FC2ブログ

春こま食堂 ~福島県郡山市小原田~

今は無き名店「ますや分店」の味筋を受け継ぐお店があると聞きつけ、訪問機会を伺っていたお店。 郡山市小原田の住宅街に佇む「春こま食堂」です。

Blog仲間のmarunouchiさん(URL)チのお近くと言うこともあり、彼から色んな情報を頂いておりました。(^^) 初代のご主人様(未だ現役!)は、「ますや分店」の初代に教えを請うたとの事。 今ではご子息夫妻が、経営に参加しており、今後の後継者にも問題有りません。

春こま食堂

一歩お店に足を踏み込むと、アノ懐かしい香りが鼻腔をくすぐり、嫌が応にも期待は高まります。(^^) 事前に調べてみたところ、いろいろと食べる方によって評価はまちまちですが、一貫して麺の茹で具合はユル目というのが多いようでした。

そう言えば「ますや分店」も、その傾向が強かった気がします。 よって「麺固め」を指定してお願いしてみました。

「ラーメン 大盛 (600円+100円)」

春こま食堂 ラーメン大盛

漆黒スープは、郡山ブラックを彷彿とさせる色合い。 チャーシューはモモ肉ですね。 「ますや分店」の特徴だった、モモ肉の超薄切り、面積極大といった系譜は受け継がれておりませんが、昔ながらのシンプルなルックスです。

春こま食堂 ラーメン大盛

ご覧の通り、スープは並々と丼に注がれております。 度々耳にしていた「しょっぱい」とのご意見ですが、昼の部閉店間際の時間では、そのような事はありませんでした。 どちらかと言えば、スープ全体が薄い印象。

後に聞いたハナシでは、ここではスープとカエシを最初から合わせておいて、使っては湯を足してゆくとの事。 何となくバラバラな評価の一因が分かった気がします。(^^;) 開店直後は、当然濃ゆい味になっていて、閉店近くになると薄まってゆく… 「ますや分店」では無かった手法ですね。

春こま食堂 ラーメン大盛

麺もオリジナル化されています。 見ての通り、軽くウェーヴの掛かった平均的な加水率の中細麺です。 やや固めに茹で上げられた麺は、食感は良好で、スープの絡み具合も良いですね。 メンマはしっかり味付け系で、サックリとした食感がこれまた良好です。(^^)

物心がついた頃には「ますや分店」の味に慣れ親しんでいた無芸には、あまり比較論ばかりが先行してしまったきらいもありますが、それだけ期待度も大きかったと言うことでお許しを。

ただ、一杯のラーメンとして真に向き合ってみれば、なかなか美味しいラーメンだと思います。 麺揚げも平ザルでキッチリと湯切りされていますし、見ていて気持ちの良いものです。(^^) 独自のスープの仕立て方から来る、時間帯による味の変化を捉えれば、好みの味に出会えること必至です。

これは良いお店をご紹介頂きました。(^^) ピークタイムには、相当なお客様で賑わっているそうです。 この日も閉店時間を切り上げていましたので、遅くても13:30までには入店するのが吉です。




春こま食堂

福島県郡山市小原田4-14-3
電話;024-944-2136
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】18:30~20:30 ※材料がなくなり次第終了
定休日;日祝
駐車場;店の向かいに8台分ほど