スズメ救出作戦

子供達は只今夏休み。 小学生の娘は、毎朝元気に(?)ラジオ体操に出動しておりますヨ。(^^) 当然、無芸の小学生時代にも「ラジオ体操」はありましたが、精々初っぱなの二日くらい出て、その後はスルーでしたね。(^^;) 無芸大食倅も、私ほどでは無かったにせよ、結構パスしておりました。 その辺の強制力はないにせよ、暗黙のお約束事には、女の子の方が忠実なのでしょうか?(^▽^;)

さて、今朝方の話です。 今日も「ラジオ体操」に出掛けるために、一人早起きした無芸大食娘。 家の外では、朝帰りの飼い猫・ニャオがお待ちかねだったようです。 ニャオの気配を察した無芸大食娘が、家のドアを開けて迎え入れると、何とお土産付きでした! そのお土産は…

スズメです!\(〇O〇)/ (チュンチュン)

捕らえてきたスズメを、家の中で放しちゃったから、さぁ大変!

逃げまどうスズメ!

追い回してジャンプするニャオ!

パニくる無芸大食娘!


無芸家は時ならぬスズメ騒動で、一家全員緊急起床です。ヽ(´~`;) 窓際のカーテン裏に身を隠したスズメを狙って、ハンター・ニャオが迫ります! おいおい、勘弁してくれ…(;-_-;)

取りあえずニャオを抱き抱え、戸外へ強制排除! スズメの救出作戦の開始です。

部屋中を飛び回られてはかなわないので、取りあえずスズメ君には窓とカーテンの間に落ち着いて貰い、ゆっくりと窓を開いてあげると、パタパタパタ… と羽音が。 どうやら無事に生還出来たようです。(^^;)

程なく「ラジオ体操」から帰ってきた無芸大食娘と一緒に、ニャオも家の中に戻りました。 あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。

アタシの捕まえてきた獲物はどこ?C= C= C= (((((((∧`´)∧

ハハハ、もうおらんわい!( ̄ー ̄) 家の中で狩りの実演を見なくて済んでホッとしました。

ニャオ

お陰で今日は妙に眠い…zzzz 

漬け物初挑戦

昨日の日曜日は、夕刻からゲリラ豪雨に見舞われました。 無芸一家は、丁度雨の降り始めの頃に、ご近所の大型書店へと出掛けまして、見事にヤラれちゃった訳でして…(^^;) 主要国道49号線の某所でも、冠水のため通行が困難になっていたほどです。

雨のピークが過ぎてから帰宅してみれば、配電盤のブレーカーが落ちていました。 多分遠からぬ所で落雷があって、一時停電していたのですね。(^^;) 直接の落雷被害は見られませんでしたが、ご近所の会社では、ネット通信とIPフォンが不通になってしまったそうです。 通信機器関係に、トラブルが出ちゃったんですね。 ウチは幸いだったと言う事でしょう。

明けて本日、昨夕のゲリラ豪雨の被害実態が現実のものとなってきました。 ナント、駅前一帯が冠水していたそうで、深いところでは膝くらいまで水位が上がっていたと言います。 そんな訳で、午後からはお得意先様を訪問しつつ、日開野ほどを伺いながらのお見舞い廻りとなりました。(^^;)

「無芸さん、いやヤバかったんですヨ! 土嚢を積んで雨水の浸入を防いでたんですけど、水が建物の横から回り込んでしまって、壁際から浸水しちゃいましたわ… オマケに下水も逆流しちゃって、仕事どころじゃありませんでした…ヽ(*ヘ*)ノ」

あぁ、ナント気の毒な… こんな事態は、そうそう起きるものではありませんが… てか、ゲリラ豪雨なんてもの自体が、以前は無かったんだよなぁ~




さて今日はBlog仲間の小鉄さん(URL)がご訪問下さり、手土産にと沢山のお野菜を頂戴しました。(^^) ありがたいことです。

頂き物の中に胡瓜があった! そう、「板前料理 膳」の親方から教えて頂いた、「胡瓜のビール漬け」を作る、絶好のチャンス! 何せ、ビールには事欠かないからネ(^_-) そんな訳で、倉庫の中から、ばあさんが愛用していたタッパーを持ち出して、親方レシップを再現してみました。

胡瓜のビール漬け

助手・無芸大食娘(笑) 私の武骨な手よりも、美味しく出来上がりそうでしょう? お砂糖と塩、ビールを混ぜ合わせます。 当然アワアワです。(笑) ちょいと舐めてみましたら、ウン!こりゃあ美味しくなりそうだ。(^^)

胡瓜のビール漬け

マリネ液(?)が出来たら、後は胡瓜を並べて、重石を掛けて二昼夜待ちます。 さて、美味しく出来るかな?o(*^^*)o 
続きを読む

かど壹 (かどいち) ~郡山市駅前~

昼の部が15時までと、無芸にはとてもありがたいラーメン屋さん「かど壹」です。 何せメニューの数が多いもので、未だに全制覇に至っておりません。(^^;) 通り掛かりに、料理人・I君と目が合うと、ついそのまま店内に… 意志が弱いのか? それとも人並みに後輩が気になるのか? 毎回新しい味と出会えるのが楽しいのか? まっ、全部かな(^^;)

「二段仕込みラーメン こってり醤油味 (680円)」

かど壹 二段仕込みラーメン こってり醤油味

相変わらず麺の茹で加減は完璧。 湯切りも申し分ありません。 中細ちぢれ麺が、心地好く舌の上に踊り、しっかりとスープも絡んできます。 丼を覆い尽くす背脂は、お客様のテーブルにラーメンが届いたところで、別の専用鍋で温めておいて、目前で豪快に注ぎ入れられます。

