FC2ブログ

ここ一週間で作った無芸食

メモ代わりに撮っていた、無芸クッキングの写真が溜まってました。(^^;) GWの後半から作数を数えてみたら、写真を撮らなかったものを含めると7作でした。 ここで一気に放出です。(^^)

「無芸作 きのこどっさりのナポリタン」(2008/05/04)

無芸作 きのこどっさりのナポリタン


この日は夜明け頃に起き出して、「越代のサクラ」を撮りに行き、帰り足に「ジュピアランドひらた」の芝桜を偵察。 一時帰宅後に、ありあわせの食材で作ったスパゲッティでした。 その後、無芸大食倅を部活動の交流戦会場まで送り届けた足で、猪苗代方面に家族連れで立ち回り、見事に渋滞にハマるという、せわしい一日でしたわ。(^^;)

その夜には、若鶏の焼きカツを作ったんですよ。 実はカツを揚げたことが無かったので、無芸大食妻の手を煩わせてしまいましてな…(^^;) 直感的な「作るべ!」が、余計な波紋を与えてしまったという、お恥ずかしい余談でした。

明けて翌朝。 少々食べ残してしまった、前夜の若鶏の揚げカツを食べきるべく、ホットドック用のパンに挟んで、なかなか美味しく頂きました。 その他には、

「無芸作 ペンネのミートソース」(2008/05/05)

無芸作 ペンネのミートソース


「無芸作 新玉葱の香草パン粉焼き」(2008/05/05)

無芸作 新玉葱の香草パン粉焼き


の二品を作製。(^^) 朝食と言うよりも、お昼前のブランチですので、ちょいとボリュームありです。 新玉葱の香草パン粉焼きは、前夜に使い残したパン粉がありましたので、「トラットリア・クッチーナ」の松本シェフに教わったレシップで、旬の新玉葱をシンプルに仕立てました。

作り方は極めて簡単です。 ちょいとレシップを書き記しておきます。

《新玉葱の香草パン粉焼き》
玉葱を適度な厚みに切り揃えて、オーブン用のプレートの上にオリーブオイルを薄く塗り伸ばした所へ並べる。
パン粉にドライ・オレガノ、塩、胡椒を入れて、白ワインを若干振って混ぜます。 それを並べた新玉葱のスライスの上に万遍なく乗せます。
余熱を掛けておいたオーブンにプレートごと入れて、しっかりと芯まで火が通るまで焼き上げたら出来上がりです。



かなり簡単な調理法ですが、新玉葱の甘味と、香草パン粉の香ばしさが楽しめて、なかなか宜しゅうございます。(^^)

「無芸作 肉豆腐」(2008/05/06)

無芸作 肉豆腐


ばあさんから、食べきれないからと豆腐を貰っちゃいましてね。 我が家の冷蔵庫にも豆腐のストックはあることでしたので、お昼の賄い飯に作りました。

学生時代に度々通っていた食堂で、定番メニューだったのが「肉豆腐」。 懐に優しい価格だったので、学生には人気がありました。 実は一人暮らしをする前には、「肉豆腐」なる食べ物は知らなかったのです。 とても濃ゆい味わいに仕立てられていて、このタレだけでどんぶり飯が一杯食べられそうなシロモノでした。(爆)

あの味を思い出しながら、即興で再現してみた次第。 無芸大食妻も「こんなもんを喰っていたのか!」と思った事でしょう。(^^;) あっ、でも無芸大食娘が横取り食いしてましたが、好評でしたヨ。(笑)

「無芸作 アラビアータと取れたてアスパラ」(2008/05/09)

無芸作 アラビアータと取れたてアスパラ


お昼近くに、永年親戚付き合いをさせて頂いている農家の方がお見えになり、今朝方取れたてというアスパラガスを頂きました。(^^) 本当にとれたてなもので、茹で時間を意識的に短くしないと、あっと言う間に食感が失われてしまいます。(^^;) 精々1分半ってところですかね。 筋引きなんぞは全く必要無しで、美味しく頂きました。

お昼の賄い飯と言うことで、アラビアータをこさえて、オン・ザ・スパ!!(*^_^*) うまぁ~~~♪

「無芸作 スパゲッティ・カレー・クリームソース」(2008/05/11)

無芸作 スパゲッティ・カレー・クリームソース


これは昨日のブランチ。 ちょっと肌寒いくらいのお天気でしたので、コテッとしたヤツを(笑) 二日前に頂いたアスパラガスですが、未だ瑞々しさを失われておらず、筋っぽさもありません。 キッチリと最後までご馳走になりました。(^^)

と、まあ、この一週間だけでも、パスタ系が異様に多い!! 本当に私って炭水化物オタなんですね…(汗)