「コラ!」と言いたい…

昨日から残暑が戻ってきた感がありますが、今日は一日中不安定なお天気でした。 気温は28℃ほどまで上昇したらしいのですが、突然大雨に見舞われたり…

無芸大食妻も、日中の買い物に出ていた時、コレに捕まりましてね。(^^;) 私の携帯に電話が来ましたよ。

「帰ろうと思って外に出てみたら、エラい大雨なんですけどぉ~Σ( ̄ロ ̄lll) ちょいと雨が遅止みになるまで、お店から出られましぇん!」

ハハハ(^^;) そりゃあそうだろう。 こっちだって路面を打つ雨が、白っぽい飛沫になっているくらいだもん。

盆明けからの曇天低温が続いた挙げ句の雨。 何だか秋の長雨を思わせるような風情だと思ったら、実際に秋雨前線が活動しているとか。(^◇^;) まだ8月なんですけど…

さて、昨日じいさんが、何やら囲いの材料のようなものを抱えて、家庭菜園に行ってくると言います。 取り立てて珍しいことではなかったのですが、その囲いを付けなければならぬ理由がちょっと…

じいさんの家庭菜園には、色んな「なりもの」が植えられております。 来月あたりには葡萄が収穫出来るハズだったのですが、何者かが熟したところから持ち去ってしまうようです。 意外にも研究熱心なウチのじいさん。 毎年土壌改良を重ね、孫達に収穫体験をさせるのがささやかな楽しみだったりします。

今年は去年よりも、更に良い収穫が見込まれていたのですが、片っ端から持ち去られてしまい、流石のじいさんもちょいとお腹立ちの様子です。(^▽^;) そんな訳で、効果が期待できるかどうかは別にして、じいさんなりの対策を練ったらしいです。

そう言えば、長いお付き合いのとある大女将も、自宅前で育てている植物や果物を、平然と持ち去る輩に辟易としておりました。 しかも根こそぎ…

どんなヤツかと思ったら、とっくに還暦を過ぎたような女性が、孫を連立って堂々と持ち去っていたと言います。 普通に考えて、他人の敷地内で人手を掛けて育てた植物や果物は、一体誰のものなのでしょうね? 勝手に繁殖したものではありませんヨ。 還暦を過ぎても、そんな常識さえ通らない事が、何とも恐ろしくもあります。

大女将もこれには精神的に参っちゃってまして、「人間不信になりそうよ…」っておっしゃっておりました。 そりゃあそうだ。 無芸が発見したら、絶対見逃さないですよ。 ウチのじいさんも、結構“熱い人”だから、持ち去り犯を発見したら…Σ( ̄ロ ̄lll)

ニャオ

残念ながら、じいさんの家庭菜園までは、守備範囲に入っていないニャオ。 ニャンニャンパトロールの効果は期待できません(笑)

肉球丸出しで惰眠を取っていたもので、つい撮影など…(^^;)

カシャ! カシャ!

ニャオ

あっ、起きちゃった。 

夏休み明け

今週から当地の公立学校は夏休みが明けて、二学期がスタートしました。 小学校低学年の児童の姿を見ると、小さな躰に沢山の学用品を抱えて、まるで“学用品に足が生えて歩いている”かのようです。(^^;)

その姿を見ていると、ちょっとムゴいような…(^^;) 出来ることなら手を貸してあげたくなります。 あ~~、でもウチの子達も、そして大昔の私達も、同じように歩いていたんだよね。 ガンバレ~~!

さて夏休み最終日となった日曜日。 子供達は既に夏休みの宿題も終わって、どこか余裕の表情。 今年は母の新盆もあって、楽しい思いをさせていなかったなぁ~ 天気は肌寒さを感じさせる雨。 無芸大食妻が、いわき市の「アクアマリンふくしま」へ連れて行きたいと言うので、それは妙案とお出掛け致しました。

8月24日までは、夏休み特別営業で、19時まで公開している事もあり、いつもながら遅めの出立でも安心です。(^^) いや、それどころか、日中は沢山の来訪者で賑わっていたであろう事から、客が引いた後の水族館は、ゆっくりと自分達のペースで見学するには持ってこいです。