見るからにコッテリなのですが、意外にもしつこさは感じません。 背脂のチュルッとした食感が一興。 丁寧に取られたスープは、エグ味や臭みは全くありません。 醤油のカエシは、ちょっと甘味を感じさせ、チャーシューの煮汁っぽさを思わせました。 「懐かしテイスト」ですから、アリでしょうね。(^^)

「塩味海鮮あんかけごはん (ランチ限定 100円)」

かど壹 ランチのセットごはん 塩味海鮮あんかけ

ランチタイム限定の、100円ごはん食べ放題は、無芸の味方!(^^) あ~~~~、でもお代わりしません。 最近、徐々に食べられる量が減ってきている気がします。 ま、年なりって事でしょうか。

アッサリ塩味のあんかけは、「魔法の白い粉」を感じさせない、素直なお味です。 相変わらず主役のラーメンを邪魔しません。




別な日になりますが、夜の部も行ってみました。 時刻は午前零時過ぎ。 週中と言うこともあり、流石に繁華街も人気は少なかったのですが、何故か店内は大賑わい!Σ( ̄□ ̄;)

「わわわ? 何だぁ~?」

あっ、思い出した… 「かど壹」のグループ店主催で、ゴルフコンペがあったんだっけ…(^^;) てな訳で、店内には何人か無芸のお友達も… 何か変な気分。(^。^;)

まずはビール。(^^) そんでもって、コレ!

「一口パリパリ餃子 二人前 (280円X2)」

かど壹 一口パリパリ餃子

夜の部限定なんですよねぇ~♪ 料理人・I君の手作り餃子ぁ~~~! おつまみに丁度の大きさ。 何気に羽根付きですが、薄めの皮に包まれた餡は、ちょいとジューシーだったりして。 一人前・八粒で280円は、なかなかお手頃です。(^^)

何だか頭がグラグラするぞぉ~ さては「板前料理 膳」で、しこたま日本酒を飲んだからかなぁ~? と、思ったら

「おっ、地震だ!(◎-◎;)」

の、声が… 「岩手県北部地震」の発生でした。 そんなに揺れている気はしなかったけど、キッチンに積み上げられていた丼が良い音を出していましたヨ。(笑) ハハハ、変な悪酔いじゃ無くて良かったです。

「二段仕込みラーメン 澄まし合節醤油味 (680円)」

かど壹 二段仕込みラーメン 澄まし合節醤油味

〆のラーメンが登場。 先の「二段仕込みラーメン こってり醤油味」と同様に、お客様の目前で専用の小鍋から「合節スープ」を掛け回します。 周囲には合節の香ばしい香りがブワッと広がります。

ほほぉ~~~、こりゃあ酒席の〆には持ってこいですね! 思い切り節節してますヨ。 合節の旨味と自然な甘味、絶妙のカエシがマッチしていて、満足の一杯でした!(^^)




かど壹
福島県郡山市中町12-9 1F
電話;024-923-9177
営業時間;(昼の部) 11:30~15:00 (夜の部) 17:00~翌3:00
定休日;無休 

板前料理 膳 ~福島県郡山市駅前~

一昨日のこと、群馬県の清酒蔵元の弊店担当者様がお出でになりました。

「無芸さん、今夜の宿が決まっていません!」

「はぁ~~~? 予約しないで来ちゃったんだぁ~( ̄。 ̄)」

「ええ… まっ、平日だから行き当たりばったりで取れるかなぁ~と…」

「いやいや、ビジネスホテルは平日だから混んでるんじゃん!(爆)」


有名な温泉地がひしめく、群馬県民ならでは感覚??(^^;) 確かに温泉旅館ならそうでしょうけど、地方と言えども商業都市のビジネスホテルは真逆ですヨ。 慌てて蔵元さん達の常宿に問い合わせてみると、案の定全館満室! 駅の東口にある、チェーンのビジネスホテルが何とかセーフで、取りあえず一安心。(^^;) 一度チェック・インして貰って、後から酒席をご一緒する事にしました。

さて、どこへなだれ込む? 普通に考えれば、その蔵元のお酒を取り扱って下さる飲食店さんを訪問するのが定石ですが、「新規開拓」の名の下に、まだ顔を合わせたことのない飲食店さんにお伺いするのも良かろう。 と、言うわけで、蔵元営業君も大賛成で、無芸もまだお伺いしたことの無かった「板前料理 膳」さんへと向かいました。(^^)

このお店のご店主様、女将さん共に、非常にキャラの立った方でして、そこに集うお客様方も、かなぁ~~り濃ゆい方々が多そうです。(笑) 何とかカウンター席の一角に滑り込めましたヨ。

先ずは生ビール! サッポロ生がお薦めです。(^^) イイですねぇ~ 酒屋者が喜ぶチョイスです♪ 間もなく本日の付きだしが登場。

板前料理 膳 付きだし

げそ揚げ、煮ツブ貝、胡瓜の漬け物。 ところがです。 この胡瓜の漬け物が、今まで食べたことのないお味! 甘くてコクがあるんですよね。 親方にお尋ねしてみたら、ビール漬けだとの事。 ほぉ~~~~(^◇^ ;) それは初めてでした。 無芸、気に入って、その後もリクエスト致しましたヨ。

板前料理 膳 刺身盛り合わせ

お連れ様が「〆鯖」を所望致しましたが、生憎売り切れ! 鮃の刺身をお願い致しましたら… あらら… 親方のお心遣いで、盛りあわせになって登場です。 ありがとうございました!

