FC2ブログ

残暑、厳しきおり。

昨日は暑かったぁ~~(^^;) アメダスで確認したら、31.5℃まで気温が上昇しておりました。 旧盆後半から約二週間続いた、曇天・低温のパターンは、ようやく抜け出したようです。

月間予報によると、9月は平年よりも高い気温が続くとの事。 暫くは残暑とお付き合いとなりそうです。

あまりに暑くて「冷中」を頂いてしまいました。(^^) 行き付けのお店「中国飯店 なるき」さんです。

中国飯店 なるき 冷やし中華

いつも「大盛り」を頼むと、「これでもか!」ってくらいの盛りの良さですが、マスターが麺を鍋に入れるところを見ていたら、普通盛りの二倍・二玉が投入されていました。(^^;) ハハハ、道理でボリューム満点な訳です。

見るからにクラシックな王道の盛り付け! お味も甘酸っぱさとごま油の芳香が絶妙の一杯。 この残暑のお陰で、今年はまだ「冷中」の食べ納めは、先のことになりそうです。(^-^)




仕事柄、飲食店さんへの出入りの多い無芸ですが、料理人様方の手仕事を拝見するのが大好きです。(^^) 営業開始時間前、飲食店様方は夜の営業に向けて、仕込み仕事の真っ最中です。

特にカウンターのある、和食店さんなんてサイコ~なんです。 こちらは郡山駅前の「寿司割烹 魚紋」さん。 丁寧な手仕事と、確かな美味しさで、かの「dancyu」にも紹介された地元の名店です。

寿司割烹 魚紋 アミューズ

毎日、違ったアミューズを作っておられます。 今日はアミューズの一つに、お野菜がタップリと仕込まれた手鞠寿司がありました。 お寿司屋さんで、アミューズにいきなり寿司ですか?(^^;)と思われる向きもあるでしょうけど、これがなかなかどうして… ちゃんと一口アミューズになっているから見事です。(^^)

これが所謂「お通し」な訳ですが(実際には他にも盛り合わせます)、「お通しだから大切なんです。」と板さんは仰います。 席に座って最初に出てくるお料理ですから、お客様が「んっ?これは何だろう?」と興味を示して下さり、お料理全体に期待をして頂く、大切なプロローグだと言います。

なるほど、さすがに名店。(^^) 確かな技術と素材だけではなく、ストーリー立てをしてお客様をお迎えするのですね。

無芸、ちゃっかりご馳走になってしまいました。(^^) ムホホ♪ 役得、役得~~~(*^_^*)