FC2ブログ

昔の写真が教えてくれる事

いやぁ~~~~、今日も暑かったぁ~~! 梅雨明けどころか、梅雨はどこへ行ったのか?ってくらい、真夏の陽気でした。 本日の当地の最高気温は、33.2℃。 空には立派な入道雲が出ていましたヨ。(^^;)

子供達は今日が一学期の終業式。 いよいよ待望の夏休みです。 平年でしたら、いや、昔は夏休みが始まる頃には梅雨明けだったんですけどね… やはりこのところ、気候サイクルがおかしくなってますね。

さて、この一週間ほど、空き時間を見つけては、亡き母の写真を集めて、パソコンで再生処理を行っています。 色あせたモノクロ写真の再生は、かなり楽に出来るものの、カラー写真は結構難しいものです。 それでもパソコンが一般的になっていなかった10年前なら、到底素人が手出しできなかった作業が、恐ろしく楽に行えるようになりました。

懐かしい写真もあれば、無芸が知らなかった写真まで、結構な枚数が出てきましたヨ。 後日写真を選り分けて、デジラボでアルバムを作製しようと企んでおります。(^^) 両親の歴史は、お店の歴史そのものです。 無芸がこの世に生まれた年に、酒類小売免許を取得しているからです。 私の年齢=創業年数という訳です。 それ故に、無芸は家業に特別な思いが染みこんでいるのです。

1964年当時

この写真は1964年当時のものです。 母に抱かれているのは無芸大食妹です。 この当時は、まだ借家での事業でした。 あまり沢山の記憶はありませんでしたが、写真の再生作業をしていると、様々な当時の事情が見えてきました。

創業当時は、なりふり構わずありとあらゆる商材を取り扱っていたとは聞いておりましたが、その様子が端々に見受けられます。 写真の左側に写っているのは「炭俵」ですね。 灯油の取次販売をしていたのは覚えておりましたが、それよりも遙か昔に炭まで商っていたんですね。(^^;)

写真の右端には「花鰹」のダンボール箱。 店内にはアイスクリームの冷凍庫。 缶詰が所狭しと並べられた棚。 右上に見えるお店の看板には、開業当時の住所と屋号。 「やまいわ」という屋号は、当家の本家筋が代々受け継ぐもので、今では分家筋も含めて、その屋号を声高に主張する家はなくなりました。

無芸はこの「やまいわ」の屋号が、今更ながらとても愛おしく思えて… 今では同族で誰一人主張しなくなってしまった屋号。 とても寂しいものですね。 20年ほど前、本家の菩提寺に残る墓石に刻まれた元号を調べてみたら、250年以上前のものが確認できました。 自分のルーツを垣間見た気がしました。

初代は何振りかまわず、ひたすら事業に打ち込むものとは良く言われますが、この写真が無言で伝えてくる迫力は何なのだろう? 時代が変わり、商いのありようが変貌しても、変わらぬ何かを見せつけられた気がしました。 やはり両親は偉大です。