FC2ブログ

磯野や

一昨日のことになりますが、郡山市横塚に新規開店の飲食店「磯野や」さんのレセプションに招待を受けて訪問して参りました。

お店の店主さんは、郡山市駅前の「とり・てつ鍋 甚六」さん(過去記事)を経営する松本勝男さん。 二号店の出店となります。 こんなご時世にも関わらず、積み重ねた努力で、沢山のお客様の信頼を集めた結果ですね。 おめでとうございます!(^^)

何故に「磯野や」かと言えば、店主が「カツオ」さんだから…(笑) 冗談のような本当のハナシです。 一号店とは少し違った店作りで、提供されるお料理も随分違います。 周辺は住宅地ですし、駅からは少し離れていますので、「甚六」さんよりも、更にお手頃なお足となりそうです。

磯野や

普段、お店を任されるであろう料理人の橋本さんは、和食の修行を積んだ方で、河豚の調理師免許(東京都登録)も持っておられるそうです。

余談ですが、この河豚の調理免許ってヤツが、ちょいと変わった制度なのです。 ご承知の通り、河豚には有毒な臓器があります。 故に通常の魚類とは異なる、知識や技能を要する魚なんですね。

河豚調理師免許の概要は、各都道府県が独自に決めている為、基本的には取得した都道府県内でしか認められない免許なのです。 そんな中特例中の特例が二つ。 東京都と下関で取得した河豚調理師免許は、日本全国どこでも通用する「国内統一免許」なのです。

そんな訳で、一般的にこの二つの行政区で取得された河豚調理師免許は、一つ格上と認知されています。 東京都の免許取得に至っては、食品衛生と解体技能だけに止まらず、河豚刺しの引き方まで対象となっています。

さて話は戻って、レセプションのお料理が、とにかく楽しめましたもので、ご紹介させて頂きます。 ただし、これらはグランド・メニューでは無いので、その点だけはご了承下さいね。

磯野や 胡麻豆腐と蕎麦の実

最初の酒肴。 胡麻豆腐と蕎麦の実を炊いてトロロと出汁で仕上げた小鉢。 初っぱなから清酒を頂きたくなりますね。(^^)

磯野や 蕎麦の実

この蕎麦の実の小鉢が、極めて秀逸でして、剥き蕎麦のプチプチの食感と、甘い香り、そしてしっかり仕事の出汁の塩梅が最高でした。 白い片口の小鉢ってのも、センスが良いですね。(^^)

磯野や 造り

造りは、締め鯖、ヤリイカ、鯛、鮪の四点盛り。 文句なしです。 鮪がべらぼうに良かったなぁ~(^^) このレベルの鮪が出てくると、ちょいと嬉しいものです。

磯野や 蕪の挽肉鋳込み 蟹の葛掛け

料理人の真骨頂が活きていた一品。 蕪の中には挽肉が鋳込んであり、蟹の身をほぐした葛出汁も品良くまとまっていました。

磯野や ムツの西京漬け

ムツの西京味噌漬け焼きと出汁巻き卵添え。 良い仕事です。(^^) 滋味溢れる味わいに箸が止まりません。 〆に温素麺が供されましたが、シンプルにネギと刻み海苔だけが載せられていて、出汁の美味しさが見事に表現されていました。

本日3月20日よりグランド・オープンとなります。 場所はヨークベニマル横塚店の直ぐ近く。 美術館通からヨークベニマルに入る信号交差点から南に入り、「炭火焼肉 安楽亭」さんのお隣となります。




磯野や
福島県郡山市横塚2-15-1
電話;024-942-9100
営業時間;17:00~24:00 (LO 23:00)
定休日;当面無休
駐車場;店舗前に3台分


大きな地図で見る