板前料理 膳 ガゼウニ

ガゼウニなんて、久しぶりに口にさせて頂きました! うまぁ~~~~でした!(@^∇^@) お造りに箸を延ばし始めた頃、またお客様が…

ん? あれれ…(^^;) なんと、金寶自然酒の仁井田本家の副杜氏・菊ちゃんぢゃありませんかぁ~~♪\(^ ^)/ 

菊ちゃん、県外出張からの帰り足に立ち寄ったんですね。 以前から「一献ヤリましょう!」と言い交わしながら、なかなか機会に恵まれなかったのですが、予期せぬタイミングで同じ店。 てな訳で、菊ちゃんのお隣に移動~(笑)

ビールでの「うがい」は終わったので、清酒~~~! 先ずは菊ちゃんちの吟醸。 うまぁぁ~~~~♪(*^_^*) 良い仕事してます! 菊ちゃんお薦めの、三春町の「あぶくま」、うまぁぁ~~~~♪(@^∇^@) この日入荷したばかりの「越乃景虎 初呑切り」、うまぁぁ~~~~♪ρ( ^o^)b て、一体ナンボ飲んだのか覚えていません(笑)

板前料理 膳 ばくだん

携帯電話で撮ったから、盛大に白飛びしちゃっているけど「ばくだん」です。 ガシガシと混ぜ合わせて、酒肴に持ってこい!

板前料理 膳 揚げ物盛り合わせ

そんでもって、ヤッパリ無芸には油分が無いと…(自滅) ゴーヤに挽肉を鋳込んだフライ、美味しゅうございました(^^)

板前料理 膳 レバーカツ

貧血気味の貴女の為に… レバーカツ! 思わずビールに逆戻りしそうになっちまった(爆) 気が付けば既にお店の閉店時刻を過ぎておりました。 親方~、遅くしちゃってゴメンなさい! また遊びに行きいます!




板前料理 膳
福島県郡山市駅前2-7-7
電話;024-924-3410
営業時間;17:30~23:30 (LO=23:00)
定休日;日曜・祝日
Blog(URL) 

光り輝く大納言

先週末の事、無芸のワインのお師匠様が、母の弔問に来て下さりました。 週末のことで、無芸は仕事でイッパイイッパイ。 結局、折角おいで下さったのに、お目に掛かることも出来ませんでした。 何とも出来の悪い弟子でございます…(-_-;)

お師匠様からのお土産が、ポソっと… 流石にお師匠様。 いつも絶品のお土産をお持ち下さります。 ありがたく包みを開いてみると、「一元屋」「きんつば」でした。 きっと名のある銘菓に違いないと、ネットで調べてみると、ヤッパリ…(^^;) いつも行列必至と言われる名店だそうです。

特にその「きんつば」は、多くのファンが付いておられるようです。 Bloggerさん達のコメントを読んでみると、なになに?

「光り輝く大納言!」

はぁ?? 光り輝く大納言ですと?( ̄□ ̄;) そんなの聞いたこと無いヨ。 と、いう訳で、早速一つ頂いてみました。

一元屋のきんつば

ほぇ~~~~(^◇^ ;) 本当に光り輝いている! 一体どうなってるんだぁ?

大納言の一粒一粒が、しっかりとした食感を残していて、上品かつ控え目な甘さと、程良い塩加減が絶妙です! 我が地元では、これだけ突出したレベルの「きんつば」はお目に掛かったことがありません。 流石、お師匠様!(笑)

後に聞いた話では、お師匠様はその後、お隣の県庁所在地に立ち回られて、健康診断を受診なさったといいます。 お師匠様は、糖尿病を患っておられるのですが、食事療法でかなり改善され、今では巧く付き合っているそうです。

その指導をして下さった信頼を置くドクターの許へ。 そして、健康診断の後に、そのドクターと一杯楽しまれていたそうです。(^^;) ハハハ、豪快ですね…




一元屋
東京都千代田区麹町1-6
電話;03(3261)9127 

俺って、どんだけスパ好きなんだろう…(滝汗)

記事を書こうと、撮り貯めた写真を開いていて気付きました。 この一週間で、4回もスパを作っていた…(^^;) 簡単にバリエーションが増やせて、あり合わせの食材だけでも、いろいろな味が楽しめるのも事実ですが、ドン!と食べた気になれるのが満足なんですよね。

そんな訳で、ちょっと自嘲気味に連作を…

「無芸作 茄子のナポリタン」

無芸作 茄子のナポリタン

無芸の家族は茄子が苦手。 そんな訳で“一人ごはん”の時でも無いと食べられません。 苦手の理由を聞いてみると、アクっぽさがダメダメらしい。 私は全く気にならないのですが、苦手な人にとっては、堪らなくイヤなんでしょうね。(^^;)

「無芸作 鳥挽肉とエリンギ茸のバター醤油スパゲッティ」

無芸作 鳥挽肉とエリンギ茸のバター醤油スパゲッティ

鳥挽肉にどっさりエリンギ。(^^) バター醤油味は、子供達のお気に入りです。 カイワレ大根をトッピングして、小サッパリと頂きました。

「無芸作 角切りベーコンとエリンギのトマトチーズスパゲッティ」

無芸作 角切りベーコンとエリンギのトマトチーズスパゲッティ

分厚いステーキ用のベーコンを見つけると、ほぼ脳髄反射のように買い物カゴに入れてしまいます。(笑) ショルダーベーコンよりも、バラベーコンが好き♪ しっかりと炒めてゆくと、あの脂身から得も言えぬ滋味が広がってきます。

生クリームとトマトソースを合わせると、ちょっと重くなりますので、今回はマスカルポーネチーズをソースに合わせて、軽めの味わいに仕立てました。 トッピングはイタリアンパセリ。 うまぁ~~~♪ 

中国飯店 なるきの冷やし中華 ~郡山市富久山町~

昨日は真夏日にはならなかったものの、湿度がメチャ高くて、すんげぇ暑かったっス(>_<) 梅雨特有の蒸し暑さに、さすがにヘロヘロになりましたよ。

明けて今日は、気温はしっかりと上がったものの、湿気が少なくなり、風も吹いてくれたので、だいぶ凌ぎやすかったです。 世の中は今日から三連休。 子供達も夏休みが始まり、何ともまったりとした休日気分を満喫なさっているご家庭も多いかと思います。

