FC2ブログ

2008年錦秋巡り ~木戸川遊歩道~

県道36号線を富岡町まで下り、県道35号線をいわき方面へと向かいます。 この県道35号線(通称「いわき浪江線」)は、適度な起伏の丘陵地帯を縫うように通っており、道幅も広く、カーブの曲率も運転好きには心地好いものです。

楢葉町に入ると、木戸川に掛かる橋の手前を右折して、「木戸ダム」方面へと進路を変えます。 この「木戸ダム」は、今年(2008年)の春に完成したばかりですが、元県知事の汚職事件のステージになってしまったという、とても悲しい出来事がありました。

しかし、このダムへ至る「木戸川渓谷」は、まだ知る人も少ないものの、大変高いポテンシャルを秘めた景勝地です。 ダムの付帯工事で、そこにあった「木戸川遊歩道」の整備も進み、今後誘客が期待されている場所です。

生憎の雨に加えて、霧は益々深くなるばかりで、まさに紅葉のピークを迎えている渓谷も、その色合いは深く沈んでしまいました。 ひとまず「木戸ダム」へと駈け上がってみます。

木戸ダム

無芸一家の他に、ここを訪問する人影は無きに等しく、良く言えば“貸し切り状態”。 てか、そんなお天気の中、わざわざ出向いてくる酔狂な人は、ほとんどいないって事か?(^^;)

ダムは丁度放水していましたので、お天気に恵まれていたら、遊歩道を伝って、ダイナミックな写真も撮れただろうに… 雨の遊歩道を一人ぽっちで歩く勇気がありませんでした…orz

木戸川渓谷

道路から渓谷を横目に見ながら、パッと目に飛び込んできた風景に車を駐めました。 慌ててカメラを取り出して構える頃には、あっという間に霧が掛かってしまい…(-_-;) 本当にツイていないなぁ~

前述の通り、「木戸川遊歩道」が整備されているのですが、そこを伝って行けば、ちょっとした滝巡りも出来るハズでした。 ダムが放水していただけに、きっと豊かな水量が見られたでしょうに… 残念ながら、次回の楽しみに取っておく事に致しました。