アクアマリンふくしま

「潮目の大水槽」の水面近くには、群れを成したイワシが泳いでいます。 これがねぇ~、結構好きなんですヨ。(^^) 小さな魚体ながらも、大群で泳ぐ姿をボヘェ~~~~と眺めていると、何とも良い感じで時間を忘れてしまいます。

ちょっと恥ずかしい話ですが、思わず水槽の上から網を伸ばしてガバッとすくってみたい衝動が…(^▽^;) このキモチ、分かりますぅ~? それにしても、イワシの口って、なんであんなにグワッと大きく開くのだろう? 意外とキモいかも知れない。(笑)

閉館15分前まで、ゆっくりと楽しんで、お隣に出来た「小名浜美食ホテル」に立ち寄ってみます。 施設としてはちょいと中途半端の感は拭えませんが、先行する「小名浜ら・ら・みゅう」よりは、お手頃に食べられるお店が揃っているかも知れません。

「ちゃい高木園」さんで、「アイスチャイ」を買い求めてみました。 実は無芸、チャイを飲むのは初体験。(^^;) あんなに美味しいものだとは知りませんでした(恥) その後調べてみたら、私達が飲んだのは、ハーブ入りのタイプだったようです。

シナモン、カルダモン、ナツメグの風味は看取致しましたが、もっと複雑なブレンドが施されていたかも知れません。 意外と簡単そうなので、そのうち自宅でも作ってみよう!(^^) 

配達だけぇ~~(^^;)

本日は須賀川市で「釈迦堂川全国花火大会」が開かれます。 毎年お盆明けの最初の土曜日に開催されるこの花火大会は、今年で30回目となります。

最大の目玉は、直径500mとも言われる二尺玉の打ち上げです。 去年は5発の二尺玉が打ち上げられました。 開催日が土曜日と言うこともあって、無芸一家はとても観覧できませんが、一度だけ某ニュータウンの管理組合さんからの要請で、飲み物販売のブースを出展した事があります。

このニュータウンは、花火大会を高台から見下ろせる、絶好のロケーションとあって、毎年多くの観覧客が集まります。 ただ、困ったことに、観覧客が住民宅を訪ねては「トイレを貸して欲しい」とか、「缶ビールか缶酎ハイを譲って欲しい」とかお願い事をするらしいのです。

折角家族で花火見物を楽しんでいる団らんの時に、見ず知らずの人が突然チャイムを鳴らして、このようなお願い事… これには住民の方々も困ってしまい、管理組合が「それなら最初から販売所を作ってしまえ」と言うことになった次第。

ニュータウンの企画発売をしていた会社に、後輩が勤めていた為、無芸にオッファーが掛かりました。 無芸は、実際にのこ花火大会を見たことがなかったので、損益は別にして一度その話に乗ってみました。 結果、ド赤字でしたけど(爆) 連れて行った子供達も喜んで見ていたし、後輩の顔も立ったし、このニュータウンに住んでいる後輩が子供連れで訪ねてきて、たっぷりと生ビールを楽しんで行きましたヨ。(^^;)

さて、その二尺玉なのですが、その迫力たるやまさに未知のレベルでした。 大輪の花もさることながら、あんなに大きな炸裂音を躰で感じたことはありません。 ウチの子、ビビってましたから(笑) 今年も沢山の観覧客で賑わっている事でしょう。

ここ4年ほど毎年、会場に飲み物販売のブースを出展しているお客様がおられまして、無芸は生ビールの配達をしているんです。 勿論、器具の設置を完了したら、交通規制が掛かる前にその場を後にするのですが。 何せ大変な人出ですので、下手に渋滞にハマったら、二時間は脱出できないと言われております。(^^;)

器具の設置を終えたら、丁度14:30くらい。 交通規制が開始される前に離脱できました。 折角須賀川まで来たのだから、ブシ系ラーメンの白眉「かまや食堂」さんで至極の一杯をと立ち寄ろうとしましたが、お店の前には店外まで順番待ちのお客様の列が…!Σ( ̄ロ ̄lll) さすがに配達序でに、行列に並ぶ訳にもいかず、そのままスルー。 あぁ、無念!

