FC2ブログ

思わず見ちゃった、世界フィギュアスケート選手権 2008

土曜日の夜に衛生生中継をしていた「世界フィギュアスケート選手権 2008」。 無芸はとりたててフィギュアスケートのファンと言う訳では無いのですが、思わず全部見ちゃいました。 何せ日本のホープ、高橋大輔選手が、先の「四大陸スケート選手権」で優勝した演技に釘付けになっていたもので…(^^;) 世界一のステップと称される、彼のスケーティングには、ド素人の無芸でさえも感動出来るものでした。

結果は皆様もご承知の通りとなりましたが、それに先立つ女子の演技と言い、リンクの状態があまり良く無かったのでしょうか? 出場選手にとっては、演技の順番によるリンク・コンディションの差こそあれ、大旨イコール・コンディションな訳ですから、一選手の“不運”などを取り上げてどうこう言うものではありません。

それでも出来ることなら、外的要因に左右されずに、出場選手の全てが納得できる演技を披露出来たら良いですよね。 私は本当に素人なので、実際の処、リンクの状態がどうであったのかは知る由もありません。 また“不運”に見舞われた出場選手も、一切リンクに対するコメントはしていなかったようです。

随分前の事ですが、長野冬季オリンピックのリンクを管理する職人さんが、ドキュメンタリーで紹介されていました。 「世界一のコンディションを提供したい」 その言葉の通り、素人目にも素晴らしい状態だったように記憶しています。

さて、不本意な結果となってしまった高橋大輔選手には、大変気の毒なことでしたが、もう一人の日本代表・小塚崇彦選手の演技には、感動致しました。(^^) 凄い選手が控えているんですね。 よどみないスムーズなスケーティングと、スピンの美しさには目を見張りました。 実際にテクニカル・ポイントでは、70点代の高得点をマークしていましたネ。 この先、益々楽しみな事です。

フィギュアスケートのテレビ放送を見ていて、いつも快く思えること。 それは観衆の反応です。 どこの国の選手にでも、平等に万雷の拍手を送ること。 審査員のポイントが不当であると感じると、鋭く反応する目の肥えた人達。

国対国の一騎打ちとなる競技では、時として見ているのが辛くなるような観客の反応がありますが、フィギュア・スケートだけは格別です。(^^)

福聚寺の紅梅