今日の外ごはんは、度々登場している、タンメンの名店「中国飯店 なるき」です。 カウンターに座すると、相変わらずタンメンの人気が高いようです。

でも、今日は熱い麺はちょっと遠慮して…(^^;)

「冷やし中華大盛り (900円)」

中国飯店 なるき 冷やし中華

「中国飯店 なるき」「冷やし中華」がネットに登場するのは、初めてでは無いでしょうか? 強烈な名物があると、なかなか他のメニューは紹介されないですもんね。(^^)

見ての通り、クラシックな出で立ちですが、お味の方も、昔ながらの伝統の味わいです。(^^) 今風のお野菜タップリ+マヨネーズといったタイプではありませんが、これが無性に食べたくなります。

マスター曰く

「マヨネーズありますか?って良く聞かれるけど、マヨネーズなんて掛けたら、キモチ悪くない?」

アハハ…(^^;) いや、コッテリ感が加わって、それはそれで美味しいんですけどね。 お料理人さんの感性では、イマイチ納得出来ないようです。

ともあれ、「中国飯店 なるき」の「冷やし中華」は、大盛りにしたら、ちょいとしたデカ盛りで登場します。 昔はもっと小山のようだった気がします。

中国飯店 なるき 冷やし中華

こいつは“天地返し”が効きませんので、タレに浸った部分をほじくり返しながら食べます。(笑) 食べても食べても、減りません。(爆) お陰で無芸の胃袋も、しっかりと満足出来ます。 30年以上、その味わいを変えない伝統の味。 親子三代でお世話になっているのが、何だか嬉しかったりします。(^^)




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日 

昔の写真が教えてくれる事

いやぁ~~~~、今日も暑かったぁ~~! 梅雨明けどころか、梅雨はどこへ行ったのか?ってくらい、真夏の陽気でした。 本日の当地の最高気温は、33.2℃。 空には立派な入道雲が出ていましたヨ。(^^;)

子供達は今日が一学期の終業式。 いよいよ待望の夏休みです。 平年でしたら、いや、昔は夏休みが始まる頃には梅雨明けだったんですけどね… やはりこのところ、気候サイクルがおかしくなってますね。

さて、この一週間ほど、空き時間を見つけては、亡き母の写真を集めて、パソコンで再生処理を行っています。 色あせたモノクロ写真の再生は、かなり楽に出来るものの、カラー写真は結構難しいものです。 それでもパソコンが一般的になっていなかった10年前なら、到底素人が手出しできなかった作業が、恐ろしく楽に行えるようになりました。

懐かしい写真もあれば、無芸が知らなかった写真まで、結構な枚数が出てきましたヨ。 後日写真を選り分けて、デジラボでアルバムを作製しようと企んでおります。(^^) 両親の歴史は、お店の歴史そのものです。 無芸がこの世に生まれた年に、酒類小売免許を取得しているからです。 私の年齢=創業年数という訳です。 それ故に、無芸は家業に特別な思いが染みこんでいるのです。

1964年当時

この写真は1964年当時のものです。 母に抱かれているのは無芸大食妹です。 この当時は、まだ借家での事業でした。 あまり沢山の記憶はありませんでしたが、写真の再生作業をしていると、様々な当時の事情が見えてきました。

創業当時は、なりふり構わずありとあらゆる商材を取り扱っていたとは聞いておりましたが、その様子が端々に見受けられます。 写真の左側に写っているのは「炭俵」ですね。 灯油の取次販売をしていたのは覚えておりましたが、それよりも遙か昔に炭まで商っていたんですね。(^^;)

写真の右端には「花鰹」のダンボール箱。 店内にはアイスクリームの冷凍庫。 缶詰が所狭しと並べられた棚。 右上に見えるお店の看板には、開業当時の住所と屋号。 「やまいわ」という屋号は、当家の本家筋が代々受け継ぐもので、今では分家筋も含めて、その屋号を声高に主張する家はなくなりました。

無芸はこの「やまいわ」の屋号が、今更ながらとても愛おしく思えて… 今では同族で誰一人主張しなくなってしまった屋号。 とても寂しいものですね。 20年ほど前、本家の菩提寺に残る墓石に刻まれた元号を調べてみたら、250年以上前のものが確認できました。 自分のルーツを垣間見た気がしました。

初代は何振りかまわず、ひたすら事業に打ち込むものとは良く言われますが、この写真が無言で伝えてくる迫力は何なのだろう? 時代が変わり、商いのありようが変貌しても、変わらぬ何かを見せつけられた気がしました。 やはり両親は偉大です。 

今年も実りました!

業務連絡です。(笑) 毎年お取り次ぎをしている、中田町の矢板ブルーベリー園さんのブルーベリーが、ようやく出荷体制が整いました。(^^)

今年は梅雨の遅れに加えて、朝夕の気温が低めに推移した為、例年より果実の色付きが大幅に遅れ、前半の出荷量は例年の半分以下となっておりました。 今週に入り、ようやく果実が成熟し始め、例年並みの出荷体制が整いつつあります。

ブルーベリー


大粒の早生種は、残念ながら壊滅的な状況となってしまいましたが、今出荷が最盛期を迎えつつある通常品種は、風味が鮮烈で、清々しい酸味が効いており、大変バランスの良い味わいとなっております。

農作物が一様に高値水準が続いている中、矢板ブルーベリー園さんの価格は、市況価格の約半値となっております。 出荷は今月いっぱい続くと思われますので、ご購入希望のお客様は左側のフォームメール、若しくは「無芸の仕事場」からお問い合せ下さい。(^^)




と、久しぶりにBlogでお仕事絡みの御案内をしてしまいました。(^^;) ご無礼をお許し下さい。

さて、昨夜の当家の夕食は、何故か知らねど「海老祭り」になりました。(^^;) もともと夕食用にと、解凍むき海老でエビマヨの献立を予定していた無芸大食妻。 そこに妹からの差し入れで、今度は頭付きの海老がやって来ちゃいました。 さあ、どうするヨ? 海老祭り、する?(笑)

