FC2ブログ

花見山 ~福島市渡利~

昨日は約一ヶ月ぶりの写真撮り行脚に出掛けて参りましたよ。(^^) 三月は写真撮りを楽しむ者としては、最も題材に乏しい時期でして、結構フラストレーションが溜まったりします(笑)

土曜日の夜に、いつも写真撮り行脚に同行頂いている旧友宅にイタ電してみたら、口を揃えて

「花見山!」

と、言うことで、決定です!(^o^)

時期的には山が萌えるように花開くのには、少々早めではありますが、来週には週末ともなれば、大変な来訪者が押し寄せ、エリアに住む方々さえも、自宅へのアクセスが困難になるという、県内きっての観桜スポットなのです。

田舎者なので、大渋滞は大の苦手ですし(笑)、ココ以外にターゲットに出来そうな場所も無かったりで、午前5時30分に出立です。 実は無芸、「花見山」への訪問は初めてでして、写真でしか見たことがないという、写真撮りにはあるまじき存在(笑) ようやく「花見山デビュー」です。

花見山

6時15分には、花見山の入り口に到着。 運良く駐車スペースも残っていて、難なく車をデポ出来ました。 先着の車は、多分ほとんどが同じ目的の趣味人様方とお見受けしました。 機材を担いで、入山します。 遊歩道の入り口には、「自由にお使い下さい」と、杖も用意されている心配りです。(^^)

遊歩道に足を踏み入れると、早速にコース標識が目に入ります。 「30分コース」「45分コース」「60分コース」と三つ列記されております。 そんなに高い山では無いにせよ、初めての訪問ですので、60分コースというのは、どんなに険しいものかと、ちょいとビビりましたけど、結果的には周囲の散策も含め、3時間も滞在しておりましたヨ(笑)

花見山 紅梅

一部の早咲き「トウカイザクラ」は、ようやく咲き始めたようです。 主に満開を迎えていたのは、「紅梅」と「白梅」、「紅椿」、「ヒュウガミズキ」ですね。

花見山 白梅

花芽の密度は、まだ高まっていませんでしたので、これらは今週末までには最高潮に達すると思われます。

花見山 日向ミズキ

人出のピーク前と早朝である事からか、入山している人達は、まだそんなに多くなく、遊歩道上で写真撮りをしていても、滅多にすれ違う来訪者はおりませんでした。 来週からは周辺の交通規制が開始されると共に、沢山の来訪者で賑わう事となるでしょうから、そんな風にのんびりと写真撮りは出来ないでしょうね。(^^;)

訪問を予定なさられている皆様には、遊歩道でのマナーに配慮下さりますようにお願い致します。 また、園内の一部には、進入を断る柵が設置されているエリアもございます。 みだりにそのエリアへは進入なさらないように、「見せて頂いているんだ」と言う気持ちで、楽しんできて下さい。

花見山 紅椿

園内を散策していると、逢う人逢う人と挨拶を交わすようになります。 そんな中、ウチのじいさんと同じくらいのお歳とお見受けする方が、小型HDビデオカメラを携えておられました。 大多数の方々が、写真撮影をしている中、ちょっと目立つ存在でしたので、何気に会話をさせて頂きましたヨ。(^^)

かくしゃくとなさられた立ち姿でしたが、何と御歳78歳と言う事でした。 全然若々しくて、60歳代と言われても何の違和感も感じない男性でした。(^^;) お話を伺ってみると、そのビデオカメラはご子息様からプレゼントされたものだそうで、地元に住んでおられながら、毎日Blogを更新なさられていると言います。

しかも、ご子息様のご商売を「ボケ防止」の為にと、PCで経理管理までお手伝いなさっていると言う、まさにスーパーおじいちゃんでした。(^^) やはり無芸と同様に、Blogがご縁でお友達が出来たと、とても嬉しそうに話されている笑顔が、一際輝いおられます。

無芸はBlog名刺をお渡し致しましたが、生憎先様のURLが分かりません。 もし、この記事をご覧頂いておりましたら、ご連絡を頂けたら嬉しゅうございます。(^o^)

花見山

まるで山が萌えるかのような光景には、ちょいと早すぎましたが、遠くに見える雪を頂いた吾妻山の美しさは格別でした。 4月の中旬ともなれば、大写真家・秋山庄太郎先生がこよなく愛し、「日本の桃源郷」と賞賛された姿を、来る人々に披露してくれる事でしょう。

花見山 桜の蕾膨らむ

あとほんの三日ほどで開花しそうな桜。 多分ソメイヨシノでしょうね。 いよいよ福島の桜が、今年も咲き競います。(^^)




花見山
福島県福島市渡利字原17
【お問合せ】 024-525-3722 (福島市観光物産協会)
        024-522-3265 (福島市観光案内所(福島駅東口))



【関連サイト】
福島市観光物産協会 (開花情報とルートマップ、交通規制エリアなど)
福島市商工観光課 (ライヴカメラ、ルートマップ、交通規制エリア、シャトルバス時刻表など)