帰り足に次の配達先のご近所「とんこつらーめん HAjiME」さんで昼食です。 15時過ぎだったので、下手すりゃ「スープ売り切れで閉店」って可能性もあったのですが、どうやら本日はセーフ!-(^-^)-

「はじめラーメン (730円)」

とんこつらーめんHAjiME

8月より原価高騰により、若干値上げとなってしまいました。 致し方ないですね。 お味の方は、いつもながら抜群の安定感。 臭みのない綺麗なスープ、しつこさの無い適度な旨味が口中に広がります。 相変わらずハイレベルなとんこつラーメンでした。(^^) 

8月ですが、20℃です…

寒気を伴った低気圧にスッポリと覆われて、当地の本日の最高気温は21℃にも届きませんでした。 ちょっと肌寒いくらいだなぁ~と思って、アメダスを確認したら、19時の時点で17.5℃しかありませんでした。(^^;) 道理で寒いわけです。

そんな訳で雨のそぼ降るお昼頃、真夏だというのに「味噌ラ~」などを…

味噌ラーメン大盛り

いつもの習慣で「大盛りぃ~!」って頼んじゃったら、Bigな丼にご覧の有様…(^^;) どこから見ても、麺は見えません。 でも深い丼の底には、大量の麺が潜んでいたりして。

ご主人様の手加減か、食べきるのに時間を要する大盛りは、やや固めの茹で上げ。 お陰で最後まで麺が伸びる事はありません。 絶妙に旨い味噌スープはいつもの通りです。 ほぼ半分まで食べ進んだ頃には、体中から汗が噴き出し、傍目から見ても、「必死でラーメンを食っている」の図となりました。(笑)

躰の芯まで温まるラーメン、8月だというのに、こんなに美味しく頂けちゃうなんて… ホント今日は寒すぎです。(>_<) もしかしたら、今年はこのまま秋に向かって行ってしまうのでしょうか?

お盆が過ぎたから、そろそろ今年もボージョレ・ヌーヴォの手配を始めなくちゃ… 

純生蕎麦 鶴好(つるよし) ~福島県会津美里町~

お盆明けの17日(日)、子供達の夏休みも終盤ですし、ちょっと息抜きドライブに出掛けましたヨ。 お盆中は、毎日ほぼ同じオードブルと刺身、天ぷらの連食で、無芸の胃袋も少々お疲れ気味。(^^;) ここらでちょいと美味しいお蕎麦でも。

最初の計画では、猪苗代町の某人気店へ行くつもりでしたが、夏休み&お盆休暇の来訪客で賑わうことは予想に難くなかったので、新規開拓を試みました。 ネットで情報を集めていると、ちょっと気になるお店を発見! 片道一時間半ほどを要しますが、ドライブがてらに出掛けるには、丁度お誂え向きです。(^^)

会津美里町の小山という集落にあるお蕎麦屋さん。 「純生蕎麦 鶴好(つるよし)」さん(URL)に決定。 お蕎麦も美味しそうでしたが、ご店主様がどうやら写真撮りを趣味になさっているようで、ホームページに挙げられていた写真に心惹かれたから…(^^;)

純生蕎麦 鶴好

ネットで調べた地図を無芸大食妻に渡し、例によって“妻ナビ”で向かいます。 手前味噌ですが、我が家の“妻ナビ”、精度抜群で無芸がミスコースしても、速やかにリ・ルート検索してくれます。(笑) 挙げ句に、叱られる事もありますけど(爆)

互いにA型人間なのに、チット見で「イケそう!」と思えば、知らぬ道でも「行けぇ~~~!!!」ってな具合で。(^^;)

今回の目的地、「鶴好」さんは、なかなか手強い場所でしたヨ。(笑) 国道401号線を昭和村方面に向かうと、国道沿いにはお店の入り口を示す看板が2箇所あります。 その看板から小山の集落へと一歩踏み入ると、とたんに何のインフォもありません。(^^;)

車がすれ違えないほどの狭い道幅。 いかにも集落らしく、入り組んだ道。 アハハ、こりゃあ判らんぞ!(^^;) グルグル回っている内に、国道に戻っちゃった。(苦笑)

再突入!