人気テレビドラマ「CHANGE」の最終回を横目に見ながら、海老の下処理を進めていると、当然のようにアイツが寄ってきます。

ニャオ


もう大変! 普段は登らないテーブルにもよじ登るし、台所で葱を刻んでいても伸び上がって覗くし(爆) ウチの飼い猫・ニャオは、やはり甲殻類には滅法弱いですな。

無芸調理で、「エビマヨ」「エビチリ」完成です。 ただし、写真は無しです。(^^) 待ちきれずに食べちゃった(爆) 海老の頭は味噌汁にしちゃいましたよ。 ひたすらおこぼれを待ち望んでいたニャオです。 無芸大食妻が「エビマヨ」のソースを抜いて与えてみると…

くんくんしただけで無視しやがった!(爆)

何だよオマエ!(^^;) あんなにおねだりしていたのに! 結局は、味噌汁の出汁に使った、海老の頭を与えてみたら、爆食ですよ! アンタ、意外と安上がりなのね…(^^;)

ニャオ


メル友さんから、ニャオの近況は如何に?とのお問い合せがありました。 この通り、元気です!(^^) 和猫風の首輪は、ちょいと暑苦しそうだったのでお休みして、細身のヤツに付け替えました。 お外歩きをするニャンコなので、首輪には反射剤塗料が仕込まれています。(^^) 

アジアン・マーケット デコレ ~福島県田村市船引町~

日曜日のお出掛けランチ。 例によって、随分と遅い出発となりました。(^^;) 無芸大食妻のリクで、

「カフェ系のランチ~~~!」

と、言うことで、いろいろと探してはみたものの、何せ世間のランチタイムからはズレちゃってます。(笑) 本当なら、オサレなお店でと言うことですが、今回は宿題となっていた船引町の「アジアン・マーケット デコレ」へGO!

アジアン・マーケット デコレ


久しぶりの訪問でしたが、いつの間にか駐車場が拡幅されていて、道路際から店内へアプローチ出来るようになっていました。 駐車場側に併設のレストランが面しており、オープン・デッキでのお食事も出来るようになっています。

この日は真夏日だったので、デッキでの食事は遠慮して店内に…(^^;) アジアン雑貨に囲まれて、聞こえてくるBGMはインドネシア? 照明はかなり暗いですが、不自由するほどではありません。 無芸にとっての不自由と言えば、写真撮影くらいかな?

「ナシゴレン (680円)」

アジアン・マーケット デコレ ナシゴレン


インドネシア風炒めご飯。 デコレの看板メニューです。 甘口と辛口のテイストが選べますが、無芸大食娘にも取り分けてあげる都合上、甘口をチョイス。 こりゃあ、なかなかのお味です(*^_^*) 素直に美味しゅうございました。

ガッツリ食べたい方のために、三人前相当の「大盛り」もございます。 目玉焼きのトッピングも3個分。 ちょっとしたデカ盛りですが、お値段は優しく1,000円でのご提供です。 スープとサラダも添えられており、コスパは良好です。 加えて分かった新事実。 以前は780円だったのに、こんなご時世に100円価格が引き下げられているようです。

「インドカツカレー (880円)」

アジアン・マーケット デコレ インドカツカレー


普通・辛口・大辛口と、辛さは三段階に選べます。 初めて食べるので、無難に辛口でお願いしました。 お野菜の甘味が程良く引き出されていて、適度な辛さを巧妙にマスキングしています。 豚カツも揚げ立てで、タップリのルーが惜しげもなく掛けられています。

思ったよりもボリュームがあり、無芸でも充分に「食べた」という気にさせて頂けました。(^^) 美味かったですよ~ ご近所にあったら、ちょっと通っちゃうかな… サラダとヨーグルトも添えられていて、これまたコスパ良好でした。

「ケーキセット (500円)」

アジアン・マーケット デコレ ケーキセット


勿論、ケーキ1Cut+1Drinkです。 フォンダンショコラ、チーズケーキ、サツマイモとリンゴのパイ。 取りあえず全部!(笑) サツマイモとリンゴのパイは温かく提供されて、気分が良かったです。(^^) これまた美味しゅうございました。 手抜き無しってところが、何よりも素晴らしいです!




アジアン・マーケット デコレ
福島県田村市船引町船引字下扇田52
電話;0247-81-2215
営業時間;10:00~20:00 (夏季は21:00まで延長営業中)
定休日;無休
駐車場;沢山 

いきなり、ズッキーニかよ!

じいさんの家庭菜園には、無芸が知らぬような作物が育てられているようです。 今日は、いきなりズッキーニを収穫して来まして、これには無芸も驚きました。(^^;) その他、トマト、オクラ、インゲンetc.

ただしじいさん、ズッキーニを作ったはイイけど、どう食べて良いか分からない(爆) 丁度お昼時だったので、丸ごと無芸が預かって、速攻で調理しましたよ。(^^)

「ズッキーニとオクラのトマトソース・スパゲッティーニ」

ズッキーニとオクラのトマトソース・スパゲッティーニ


トマトは湯むきしてザク切りに。 オリーブオイルでニンニクを炒め、トマトとみじん切りの玉葱を加えます。 ドライ・バジル、白ワイン、塩コショウを入れて煮詰めます。 フレッシュ・トマトならではの新鮮味がたっぷりですが、やはりコクが出ないので、トマトピューレを加えて調整します。

フライパンでオリーブオイルでニンニクの風味をが引き出せたら、ズッキーニを入れて炒め、白ワインを加えます。 7割方火が通ったら、トマトソースを加えて、鷹の爪を少々。 スパゲッティーニが茹で上がる寸前にオクラを投入。 後は茹で上がったスパゲッティーニを絡めて出来上がりです。

トマトの湯むきの前に一分半くらい茹でて、一度冷水に取っておいたインゲンをトッピング。 動物性タンパク質を一切使わない、自家製お野菜のスパゲッティの出来上がりです。(^^)

果たしてじいさんの口に合ったのか否か?

