FC2ブログ

2009年冬景色 ~猪苗代湖畔 鬼沼~

「荒天の後に、好天あり」ってな事を期待した日曜日。 飼い猫・ニャオに5時前に起こされ(オマイは目覚まし時計か?ww)、夜のとばりの降りた空を見上げるも、なかなか思惑通りの空模様にはなってくれません。(^^;) 仕方がないので不貞寝を決め込んでしまいました。

午後も1時半くらいになると、ようやく天上には青空も覗くようになりましたが、会津方面は低い雲に覆われたまま。 さて、どうする、オレ? 今年は是非とも足を運んでおきたかった場所は満載だし、お天気はさておき、偵察にでも出掛けるとしましょうか。

先週、単騎で偵察に赴いてくれた、お馴染み旧友C君を電話でおびき出し(笑)、三森峠を越えて猪苗代湖畔を目指します。 途中、大好きな手打ち蕎麦の店「蕎麦家」さんに立ち寄って、ちょいと美味しいところを手繰って行こうと目論んでおりましたが、あれれ? もう看板ですか? ん?何か張り紙があるぞ。

「二月某日まで休業させていただきます」

はぁ~~??( ̄□ ̄|||) 蕎麦家さん、冬休みですか? 角の立った蕎麦と、ふきのとうの天ぷらを楽しみにしていたのに残念! それならば、福良の「湖南そば道場」にでもと、ちょいと立ち寄って見るも、コチラもどうやら冬休みです。(^^;) まあ、ツイていない日って、そんなものでか…

気を取り直して、目的地へと車を走らせます。 目指した先は「猪苗代湖畔 鬼沼」

普段なら船津公園から湖畔に沿った道路を通って行けるのですが、こちらは冬季通行止め。 福良から大回りして、青松浜からアプローチします。 青松浜には湖水浴場とキャンプ場があり、夏場には結構な人出があります。 ま、それでもまだ「穴場」って感じですけど。

青松浜から鬼沼までは、およそ2.5kmほど。 湖畔に沿った道は、風に煽られた湖水が水しぶきを上げて降り注いでおります。 ちょいと怖い感じです。(^^;) 幸いにして淡水なので、まだ良しとすべきでしょう。

湖水が降り注いで、所々凍り付いた道を進むと、鬼沼の集落が見えてきます。 集落と言っても、一体何軒の住居があるのだろう?(^^;) こんなところにも、人々の生活があるのか?と思わせるほどの風情です。

道路の除雪がされているのはこの集落まで。 その先1.4kmで、前述の船津公園に達する区間が冬季閉鎖となるわけです。 四駆なら行けそうな気配ですけど、少し踏み込んでみると、ヤバそうだったので、車は路肩にデポして機材を抱えてちょいと坂道を登り始めます。

ふうふう、ゼイゼイ( ̄_ ̄|||)

いやいや、雪の深さこそ精々20cmくらいなのですが、雪に沈んだ足を進めるに、足の甲に雪が引っかかって、足運びが鈍いの何の… これって、実際に歩いたことのない方には、ちょいと想像できないかも知れません。(^^;)

猪苗代湖畔 鬼沼

低く垂れ込めた雲のお陰で、雪を頂いた磐梯山は見通すことは出来ませんでした。 天気が良ければ、湖面の奥に磐梯山が鎮座しているんですけどね。(^^;) 暫く風に押されて流れる雲を見上げながら、チャンスを窺ってはおりましたが、ついぞその姿を現してはくれませんでした。 ただ空手で帰るのもシャクなので、カメラを取り出して試し撮りです。

猪苗代湖畔 鬼沼

16時を過ぎると、徐々に夕日の片鱗を感じさせる空の色。 一向に雲が切れる気配はありませんでした。

猪苗代湖畔 鬼沼

まっ、偵察だから… と、言い聞かせながら、あぁ、でも残念…(^^;)