FC2ブログ

2008年桜巡り 『弁天桜』 ~福島県田村市滝根町~

弁天桜


『小沢の桜』から、約30分ほど南東に走ると、大鍾乳洞として名高い『あぶくま洞』を擁する、田村市滝根町に入ります。

この地にも沢山の名桜がひしめいておりますが、今回は山腹の一本桜『弁天桜』を初訪問致しました。 幹線道路からの誘導標識は、やや少なめですが、迷うことなく辿り着くことが出来ましたヨ。

弁天桜


若干散り始めとなってはおりましたが、充分に見頃でした。(^^) 周囲を杉林に囲まれており、ポツンと一本だけ地に根を下ろした樹齢400年と言われる枝垂れ桜です。 その枝振りは、奇蹟のように麗美です。 もっと有名になってもおかしくないですね。

弁天桜


実はこの石の祠と弁天桜には、少し切ない言い伝えがあります。

菅谷村の某家の美しい娘が親の言いつけに従って、いやいや嫁に行ったが、どうしても相手の男が好きになれず逃げ戻ってきた。
しかし、親は許さず、無理矢理嫁ぎ先に返そうとした。 娘は、この山田の池に身を投じ、息を絶やした。 娘の親は悔悟に耐えず、その場に桜を植えて供養したやった。 今ある弁天桜がその桜である。
[田村市教育委員会]



この集落の方々は、その伝説を尊び、今でも石の祠に花を絶やさぬようです。 ちょうどその場で出会ったおばあさんによると、ほんの少し前までは、弁天桜は個人所有の山林となっていたそうですが、田村市が管理権を取得して、鬱蒼としていた杉林を切り開いて、だれでも立ち入れるようにしたそうです。 するとそれまで白っぽい花を咲かせていた弁天桜は、徐々にピンクの色合いを増してきたと言います。

弁天桜


無芸達が弁天桜に到着した時には、陽の光が背景側に回り込み始め、逆光となってしまいました。 周囲を杉林に囲まれた窪地のようなロケーションですので、撮影に適しているのは午前8時~午前11時くらいまででしょうか… 来年に期待です。(^^)

弁天桜に集うご近所様方


さて、この先は少々余談となります。 私達が弁天桜に到着して、写真撮影を始めようとすると、そこに集っていた地元のおばあさんが声を掛けて来ました。

「撮影に来た人ですか?」

「あ、はい。(^^) お邪魔させて頂きますネ。 とても立派な桜ですね! 感動的ですらあります!」

「いやいや、そうだったのがい。(^^) 昨日、役場から電話があってない、撮影の人達が来るから、人っ子一人いないようではカッコつがねがら、何人か行ってくんちぇないって言われたんだわ。 いや、何時に来るかと思って、待ってたわい(^^)」


(あれれ…(^^;) なんだかハナシがおかしいぞ…)
「えっとぉ… 撮影隊では無くて、私達は趣味で撮りに来たんですけど…(^^;)」

「あんれぇ~?! んじゃ、違うんだない! いやいや、撮影隊は何時になったら来るんだべ? オラ達は10時から待ってんだげっちょも…」


S君、C君と顔を見合わせてピンと来た! それってもしかして、『小沢の桜』でロケハンしていた撮影隊かな? おばあさんと話の詳細を付き合わせてみると、どうやらほぼ間違いないようです。 何時に来るかと聞かれても、コチラも知る由はありません。 しかしあのロケハンを見る限り、そう簡単にコチラに来るとは思えません。 既に時計は12時半。 早起きなおばあさん達は、とっくにお腹が空いているハズです。

「おばあさん、多分もう暫くは来ないかも知れませんよ。 お弁当でも調達して、花見の宴でもしちゃったら?(^^)」

「アハハ んだない! いや大丈夫だ! もうすぐ仕出しが来るから!」


(本当か…(^^;))
「そうだない。(^^) 役場から呼び出されたんだから、職員さんがそれくらいは用意するわない!」

とにかく、底抜けに明るいおばあさん達だ。(^^;) 程なくベンチに座っていたおじいさんが、やおら芋焼酎を紙コップに注いで、一杯薦めてくれました。 とにかく皆さん、明るく元気。 本当に仕出しでも届いたら、そのままお尻に根っこが生えちゃいそうでした。(爆)

柴ワンコ


無芸のBlog初登場のワンコ(^^) 後からやって来たおじいさんが連れてきました。 柴ワンコの子犬で、生後一月半らしいです。 今朝方一匹、里子に出したそうです。 もう一匹は既に埼玉県に里子に出るのが決まっていると言います。

「名前を付けたら、そのまま飼う事になるから、里子先が決まらない子がいたら名前を付けるだよ。」

そうそう、その気持ち分かります。(^^) 里子先で良い名前を付けて貰って、ずっと可愛がって貰えるといいですね。

柴ワンコの親子


更に後からやって来たおじいさん曰く。

「撮影隊は来なくなったんだってヨ。 役場から電話があったわ。」

なんて殺生な…Σ( ̄ロ ̄lll)

それでも屈託のない笑い声は、絶えることはありませんでした。(^^) 何だかとっても良い場所に行ったなぁ~ 

瞬間移動する猫

ネットを徘徊していたら、ニャンコの俊敏さとジャンプ力を見せつける動画を発見。(^^)

油断してる猫を突っついてみたら


Cat Freaks Out - Watch more free videos



油断しているニャンコを、USBプラグ突いていますね。(^^;) (全く無害です) その瞬間、一瞬ニャンコが画面から消えます!