「ズッキーニってのは、茄子と瓜のあいのこのような食感だな。」

ん… そっか。。。 確かにズッキーニだけでは、あんまり個性が見えないかもね。(^^;) 

お仕事撮り

深夜の写真撮り。 まっ、ちゃんとお仕事してますよぉ~(^^;) なかなか屋外で趣味写真を撮る機会がありませんけど、お仕事の写真撮りは茶飯事です。

今夜のターゲットはベルギービールです。 世界の国別一人あたりのビール消費量(2006年時点)を調べてみると、世界一がチェコ! 一人あたり、年間161.5Lでダントツです。 日本(53位)の3.3倍の消費量だそうです。 以下、アイルランド、ドイツ… そしてベルギーは9位で、日本の1.8倍の消費量となっています。

ベルギービールは、一際特徴のある味わい、そして歴史的背景を持っています。 国土こそ小さいものの、500以上の醸造所がひしめいています。 我々に馴染みやすいテイストのビールから、果実を使用したビール、樽で熟成させたビール、修道院で造られていた古典的な製法を今に伝える、トラピストタイプと呼ばれるもの。 とにかくバラエティーに富んでいます。

ベルギービール


しっかりとした味わいがあり、多くは常温で飲んで美味しいタイプです。 これらはワインやスパークリングワインのような飲み応えのあるものです。 あまりビールが得意ではない無芸でも、少量をじっくりと味わいで楽しめるところが楽しめます。

更に凄い事が… 国産のビールは、大抵製造から3ヶ月~12ヶ月が賞味期限と設定されているのですが…

驚異のダイアリー!


ベルギービールの中には、賞味期限20年!という途方もないシロモノも珍しくありません。(^^)

無芸のお友達曰く

「賞味期限が切れたあたりから、益々美味くなるんだよなぁ~♪」

ハハハ… そりゃ、あ~た、一体何時から囲っていたんですか??(^^;) 

「かど壹(かどいち)」の冷やし黒ごまタンタン麺 ~郡山市中町~

郡山市内繁華街に5月の連休明けにオープンした、「かど壹(かどいち)」のメニューで、是非とも食べておきたかったのが「冷やし黒ごまタンタン麺」でした。 丁度折良く訪問できたので、ちょいと攻めて来ましたヨ。(^^)

14時前に入店すると、お昼のピークタイムも一段落していて、料理人・I君も厨房から顔を出してくれました。 どうやらこの日は、地元ローカルテレビ局の取材が入っていたようで、取材に備えて早仕舞いをする寸前だったようです。

「セーフ!(^^;)」

何せこの日の昼食は、「冷やし黒ごまタンタン麺」と決めていましたからね。 断られていたら、結構凹んだかも…(笑)

早速お目当ての品をオーダーしたところ、料理人・I君が済まなさそうに言いました。

「無芸さん、ゴメンナサイ… 実は挽肉の入荷が間に合わなくて、トッピングがチャーシューになっちゃうんですけど、許していただけます?」

あらら… そうだったの? ま、イレギュラーなメニューを食べられるのも、一興ですよ。 全然OKです。(^^)

「冷やし黒ごまタンタン麺 (780円)」

かど壹 冷やし黒ゴマ担々麺


前述の通り、本来なら調理した挽肉が鎮座するべきところへ、件のトロトロバラロールチャーシューが載ってきました。 下味の付け方が全く違うので、インプレッションはあくまでも参考と言うことで。

かど壹 冷やし黒ゴマ担々麺


氷水でキリリと締め上げられた中細麺はGJ! 濃厚かつクリーミーな黒胡麻のタレが、麺にしっかりと絡みます。 担々麺と言うよりも、黒胡麻の「まぜそば」って感じかな? 無芸的には、花椒やラー油がバリ利いているHOTなテイストを予想していたのですが、これなら辛いものが苦手な方でも、全く無問題です。

本来の挽肉が載っていれば、きっと甘辛く味付けされている事でしょうから、全体のバランスは更に良くなる事でしょう。 四川料理の汁無し担々麺とは、全く違ったアプローチで、これは一つの個性として受け入れられました。

また、ランチタイム限定で、「100円ごはん」が加えられます。 セルフ方式で、ナント太っ腹にも「食べ放題」となっています。

かど壹 ランチのセットごはん


単なる白ご飯では無く、この日は五目餡がこれまた「掛け放題」でした。(爆) 控え目な味付けながら、主役の麺を喰ってしまわないように、微妙にチューニングされていて、やはり料理人・I君のバランス感覚に脱帽でした。 次回は「正調・冷やし黒ごまタンタン麺」を。 

「うどん 櫓(やぐら)」 ~福島県白河市~

今夜は、ウチの近所で仔猫の鳴き声が聞こえます。 すんげぇ~~~気になる。(^^;)

「お腹空いているだろうな… 寂しいんだろうな…」

ニャンコの誕生シーズンを考えると、生後3ヶ月くらいかな? そう言えば去年は、トラ柄の仔猫がお店の中に迷い込んできて保護。 一週間ほど手許で育てつつ、運良く「是非に!」と飼い主になって下さった方の許へ里子に出したっけ…

飼い猫・ニャオが当家に住み着いたのも、9年前のこの季節だった。 ただ、コイツは“迷い込んだ”と言うよりは“ここに居着く”と決めてやって来たフシがあります。(爆) ニャオが住み着いてからですよ。 度々仔猫が周囲に現れるようになったのは… 猫は猫を呼ぶのでしょうか?