どんどん集落を奥に進んで行くと、ようやく「鶴好」さんの看板を発見! 丁度お店のご主人様が作業所のおられ、駐車場の方向を指で指し示してくれました。

純生蕎麦 鶴好

入り口が二つ…(^^;) お店まで来て、また迷ったのは初めてです。(笑) 取りあえず右側の入り口が厨房横ですので、そちらからお邪魔しました。 時刻は13:30くらい。 丁度お昼時のお客様が一度はけた後だったのでしょうか? 先客様はおられませんでしたが、後から後からお客様方が来店。 皆様ほとんどリピーターさんのようです。

「ざるそば大盛り (890円)」

純生蕎麦 鶴好 ざる蕎麦

でも、ざるに盛っていない…(笑) どんぶり一杯に遠慮無く盛られた豪快なもの。 地粉100%で打った蕎麦は、香り立ちが華やかで、口中に風味が一杯に広がります。 しっかりとした歯応えのある、良い意味で田舎蕎麦ですね。(^^)

つけ汁がまた個性的です。 蕎麦猪口に張られたつけ汁には、油膜が張っています。 最初は「???」だったのですが、後に判ったことですが、こちらのお店では鶏ガラで出汁を引いているそうです。

宗田節などの魚出汁を予想して口にすると、全くの予想外の味わいに驚くことでしょう。 また、カエシも酒、味醂などを加えて熟成させたものではなく、生醤油では無いかと思われました。 醤油の風味と塩味がストレートですが、濃度は低くアッサリ味です。

無芸の今までの概念からは、全く違ったタイプのつけ汁でした。(^^;) こんな出会いがあるから、新規開拓って面白いですね。(^^)

「ざるうどん (500円)」

純生蕎麦 鶴好 ざるうどん

うどん大好きの無芸大食娘のリク。 蕎麦屋のうどんは旨い!の定説を、しっかりと具現化しております。(^^) 打ち立てのきしめんを思わせるようなルックスです。

口に運ぶと、しっかりとした歯応えと、滑らかな舌触りが秀逸です! これは旨いですネ。(^^) 無芸大食娘も大満足でしたよ。

そして、是非とも皆様に見ていただきたい。 ほとんどミラクルと言える「天ぷら」です。

純生蕎麦 鶴好 天ぷら

ナニがミラクルかと言えば、そのお値段。

何と一皿160円ですヨ!(^◇^;)

ありえねぇ… しかも、そんじょそこらの蕎麦屋さんの天ぷらよりもウマッ! 勿論、揚げ立てサクサクですヨ! お盆の四日間、天ぷら連食で胃袋が負けていた無芸、やはり一皿完食でした。(自滅)

無芸大食妻は、「高遠そば (580円)」を頂きましたが、こちらも地物の辛味大根・アザキ大根の絞り汁がたっぷりと… そこへ生醤油を好きなように混ぜて食すといった趣向。 辛味が冴え冴えとしていて、目の醒めるような一品だったそうです。

帰りにしなに三代目のご子息様、そしてご主人様と少々お話を致しました。 ご主人様、相当な凝り性とお見受け致しました。 ホームページに挙げられている写真は、ほとんどご近所で撮影されたそうですが、絵の切り取り方が素晴らしい!

折角、これだけの作品を撮っておられるのですから、恥ずかしがらずに是非とも店内に飾って頂きたいなぁ~(^^)

それから猫好きにはたまらない情報。 「鶴好」さんにも猫店長がいますよぉ~~~(^^) お名前は「りんご♀」だそうです。 丁度、お会計をしている時に現れて、店内でカリカリを食べていました。 無芸大食娘が触れても、全然気にしていなかったようです。

お噂によると、お座敷席の座布団の上がお気に入りのようで、巧くすると膝乗りしてくれるそうです。(爆) 白い躰に尻尾と頭だけに縞々の模様入りです(*^_^*) 次回はりんごちゃんの撮影会などを…




純生蕎麦 鶴好(つるよし)
福島県大沼郡会津美里町大字吉田字村の内丙12
TEL・FAX;0242(53)2544
定休日;第1・3・5火曜日
営業時間;夜明けから日暮れまで (エッ???(^^;)) 

盆送り

盆入りしても、仕事を休むことは出来ず、ようやく盆の最終日にお休みを頂きました。 母の新盆は、じいさんと弟妹達に任せきりになってしまいましたけど、もともとお盆は仕事をしていたので、これも母の供養と思って貰うしかありません。