すんげぇ~ジャンプ力だわ…(^^;) 

2008年桜巡り 『小沢の桜』 ~福島県田村郡船引町~

小沢の桜


今年の桜巡りも、いよいよ終盤。 27日(日曜日)は、GWで帰省してきた旧友S君と、ジモティー旧友のC君と共に、久々のグループ撮影に出掛けました。(^^) 丁度見頃を迎えているのは、田村市近辺です。 やや標高が高い事もあり、全体に開花の時期が早まった今年にあっても、ほぼ平年並みの時節での開花となりました。

まずは新進気鋭の人気の一本桜『小沢の桜』へ。 去年は都合3回通いましたからね。(^^;) 今年は予想がHITして、まさに満開のその日を捉えることが出来ました。(^^)

小沢の桜


↑お仲間のS君とC君です。 S君はオートバイで帰省して来たので、虎の子のNIKON D2xも、サブ機のNIKON D100も持ってきていません…(^^;) 確かに、大荷物になるのもさることながら、万一オートバイで事故でも貰ったら、カメラ機材のダメージは身の毛もよだつほどになりますが…

日の出は『小沢の桜』の背後の山影から昇り、逆光となってしまいますので、ここの撮影好適時間は、午前10時~午後4時くらいまででしょう。 我々が到着したのは、午前10時45分くらい。 既に多くの来訪者で、用意されている駐車スペースはほぼ満杯。(^◇^ ;) 確実に去年よりも来訪者は増えています。

何とか車をデポして、いそいそと桜の許へ… と、何やら桜の下で撮影をしています。 いや、我々のようなアマチュアではなく、大道具と数人のスタッフを擁する、プロ軍団ですわ。

小沢の桜


桜の右側土手の上で、大型のレフ板などを配置して、どうやら女の子のモデルさんもいるみたい。

「おぉっ?! これってラッキ~か♪」

しかし、しっかりとプロテクトされて、近づくことは許して貰えません。┐( ̄ヘ ̄)┌ ようやくハナシが見えてきて、どうやらスチル撮影ではなく、ビデオ撮りだそうで、来月発売になるCDのPV撮りだったそうです。

小沢の桜でナナカナさんのPV撮影


長玉で結構鮮明な写真は撮りましたが、著作の関係があるので、万一刺されるイヤですから、この辺まで…(^^;) とにかくプロのお仕事ですから、妥協しないんですよね。 お陰で、撮影隊はずっとソコに止まったまま…

アシスタントさんが、

「済みません! あと5分で終わりますから!」

と、懸命に陳謝していますが、どう見ても終わる雰囲気ぢゃ無いですネ…(-"-;) かなり多くの写真趣味人様方が、まともに写真を撮ることも出来ずに、残念そうに引き上げておられましたヨ。 我々も同じだったんですけどね。

でも、折角大型のレフ板まで当てている“モデルさん”がおられるのですから、それを撮らない手は無いですからネ。(笑)

さすがにこれは「撮らないで!」とは言われませんでしたヨ。(^^;) その代わり、アシさんから散々「CDは10枚くらいは買って下さいヨ!」なんて言われましたけど…(^◇^ ;)

いや、別にあなた達がさっさと場所を空けてくれれば、そんな手持ちぶさたな事はしなかった訳で(爆) 仕方ないので、こうお返事しましたヨ。

「はい、分かりました。 ではCDが発売になったら、ご迷惑をお掛けしましたと言う気持ちで、サイン入りのCDを贈呈して下さいナ♪(^^)」

アシさん、苦笑い… 年に一度の最高の見頃を、PV撮影という大義名分で独り占めしたのですから、是非とも30万枚くらいのHITを飛ばして頂いて、『小沢の桜』を全国に大いにPRして頂かなけりゃネ。

結局、お昼くらいに諦めて、次なるターゲットへと向かうこととしました。

アシさんの「あと5分」のお言葉から、既に1時間が過ぎておりましたが… 実はこのPV撮影隊が、別な場所で波紋を広げていた事など、彼らも私達も、その時は知る由もありませんでした。。。

小沢の桜


帰宅後にネットで調べてみたら、この日ロケハンをしていたのは、「ナナカナ」さんという女性二人組みでした。 5月28日発売予定のマキシ・シングル『フライング・チェリー』のPV撮影である事が分かりました。

そしてその楽曲は、なんと人気アニメ「テニスの王子様」のタイアップ曲だそうです!Σ( ̄ロ ̄lll)

そっ、そんなぁ~~( ̄□ ̄|||) おじさん達、知らなさすぎ! もしかしたら、撮った写真は、行く行くは“お宝写真”になるか?(爆)