FC2ブログ

川内新蕎麦祭り ~福島県双葉郡川内村~

11月16日(日)は、双葉郡川内村で「川内新蕎麦祭り」が開催されました。 無芸の永いお客様であり、またお友達付き合いをして頂いているN先生のご実家が川内村であり、ご両親様にも何かと目を掛けて頂いている無芸。 N先生からの情報を頂き、家族共々参上させて頂きました。(^^)

「川内新蕎麦祭り」の会場となったのは、村内の「いわなの郷」と名付けられた、体験交流館でした。

川内村と聞いても、県民の皆様にも、今ひとつ場所も成り立ちも、実感が薄いと思いますが、ここがなかなか良い場所なんですヨ(^^) 当地・郡山からですと、R288を辿って行けば、車で正味1時間15分くらいで到着致します。

国の天然記念物「モリアオガエル」の繁殖地として有名な「平伏沼(へぶすぬま)」があったり、カエルの詩人として有名な、当県出身の詩人・草野心平氏が晩年過ごしていた「天山文庫」もこの地にあります。 近年では大変稀少になった幻のキノコ・岩茸も採れるのは驚きです。

住まう人々は誰も温かく親切で、村内を流れる渓流には岩魚をはじめとした川魚も豊富で、農産物も飛び切り美味しい! そんな川内村で10年ほど前から始められたのが蕎麦の栽培です。

その黎明期に、N先生のお誘いで、開墾している最中の蕎麦畑を訪問させて頂いた事がありました。 今では徐々に川内村に美味い蕎麦粉アリ「川内高原蕎麦」と知られるようになりました。

さて、そんな川内村では、10年ほど前から新蕎麦祭りが続けられていたそうですが、近隣の方々に楽しんで頂くそば祭りから、一歩更に踏み出して行く頃を迎えたようです。 今年は磐梯町の蕎麦打ち名人を打ち手としてお招きして、開催規模をより大きくしました。

川内新蕎麦祭り 蕎麦打ち軍団

蕎麦打ちをしている4名の名人。 無芸も見覚えのある名人様がおられました。 こりゃあ楽しみです♪

川内新蕎麦祭り 蕎麦打ち軍団

4名中お一方だけが、ちょいと違った流儀で蕎麦打ちをしておられました。 蕎麦打ちも場所によって流儀が違うから面白いですね。(^^) 最終的に蕎麦として供される時には、そんなに大きな隔たりは感じられないのですが、きっとその地で伝承されてきたスタイルってものなんでしょうね。

川内新蕎麦祭り 蕎麦打ち軍団

名人様達が打ってくれた蕎麦は、仕上がり次第にキッチンへと運び込まれます。 チケット制の販売でしたが、大旨1時間待ち。 まぁ、どこの蕎麦祭りも似たようなものです。 順番待ちの列の横を、打ち立ての蕎麦が運び込まれる様子を眺めながら、誰一人文句を言うことなく待ち侘びている姿。 これ日本人ならではですね(笑)

さて、待ち侘びたお蕎麦がいよいよ手に入りましたよぉ~!(^o^)

お蕎麦と、

川内新蕎麦祭り 川内高原そば

お蕎麦と、

川内新蕎麦祭り 川内高原そば

お蕎麦!

川内新蕎麦祭り 川内高原そば

くどい!(爆)

川内高原蕎麦は、野趣味溢れるダイナミックなタイプと言うよりも、上品で繊細な味香が持ち味。 名人の手で丁寧に打ち上げられた蕎麦は、その特徴を余すところ無く伝えてくれました。

蕎麦の盛られた器も、味気ない使い捨て食器で無いところが、妙に嬉しかったり、何気にECOだったりします。

ちなみに今年のチケットは、当日券が1枚1,200円で、前売り券は1枚1,000円。 蕎麦2食か、蕎麦1食+蕎麦すいとん+天ぷら盛り合わせ+お漬け物のセットのどちらかが、引き替え口で直接選べます。

川内新蕎麦祭り 天ぷらとお漬け物

この日の天ぷらは、当然全て地場モノ。 春菊、舞茸(多分…娘に早々に取られて不明)、ヤーコン、かぽちゃの揚げ立て四点盛りでした。 蕎麦すいとんは、小さくまとめた蕎麦掻きを鶏出汁と野菜で炊いた醤油味。 お漬け物、うまぁ~~~~(^▽^)

会場の外では、地場産品の販売所も設けられており、かぁちゃんのお漬け物が試食販売されておりました。 無芸、買った、買った(笑) これで一週間は、毎日食事の度に、川内村を思い起こせます。(^^)

ところで皆様にお伺いしたい事がございます…

 
続きを読む