FC2ブログ

2008年桜巡り 『逢瀬川の桜並木』 ~郡山市桜木町地内~

逢瀬川の桜並木


無芸宅のご近所『逢瀬川の桜並木』が、火曜日あたりから満開を迎えました。 大部分がソメイヨシノで、平均樹齢は少なくとも60年以上。 ほとんど手入れらしい手入れをされていないにも関わらず、毎年市民の目を楽しませてくれます。

逢瀬川の桜


遠からず土手道の整備・拡幅が予定されており、いつ切り倒されてしまうか分からないのが哀れです。 だから毎年写真を撮り続けています。 家族のアルバムに残しておきたい、大切な思い出が一杯詰まった場所だから…

逢瀬川の桜


無芸が幼稚園に通っていた40年くらい前、この川では普通に川泳ぎを楽しんでいた場所です。 いつしか著しい経済成長に翻弄されて、“死の川”と化していた事もありました。 時は流れて、ようやく自然環境の大切さに気づいた私達。 15年くらい前から、生活排水や工業廃水の清澄化に取り組み、徐々にではありますが水質の改善が進んできました。

逢瀬川の桜並木


この土手道にも、夕刻になるとコウモリが飛び交う姿が戻ってきました。 河畔に集まる蚊などを求めて、何十匹ものコウモリが飛んでいます。 一時はその姿さえ見られなくなっていたのです。 少し気持ち悪いかも知れませんが、これも大切な生態系の一部なんですよね。

さすがに飼い猫・ニャオがコウモリを捕獲してきた時は、思わず背筋が凍りましたけど…(^^;) あんまり間近で見るものでは無いですね。(爆)

逢瀬川の桜並木


この桜並木は、全くと言って良いほど、観光地化されておりません。 ご近所に住んでおられる皆様の憩いの場です。 満開の節には、ほどほどの来訪者様方をお見受けしますけど、大袈裟な三脚や大道具を携えた写真趣味人様方は皆無に思えます。

まっ、それでイイのかな。(^^;) 土手道に三脚なんて展開されようものなら、交通の妨げになってしまいます。 車いすに座っられたシニアの方と、お付き添いのご家族様が、ゆったりと桜の花を見上げている姿を良く見ます。 きっと色々な思い出話をされているのでは無いでしょうか。

この桜並木のマッタリとした時の流れが、無芸は大好きなのです。(^^) 

2008年桜巡り 『内出の桜』 ~郡山市西田町~

内出の桜


『雪村庵の枝垂桜』を撮った後に、そのまま帰るのも勿体ない。(笑) 泥まみれの左足の件はさておき、『内出の桜』にも立ち回ってみました。

去年も同じ順番だったな…(^^;) 実は距離的にもそんなに離れていないんですよ。 開花の時期も、ほぼ同じハズですから、ちょっと期待して。(笑) ご覧の通り、満開でした。

実は去年訪問したのが、初めてだったのですが、気になる撮影ポイントが残されていました。 場所はヒミツ(笑) 冷静に写真を観察して、現場で照合して頂けば、きっとお分かりになると思います。 張り巡らされた電線が入らないように撮れる場所は、そう多くありません。

内出の桜


『内出の桜』は個人所有の桜です。 それ故に駐車場やトイレなどの設備はございません。 ただし、桜の目前まで行ける小道は、所有者様のご厚意なのか、それとも集落の皆様方のお力添えなのか、ちゃんと整備されております。

しかし、意外にもスクーターって便利でした。 小回りが利くのは当然ですが、道端にデポするときも心配ないし。 今回活躍したのは、写真の撮影ポイントを探す時でした。 車から撮影機材を下ろして、肩に担ぎながら場所探しをするのは、結構難儀なのですが、スクーターなら機材を乗せたまま移動できます。

帰路に就いたら、対向車線をスクーターがやってきました。 彼のスクーターのステップには、カメラ用の三脚が…(笑) ハハハ、いるもんですね。(^^)