あ、それから去年気が付いたのですが、飼い主のいない猫は、往々にして道のど真ん中は歩かないようです。 道の端っこを歩いているケースが多いです。 その為だと思うんですけど、歩道沿いに端っこを歩いてきた仔猫が、そのまま端っこに沿ってお店の中に迷い込んでくるっぽいです。(^^;) ハハハ、まるで猫トラップですね。

さて、外から聞こえてくる仔猫の鳴き声。 どうにも気になって仕方ありません。 猫飼いの性でしょうか? もしかしたら、明日あたり、ヒョッコリとお店の中に迷い込んできたりして…(^^;) その節には今年も「里親募集」をしなければなりませんね。




さて、本題。(笑) 日曜日の午後、久しぶりの息抜きに、午後からご近所ドライブにでもと、用意を始めたら、いきなりの大雨! こりゃあ、とても駐車場に車を取りに行くのも大変だ。 結局一時間ほど足止めを喰らってしまいました。

頃合いは丁度、紫陽花の花が見頃。 訪問したい場所があったのですが、時刻も遅くなっちゃったし、空模様も安定しない。 久々の写真撮りは諦めざるを得ません。 このところ家族もイッパイイッパイだったので、何としても外に連れ出したいし… どうしよ…(^^;)

そんな時、ふと思い出しました。 「板前料理 膳」さんのBlog(URL)に、女将さんがお気に入りの「手打ちうどん屋」さんが紹介されていた事を。

おっしゃ! うどん喰いに行くどぉ~~!(^o^)

当地から国道4号線で、約一時間。 白河市の中心市街地にそのお店はあります。 「うどん 櫓(やぐら)」さん。 無芸大食妻も以前から気にしていたお店ですし、うどん大好きな無芸大食娘も期待度アゲアゲです。

夜の部は17:30から。 無芸一家が到着したのは、ほぼその開店時間でしたが、既に先客様方がおられましたよ。 やはりかなりの人気店のようです。

白河市 櫓


夜の部は酒類の提供もしております。 清酒はタレント銘柄がキッチリ取り揃えられておりました。 ちょいと驚いたのは「デザートワイン」と言うことで、貴腐ワインがグラス売りで提供されていた事。 しかも「1999年 シャトー・ドワジー・デーヌ」ですよ!(お好きな方ならご存知でしょう) これには正直、驚きました。 よほどセンスの良いお酒屋さんが付いているのですね。(^^)

多分、ご店主様は無芸と同年代でしょうか? とにかくメニューが楽しくて(笑) どれを食べて良いか迷っちゃいます。 しかもナカナカ小技が効いていまして、メニューの説明文が秀逸です。 これだけの説明文を附してくると言うことは、多分メニューの作製もご自分でなさっているのかな?

商品写真の撮影も堂に入っていますし、プロの作る「スッキリとした見やすさ」よりも「店主のパッション」が前面に出た優れもので、ある意味感動しました。 巻末には小コラムなどもあり、読み物としても楽しませて頂きました。 これは大いに参考になりました。(^^)

さて、散々迷った挙げ句、選んだものは…

「わかめうどん小 (410円)」

櫓 わかめうどん(小)


うどんがめぇ~ない!(笑) 車中でつまみ食いをしていた無芸大食娘。 小盛りでOKと言うことで、親切にも最初から設定されていた小盛りを頂きました。

関西風の品の良い出汁。 それでいて、ちゃんと押しも効いていて、バランスが取れています。 柚子の果皮が添えられていて、大変香りも宜しゅうございました。 派手さは無いけれど、うどんの美味しさをストレートに表現しています。

「梅でシソうどん (760円)」

櫓 梅でシソうどん


お店で一番の人気メニューだそうです。 こちらは無芸大食妻がオーダー。 出汁に溶き卵が入っていて、結構個性的なルックスです。 お味は絶妙! なるほど、一番人気と言うのも、素直に頷けます。(^^) この取り合わせは“大あり”ですね。

「胡麻すりうどん冷・小 (460円)」

櫓 ごますりうどん(小)


欲張り無芸は、折角ここまで来たのだから、興味をそそられた一品を追加。 冷たい胡麻うどんですね。 無芸的には、もちっと胡麻タレの濃度があっても良いかと。 シンプルだからうどん自体の美味さと歯応えが伝わってきます。 味だけを楽しむなら、ここに豆板醤などを添えてみたい! それだけ自由度の高いメニューだと言うことでしょう。 一味足りないところに落とし所を付けるあたりは、手練の技ですね。

「ツナサラダうどん (880円)」 (季節限定)

櫓 ツナサラダうどん


グランド・メニューの「サラダでうどん」に、ツナマヨをトッピングしたバージョン品らしいです。 回転寿司でも、必ず「ツナマヨ」の皿を取ってしまう無芸。 「季節限定」と言うネームにも惹かれ、ついコチラを…(爆)

櫓 ツナサラダうどん


確かに夏向きメニューですね。 遠慮無く豪快に盛られたお野菜が、意図も容易く胃袋に納まります。(^^) その上、意外とボリュームがありましたヨ。(前述の胡麻すりうどんも完食しましたけど…) 多分、並みの胃袋の方なら、これだけでも充分に胃袋は満足するのでは無いでしょうか?

総じてレベルが高いです。 近所にあったら、嬉しいお店ですね。(^^) きっと再訪させて頂く事になるでしょう。




(やぐら)
福島県白河市新白河一丁目177
TEL:0248-24-0089
定休日;木曜日
営業時間;(昼の部) 11:30~14:00 (夜の部) 17:30分~21:00
駐車台数;15台 

Re Start

33(さんじゅさぁ~~ん)!