無芸もお盆の4日間、毎日仕事を終えてから本宅に行っておりましたが、盆入り初日と二日目が、最も弔問のお客様が多いのです。 弟妹達が終始応対してくれたお陰で、滞りなく応対出来ました。 つくづく弟妹三人で良かったなぁ~ 助けられたなぁ~と思います。

家族揃って出来た事と言えば、「送り火」を焚く事くらいでした。 皆様もご承知の通り、御霊は胡瓜の馬に乗って「迎え火」目指して足早に帰って来ます。 そして「送り火」に見送られながら茄子の牛に乗ってゆっくりと旅立って行きます。

送り火

昨今では藁で馬・牛を模したものも多く見受けられますが、それではあまりにも御霊が可哀相。 じいさんの家庭菜園で穫れた胡瓜と茄子で、ちゃんとこさえましたよ。 母さんもその方がきっと喜んでくれた事でしょう。

ほんの5分ほど、「送り火」を焚いている時だけ、何となく母が天に召されたんだなぁ~と、実感が湧いて参りましたよ。

さて、最初に迎えるお盆を「新盆」「初盆(はつぼん)」と申しますが、当地では「新盆(あらぼん)」と称します。 同じく書いて「にいぼん」「しんぼん」と呼ぶ事もありますが、私はてっきり「あらぼん」と呼ぶのは当地だけかと思っておりました。

そしたら意外にも全国津々浦々で、その呼び方はまちまちらしいですね。 ちょいと調べてみた、NHKのアナウンサー様方の呼称指針でも、全国統一とした呼び方は規定していないそうです。 どうしてこのように呼び方がまちまちになってしまったのかは、未だに解りませんが、このように呼び方に地域性があるのは、日本の地域文化が豊かである事の表れだと思います。(^^)




暫くBlogの更新が滞っているうちに、いつの間にか220,000PVをカウントしておりました。 度々、様子を見に来て下さっていた皆様、ありがとうございます。 以前のように、一日一題という訳にはいかないと思いますが、少しづつピッチを戻して行きますネ。 

ビビリ猫

午前中の配達から帰ってくると、飼い猫・ニャオの鳴き声が聞こえました。 まあ、普段からニャ~ニャ~と、良くお喋りする猫なんですけどね。(^^;) あんまり鳴かない子も多いと聞きます。

さて、車から降りて、歩道にでもいるのかと目を配せたら、頭上から

「ニャ~~~~ン

と声が…

ニャオ 地上2m

自動販売機の上に陣取っておりました。(^^;) 高さは2mほどありますが、多分塀伝いに登ったんでしょうね。 ま、特に驚くほどのことではありませんが、自動販売機でお買い物をしているお客様には、ちょっとした驚きだったりします。 まさかニャンコが自動販売機の上から見下ろしているとは気付きませんからね。 突然「ニャ~~~~ン」と鳴かれて、驚かれる姿を度々見ています。

今回はどうやら、下に降りたいけどイマイチ踏ん切りが付かない様子…

ニャオ 飛び降り棄権

おっ?行くか! と思ったら、尻込みしたりして…(^^;) ニャオが若かりし頃は、何の躊躇もなく、一気に飛び降りたものです。

ニャオ 緊張すると鼻が乾く?

緊張の余り、鼻の乾くのでしょうか?(笑)

程なく、無芸大食倅が部活動から帰宅して参りました。 家族全員が揃ったところで、大取のニャオ、いよいよ意を決して…

ニャオ 壁走り

何だよ、その降り方!(爆) まるで自動販売機を壁走りしているかのようです。(^^;) 

旧盆近づき、路上注意

早い! もう盆休みに入った旧友が帰省して来ましたヨ。(^^;) 約10日間の休暇だそうです。 どっぷりと自営業に身を置く無芸にとっては、10日間もの長期休暇なんて、どのように過ごして良いか見当も付きません。

そして、この時期になると、故郷へ帰省してくる家族連れのみならず、普段は街中に車を乗り入れない運転に不慣れなドライバーさん達も、市内繁華街で良く見受けるようになります。

その運転を一見すれば、不慣れであるかどうかは分かります。 交通量も増えるし、道も入り組んでいて、一方通行などの規制も多い場所です。 道を探しているウチに、赤信号を見落として突進してしまったり、一方通行を逆進して来たり、狭めの道路で対向車と鉢合わせして動けなくなってしまったり…(^^;)

