FC2ブログ

黒胡麻焼酎 黒施些美 (くろせさみ)

久しぶりに、ちょいと無芸のお仕事話など。(^^;)

胡麻焼酎が生まれたのは、今から30年前。 福岡県久留米市の『紅乙女酒造』が、世界で初めて製品化致しました。 華々しくデビューを果たした『胡麻焼酎 紅乙女』は、折りからの焼酎ブームの後押しも受けて、一大ブランドとして広く知られるようになりました。

そして30年の節目に合わせるかのように登場したのは、もう一つの胡麻焼酎「黒胡麻焼酎 黒施些美」です。 従来の胡麻焼酎では、麦、米麹、に加えて白胡麻を主体として造られていましたが、本品は麦、黒米麹、そして胡麻は黒胡麻だけが用いられています。

全ての原料は国産品のみ。 原料調達の難しさもあって、当初は地元・九州の一部の特約店さんだけで取り扱われていたそうです。 蔵元と縁があり、無芸の仕事場は、東北初の特約取扱い店となりました。v(^^)

黒胡麻焼酎 黒施些美

さて、この「黒胡麻焼酎 黒施些美」。 香ばしい黒胡麻の香りが程良く感じられ、柔らかくふっくらとした上品な麦の旨味感、そして口中に広がる黒胡麻のフレーヴァーがとても魅力的です。 また、アルコールの口当たりも円やかで、焼酎造りに外連味の無い確かさが伺い知れます。

ロックで頂くも佳し、水割りで佳し、お湯割りにすると、より一層香り立ちが良く、軽快な口当たりになります。 和食系のお料理なら、一通り相性良く楽しめる味幅が備わっておりますので、どなたにでもお薦め出来そうです♪

店頭で試飲出来ますので、運転無しの方はどうぞお試しになってみて下さい。 と、言いつつ、今日はもう配達は無いと踏んで、お湯割りをチビチビとヤリながら書いている無芸でした。(笑)