FC2ブログ

2008年ボージョレ・ヌーヴォ間もなく解禁

多分今日は度々テレビや新聞、ラジオ放送などで、明日11月20日に解禁となる、今年のボージョレ・ヌーヴォの話題が報じられる事でしょう。

ボージョレ・ヌーヴォは、毎年11月の第3木曜日に、世界一斉解禁となる、フランスのブルゴーニュ地方産赤ワインです。 ここ最近では、とても身近なコンビニエンスストアーや日配品のスーパマーケットでも、大量に陳列されていますので、皆様にとってもそれなりに馴染みのあるワインだと思います。

無芸が家業に関わるようになったのは、今から20年ほど前の事。 その当時はまだボージョレ・ヌーヴォは、そんなに広く知られておらず、酒類の販売所もほとんど専業酒販店くらいしかありませんでした。

しかも従価税制度が残っていましたから、航空運賃の高さと相まって、1本3,000円超は珍しくありませんでした。 これではとてもカジュアルな飲み物には遠い存在であった訳で…(^^;)

そんな世情を一変させる社会現象が「フレンチ・パラドックス」に端を発した、未曾有の赤ワインブームでした。 覚えておられますか? 「濃厚な料理を普段から摂っているフランス人が、何故に成人病の発症率が少ないのか? それは日常的に赤ワインを飲んでいるからだ!」とした、論文が元となって健康ブームに上乗せされて一気に広まった事象です。

あの頃は凄かったですヨ。 とにかく赤い色をしたワインなら、何でもOKってくらいに市場が動きましたからね。 コスパの良いことで知られたチリ産のワインなんて、始終品不足状態だったりして(遠い目) まっ、そんな背景の中、前述の従価税撤廃などが重なり、ボージョレ・ヌーヴォの価格も一気に1,000円くらい下がりました。

その頃のエピソードには事欠かないほど、色々な「面白い出来事」や「恐ろしい出来事」がありましたが、そのあたりはまた別の機会に。(笑) こうしてボージョレ・ヌーヴォは、一躍広く知られる機会を得たというわけです。

既に無芸の仕事場には、明日の解禁日を前に、各社に予約しておいたボージョレ・ヌーヴォが無事に到着致しました。 今年は6アイテムの手配を致しましたが、ご愛顧先様からのご予約で、既にほぼ完売状態。 ありがたいことです。(^^)

08'Beaujolais Nouveau

多分、毎年日本の地を踏むボージョレ・ヌーヴォは、300アイテム以上ある事でしょう。 それぞれが造り手のスタイルを反映して、味わいに多様ですが、大旨新鮮味のある果実味と、軽快なタンニン分、心地好い酸味を備えたもので、普段赤ワインを飲み付けていない方々にも、充分にお楽しみ頂ける味わいです。

心待ちにしておられた皆様はもとより、ご興味を持たれた皆様も、この週末は旬のワイン「ボージョレ・ヌーヴォ」をお楽しみ下さい。(^^) 

2008年錦秋巡り ~県道36号線 小野・富岡線~

川内村の新蕎麦祭りの会場を後にして、向かうは浜通・富岡町方面です。 県道36号線を駆け下って行くと、道路に並行して心惹かれる渓流の流れがあります。 度々目を奪われるような景色に出会うものの、何せ完全舗装されているとは言え、曲がりくねった道幅の狭い県道。 そう簡単に安全に車をデポ出来そうな場所が見つかりません。

そんなこんなで、下流に進むに従い、徐々に渓流はいつしか渓谷のように、深い谷へと容貌を変化させて来ます。 ここは写真趣味人にとっては、大変な「穴場」かも知れません。 通称・滝川渓谷と呼ばれているようです。

渓谷の幅が広がって行くと共に、いつしか道路も道幅の広い、より新規格の道路に変わってきます。 ふと対岸の渓谷をのり面を見た時、ちょいと背筋が凍るような思いが…( ̄□ ̄|||) 何と渓谷の下方の樹木が、横一線に伐採されています。 とてもイヤな予感…

道路の整備状況の激変。 真新しいトンネルを次々と通り越して行くと、あぁ、やっぱり…

滝川ダム

建設中のダムが、自然環境から浮いたように、その威容を現しました。 「滝川ダム(たきかわダム)と名付けられた、灌漑用水専用のダムでした。

あまり安易に人造ダムを否定する事は出来ませんが、上流部の人の手が入っていない、美しい自然環境とのギャップに、一種の拒絶反応を感じてしまうんですよね… 何かを得る為に、もっと大きな何かを手放しているんじゃ無いかなって。

帰宅後に色々と調べてみると、下流に位置する富岡町では、もともと水量の不安定なこの川の水を、灌漑用水として大切に使っていて、それでも渇水する事も度々あり、農業事業主が各自井戸を掘って、ポンプで利水せざるを得ないほどの状況だったそうです。

猪苗代湖と言う、とんでも無く巨大な水瓶に恵まれた当地に住む者には、とても想像も出来ないような苦労があるんですね。 ともあれ、気を撮り直して!

県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋

滝川ダムの目前に掛かる「瀧海大橋」からの眺望なんぞをひとつ。 お天気は生憎の雨降り。 しかも渓谷にはモヤが掛かってきました。 この日は県内全域に「濃霧警報」が発令されていたんですね。 道理でどこへ行っても霧に沈んでいた訳だ…

県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋の上から
[2008/11/16 県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋の上から]

植林などの手の入っていない里山は、キレイに色付いていました。

県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋の上から
[2008/11/16 県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋の上から]

枯れた灌木なども入り交じり、なかなかダイナミックな風景です。

県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋の上から
[2008/11/16 県道36号線 小野・富岡線 瀧海大橋の上から]

機会を見つけて、再訪してみたい、ちょっとした穴場の予感です。(^^)