売れっ子芸人「世界のナベアツ」ぢゃ無いけれど、土曜・日曜と、当地の最高気温は33℃となりました。 こりゃあ、ナベアツぢゃ無くても、アホになりそうな暑さでした。(^^;)

日中はひたすら「あじぃ~~~(^Q^;)」って言いながら仕事しているんですよ。 それが夜のニュースで、その日の最高気温を後から知る訳です。 ハハハ、仕事中は知らない方がイイみたいです。

皆様、ご無沙汰しておりました。 母の死去に際しましては、沢山の励ましや、いたみのお言葉を頂き、ありがとうございました。 まだスッキリとはしておりませんが、ゆっくりですがRe Startさせて頂きます。 どうか変わらぬお付き合いのほど、お願い致します。

まずは暫くUPしていなかった、無芸の日曜日恒例のブランチを。

「無芸作 テリヤキハンバーグと空豆のスパゲッティ」

無芸作 テリヤキハンバーグと空豆のスパゲッティ


先月下旬に、千葉県のお友達から賜った空豆。 毎年、ありがたくご馳走になっております。(^^) 何故か前夜に生ハンバーグも頂いていたので、これをアレンジ。 初めて「テリヤキソース」を作ってみました。

清酒とミリンを、遠慮無しな大量に使って、隠し味に生姜を入れます。 コク味極大なテリヤキソースが出来ました。 なのでスパゲッティは、極シンプルな白スパに。 お醤油テイストの大好きな子供達に大受けでした。(^^)

「無芸作 パプリカとズッキーニのトマトスパゲッティーニ」

無芸作 パプリカとズッキーニのトマトスパゲッティーニ


スーパーでズッキーニを発見したので、赤ピーマン、イタリアン・パセリと一緒に買い求め、鳥挽肉を使ったトマトソース味に仕立てました。 スパゲッティはやや細めのスパゲッティーニ。 ちょいとお店で食べるようなシロモノになりました。(^^)

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース


見るからに高カロリー! ハハハ、今更ながら、見るだけでも暑苦しいわナ…(^^;) これは一昨日作ったやつです。 仕上げに生クリームを掛けちゃうんです。 禁断のメタボスパですナ♪

これ、母が好きだったんですヨ。(^^) 住まいが別だったので、母に無芸の手料理を食べて貰う機会は、そう多くなかったのですが、とても喜んで食べてくれました。 “母に捧ぐスパ”ってか?(泣笑) こんな思い出も悪くないです。 

明日、気をつけて行って来なよ。

「明日、気をつけて行って来なヨ。」

約一ヶ月前、東京出張の前夜の事、普段と特に変わらない声掛け。 多分私は、翌日の出張を前に、関係資料の作成をしながら、パソコンに向き合っていたハズです。 そしてまるで生返事のように「はぁ~~い」と返事した事でしょう。 これが私が聞いた、母の最期の言葉でした。

それから僅か半日後、東京に降り立った無芸の許に、家内から電話がありました。

「母さんが緊急入院して、今、人工呼吸器を付けるんだよ… なるべく早く帰ってきて…」

全く理解不能な電話に、何度も聞き質すも、家内の声には、未だかつて無い緊迫した気配が感じられました。 とにかく出張先の大切なミーティングだけには出席し、急ぎ駆け戻ってみると、悪夢としか思えない母の姿が…

何で?? 昨日は全く元気だったハズなのに… 肺水腫になって、呼吸不全を起こしていると言います。 主治医の説明によると、母はARDS(急性呼吸窮迫症候群)に陥っていると言います。 初めて聞く病名でしたが、ネット検索してみると、かなり重篤な状態である事は明らかでした。

それから5週間、集中治療室での治療が続きました。 一時は人工呼吸器も外され、時折うっすらと意識を取り戻す事もありました。 しかし、一度も声を発する事は出来ず、躰も動かすことは出来ませんでした。

最期は家族全員が揃って死に水を取る事が出来たくらいが、母の最期のささやかな幸せだったのかも知れません。 そうでも思わないと、辛すぎて…

献花


母の亡骸を前にして、悲しくて仕方ないハズなのに、何故か思い切り泣けない無芸。 なのに母のために涙して下さる方々に、ありがたくて涙が出てきます。 そんなものなのでしょうか…

ウチは分家なので、母が初めての仏様になっちゃいました。 もう、普通だったらどうして良いやら、分からないものでしょうけど、多くの友達達がお手伝いしてくれて、何とか母を送り出す事が出来ました。

普段、何気にお付き合いを頂いている友人達なのですが、こんなにも頼もしく思えたのは初めてでした。 所謂「帳場」の仕事を、アドバイザーさんの手助けに頼ることなく、全て先読みをして万全の体制で臨んでくれました。 オマエら、何でそんなに頼もしいの?(泣)

母の葬儀には、無芸が思いも因らないほどの、多くの弔問・弔電を頂きました。 手前味噌ですが、今更ながら母の人徳の厚さを思い知らされました。 遠方にも関わらず、お別れに来て下さった友人達。 古馴染みの個人客のお客様。 無芸が知らなかった母の広い交友関係の皆様。 家業を支えて下さっている皆様。 Blogがきっかけで知り合った方まで…

極めつけは、同業の先輩夫人がお寄せ下さった追悼文。 遠く離れても、心通わせて頂いていた事が、無芸一家には手に取るように伝わって参りました。

共に事業創業者の妻として、筆舌に尽くしがたい苦労をしながらも、妻として、そして母として、可愛い孫に恵まれ、それまでの苦労を感じさせない、快活で明るく聡明な彼女だからこそ綴ることの出来た、まさに母へお贈り下さったレクイエムのようでした。

それを読みながら、無芸は号泣しそうになりましたね。 でも何故かまるで「千の風に乗って」のような、爽やかさに満ちていました。 本当はここに書かせて頂きたいくらいです。 最高の供養になりました。

こうして母を送ることになって、自分は甲斐性無しなのに、親の人徳で皆様方に支えて頂いている事を、心底知ることとなりました。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。