ですから、完全に空気が抜けてしまう前に、何らかのサインがあるハズです。 皆様も一月に一回でも良いですから、タイヤの空気圧をチェックしてみましょうね。(^^;)

と、言いつつ、実は先月には、同じ軽トラの前輪に、木ねじが刺さってパンクしていたんですけど…(苦笑) 前輪はハンドルの手応えの違いで、異変に気付き易いのですが、後輪の異変は看取し難いですよね。

自動車学校で教わった通り、車を走らせる前の仕業点検ってのを、毎日欠かさずする習慣でもあれば、それなりに気付くチャンスは多いと思いますけど、無芸は精々、毎朝窓を拭いてからスタートするって程度ですワ(笑) 

とんこつらーめん 一 (HAjiME) ~福島県郡山市安積町~

昨夜から明け方に掛けて、冷たい雨はいつしか霙になっていました。 駐車場に駐まる車の屋根にも、ハッキリとした雪の痕跡が見受けられましたが、街中では積雪までには至りませんでした。 お隣の田村市では、10cmほどの積雪になったそうで、そこからご近所にお勤めの方は、

「用心のために、タイヤを履き替えずにいて良かったですよぉ~(^^;)」

と、リアルなお話をしておりました。 この時期は暫く「三寒四温」を繰り返しながら、徐々に春がやってきますから、無芸もあと数日タイヤ交換は待機です。

今日のアヒルごはんは、久しぶりの「とんこつらーめん 一 (HAjiME)」さん。 最近豚骨ラーメンを食べる時は、「花カツミさん」・「助六さん」・「HAjiMEさん」が、3:1:1くらいの割合で訪問しているような…(^^;)

「一 (HAjiME) らーめん+替え玉 (730円+150円) 」

とんこつらーめんHAjiME HAjiMEらーめん

暫く前から、店主の本田さんがお一人でお店を切り盛りしておられるようです。 それでもお仕事は、相変わらずキッチリとしていますね。(^^) スープもブレ無く、いつも均質なレベルを提供してくれます。

とんこつらーめんHAjiME HAjiMEらーめん

背脂がたっぷりですが、全くしつこさが無く、豚骨の臭みも巧みに消されています。 サラサラとクリーミーの中間くらいの濃度。。。 うむむ、表現が難しいナ(^^;) 決して中庸的と言うわけではなく、旨味は品良く引き出されています。

とんこつらーめんHAjiME HAjiMEらーめん

低加水タイプのストレート細麺は、デフォでは「やや硬」くらいに茹で上げられていて、ポキポキとした食感が心地好く楽しめます。 麺を食べると言うよりも、まるで蕎麦のように、「麺を手繰る」といった感覚ですね。 あっという間に一玉終了です。(笑)

替え玉を頂き、濃度調整用のタレを少々。 白ゴマを振って、二玉目を完食する頃には、無芸の胃袋も、塩梅良く満腹感を感じられます。(^^)




とんこつらーめん HAJIME
福島県郡山市安積町荒井字北田24-2
電話;024(945)8545
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~20:00 (LO)
     ※スープが売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分程度






新学期を迎えると、無芸大食倅も、いよいよ中三です。 進級するとすぐに、修学旅行が控えているもので、旅のお供にデジカメを持たせたいと思いましてね。 今時の修学旅行なら、別に憚られるような事では無いでしょうし、何よりじいさん、ばぁさんが写真を見たら喜ぶでしょ?

ところがウチのコンパクト・デジカメと来たら、8年前のシロモノでしてね。(^^;) 当時としては、結構マニアックな機種だったのですが、今となってはデカイ、重い、遅いの三拍子で(苦笑) 実際の所、私自身も使う事が無くなっておりました。

さりとて無芸の「虎の子デジイチ」を持たせるのは、あまりにもデカイ、重い、面倒くさいの三拍子でして…(またまた苦笑) 倅が嫌がる事、請け合いですもん。 そこで倅の修学旅行を楯にして、コンデジを新調しようかとの思惑。(^^;)

デジイチは二台あっても、家族は誰一人使いたがらないんですよね。 デカくて重たいし、目立ちすぎるのが嫌みたい。 無芸も普段のアヒルごはんは、携帯電話のカメラで撮影しているから、出来ればもちっとマシなカメラが欲しかったし(本音w)

で、無芸大食倅に打診してみたら、速攻で返事しましたヨ。


「イ・ラ・ネ ( ̄3 ̄)」

えぇ~~~~!Σ( ̄□ ̄; 何でだよぉ~ 頼むから、「ホ・ス・イ」と言ってくれよぉ~(^^;)

「だって写真係ぢゃ無いもん。 重たいし、嵩張るから、イ・ラ・ネ」

(|||_|||)

興味無いのね…


でも俺は諦めないぞぉ~!(何が?ww) 

CoCo壱カレー

今まで話題にも出したことはありませんでしたが、実は「CoCo壱番屋」にはたまぁ~に出掛けております。(^^) 取り立てて引力のあるカレーだとは思えないのですが、誰からも受け入れられる不思議な落とし所をちゃんと押さえていますよね。

CoCo壱番屋 ポークカレー500g

以前、当地にも出店していた「リトル・スプーン」はいつの間にか撤退してしまい、ちょっと残念だったりします。 手頃なお足で、通し営業をしてくれるカレー屋さんを他に知りません。

多分、無芸はプレーンなカレーが好きなんだと思います。 いろいろとトッピングして、味のバリエーションを楽しむよりも、グワッと一気呵成に食べちゃう(笑)

CoCo壱番屋 ポークカレー500g

ポークカレーの500gで630円は納得です。 多分お店にとっては、“儲けが出ないケチな客”でしょうけど(^^;) これが定番になっている今日この頃です。(笑)

思い起こせばその昔、当地には刮目すべきカレーを供していたお店がありました。 郡山市桑野にあった「レストランおおうち」さん。 欧風カレーがベラボウに美味しくて、無芸の古馴染みの仲間には忘れられない逸品でした。

同じく郡山市桑野にあった「JAZZ喫茶 ガーランド」のカレーもスパイシーで美味しかったなぁ~(^^) このお店で仲良くなったお友達も少なくありませんでした。 マスターの稲葉さんは、SAX吹きだったけど、何時しか「チンドン」に心を奪われて、本気でその道に足を踏み入れる決意と共に、お店に終止符を打ちました。

無芸も昔はスパ以外にカレーも作っていましたけど、子供が生まれると共に、何時しか無芸大食妻がカレー番になってゆきました。 多分もう昔の勘は忘れちゃったかな?(笑) そろそろ子供達も、大人と同じカレーが食べられるようになってきたから、オヤジ・カレーでもご披露しましょうかな。(^^)