ま、例年のことですので、特に驚くこともありませんし、腹を立てないようにいつもよりも更に自制心を持つようにしています。 お盆明けまで暫くは、より一層の自己防衛運転を心掛けねばなりません。

さて、先週末のこと、青森県から旧友が遊びに来ました。 お仕事出張の序でに立ち寄ってくれましたヨ。(^^) 彼とは30年近いお付き合いですが、学生時代とあまり変わらないままのキャラが、何とも嬉しい限りです。

止めどもないハナシで一晩ご一緒してたら、彼の携帯電話が相当なヴィンテージものである事が分かりました。 ご一緒の二人の旧友は工業系の人。 早速その話をネタに一晩中ジリジリと彼をイジり倒しました。(爆)

明けて翌朝。 青森の彼は、“悪いお友達”にそそのかされて、最新型の携帯電話に機種変更をして来ましたヨ。(笑) なんでまた、住まいから500kmも離れた場所で機種変更するかな…

お家に帰った彼から先ほどメールがありましたヨ。

「ワンセグの設定をしようとした映らん… テレビ局に聞いたら、まだ地デジが始まっていないとさ…」

まぁ、2011年まで待てば、そのうち始まりますヨ(爆)




本日の朝スパ。

「鳥挽肉のそぼろとなめ茸の和風スパゲッティー」

無芸作 鳥そぼろとなめ茸の和風スパゲッティー

落ち着いてきたら、もちっと長いお話しなど…(^^;) 

お役御免

ふぅ~~~(^^;) やっぱりこの時期は、更新のピッチが上がりません。 暫く牛歩更新になりそうですが、どうか見捨てないで下さい。(笑)

さて、5日の夜のこと、当家の目前にある歩道橋が、道路拡幅のため解体されました。 2車線分拡幅になる為、架け替えされる予定です。

解体工事は午後10時半くらいから始まりました。 歩道橋が架かる国道4号線も一時通行止めです。 何も知らずに通りかかったドライバーさん達は、さぞかし当惑された事でしょう。

若葉町交差点歩道橋解体工事

この歩道橋は、無芸の記憶に間違いがなければ、この街で三番目に出来た“由緒ある(?)”歩道橋です。 多分昭和40年代半ばの事だったと思います。 日本のモータリゼーションが一気に加速した頃ですね。

一番最初は国道4号線と桜通り交差点の歩道橋。 次いで同じく国道4号線沿い消防署前交差点の歩道橋。 先の二箇所は、共に地下道化などにより、当初の姿から変貌、廃止となっておりますが、当家の目前の歩道橋だけは、建設当時の姿を止めておりました。

若葉町交差点歩道橋解体工事

無芸は勿論、当家の子供達も、この歩道橋を使って通学していたものです。 多分完成の折には、「渡り初め」などのセレモニーも行われたであろうこの歩道橋。 お役御免となったものの、その労を労うようなセレモニーは一切行われませんでした。 何だか可哀相ですね…(^^;)

そんな訳で、その姿を納めておこうと以前も写真撮影しておりました。 もしかすると子供達が成長した時に、懐かしい心象風景として思い起こしてくれるかも知れません。 そんな訳で解体当日、深夜にその風景を撮影していたのですが、流石に他には誰一人写真を撮っているような酔狂な人はおりませんでした。(苦笑)

あっ、そう言えば一人だけいた。。。 現場監督!(爆)

若葉町交差点歩道橋解体工事

5日の夜は、階段部分の解体だけで終了。 跨橋部分は翌日6日の夜に解体されました。 何だか跨橋部分だけが残されていると、まるで神社の鳥居のような…(^^;)

そして今日、すっかりその形跡を消し去ってしまった歩道橋。 国道4号線を通りながら、40年来見慣れていた光景から一転、とてもスッキリとした風景に変貌していました。

新しい歩道橋が架けられるのはこの秋。 さて、「渡り初め」なるセレモニーは行われるのかな? 

自由と礼儀

お久しぶりです。 暫く多忙で、更新出来ませんでした。(^^;) 月明けの1日金曜日は熾烈だったぁ~ 暑さに加えて詰まった仕事… 仕舞いには倉庫の段差につま先を引っかけて、ドワッと転倒する始末… 微妙な足の上げ下げさえも出来なくなっていたようです。 これは体力の衰えか?(笑) とにかく気をつけて仕事をしなくちゃね。

さて、先ほど駅前「吉牛」でおやつ代わりにちょいと食事などを… すると真っ正面に年の頃合い16・17歳くらいの女の子の二人連れが席を取りました。 別に何の変哲もない、普通の出来事です。

その女の子達は、ちょいと派手目なコス系のお召し物。 おじさんならずとも、ちょっと目がいってしまいそうです。(^^;) 聞くともなく聞こえてきた女の子達の会話。

「うわぁ、美味しそうだねぇ~♪」

今時「吉牛」のメニューを眺めてそんな風に言う若者自体が珍しかった…(^^;)

「ご注文はお決まりですか?」

お決まりの店員さんの声に、ちょっと恥ずかしげに首を横に振る少女。 ほんの10秒くらいだろうか? 女の子は

「牛丼並盛りを二つお願いします。」

これも別に何の違和感もないやりとりです。

暫くすると二人連れの相方が化粧室に立ったようです。 そして程なく注文品が彼女たちの席へと運ばれてきました。 席に残っていた女の子は、目前の注文品に一切手を付けません。 どうやら相方が戻ってくるのを待っているようです。

「早い・うまい・安い」が売りのお店で、こんな風景はちょっと珍しくもあります。(^^;) 普通のお客様なら、相方が席を離れていても、何の躊躇もなく自分の注文品を一気呵成に食べるのが普通ですもん。

相方の女の子が戻ってくると、ようやく箸箱から割り箸を手に取り、まるで相方の動作に合わせるようにとてもスマートに立ち振る舞っていましたヨ(^^) そしてお箸で一口、小さな声で、

「おいしぃ~♪」

相方と顔を見合わせて満面の笑顔。 そっか、おいしいか(^^;) 「吉牛」でそこまで美味しそうに牛丼を楽しんでいる女の子に出会ったのは初めてだわ。 きっと親友と一緒に食べるから、尚更美味しいんだよね。(^^)

コス系の衣装を身に纏って、これまたド派手なコス系メイクをした女の子。 応用力に欠けてきたおじさんが何の予備知識も無しに出会ったら、「どんな親御さん?」って思っちゃいそうだけど…

服装は自由に子供の意思を阻まず、礼儀作法はちゃんと躾けられているご両親。 今回ばかりは違った意味で親御さんってどんな方?って思っちゃいました。(^^;)




昨日は母の49日の法要を行いました。 早いものでもう一月。 何だかアッと言う間でした。 昨日は今年一番の暑さでしてね。 そりゃあもう大汗をかきましたヨ。(^^;)

そもそも無芸も準備が悪くて、朝方身支度をしていたら、半袖のYシャツ襟周りが…

「うっ?! きっ、キツイ!( ̄~ ̄;)」

久しぶりに取り出した半袖のYシャツは、膨張を続けてる無芸の躰にそぐわなくなっていました。(自滅) あわわ、どうすべ?? 今更買いに走る訳にもいかないし…

仕方なく長袖のYシャツに変更! 自滅一直線! 外の気温は33℃!(爆)

アハハ、エライ目に遭ってしまったわい。(恥)

お集まり頂いた親戚の皆様、本当にありがたかったです。 おじ様、おば様、いとこ。 幸いにして菩提寺の本堂は空調が整っており、しかも正座では無く椅子に座れるようになっていました。 思い出しましたよ。 葬儀や法要での読経=正座で足がシビレるの法則。(^^;) そんな目に遭わずに良かった良かった。

母の昔の写真を集めて、パソコンに取り込み、デジラボで焼き直した写真。 アルバムに収めて、ちょっとした写真集に編集して持って行きました。 皆さんに見て頂き、沢山の思い出話をお聞かせ頂けました。(^^) 家族にとっては、最高の供養になりました。

阿弥陀寺ニャンコ

菩提寺で飼っていたニャンコもお出迎え。(^^) 和猫かと思ったら、お目々が碧いのね(^^;) 多分♂でしょう。 堂々とした体格だし、物怖じしないニャンコでした。 やっぱりニャンコは萌え~~~~o( ^_^ )o