FC2ブログ

味噌作りに立ち会ってみる。

「手前味噌」 昔は自家用の味噌は、自家製で造って食べる家庭も多かったですよね。 しかし、無芸が物心付いた頃には、消費生活のありようが大きく変わって、「味噌は市販品を買って食べる食品」へと変貌しつつありました。

それでも貯蔵庫を持つ家などでは、毎年味噌を仕込んでいるお宅も残っていました。 子供の時分に、小学校の目前のお宅では、毎年一度味噌仕込みを行っている様子が見られました。 子供心に、ものつくりの面白さから、飽きることなくその様子を眺めていたものです。

お馴染み温泉旅館支配人・伸ちゃんからお電話があり、

「今年からお宿で使う味噌を、手造りで造り始める。」

との情報を頂きました。 その為に、大豆を契約農場で栽培しておいて、仕込みの時期を見定めていたようです。 いよいよ、仕込みに入ると言うこととなり、無芸も好奇心から現場へと向かってみました。(^^)

早朝の5時半から炊き上げていた大豆は、適度に煮上がっておりました。 つまみ食いをしてみても、大豆の質が極めて良い事が分かります。 何せ完全なる地場産のブランド丸大豆を丁寧に薪で炊き上げたのですから、そりゃあ旨い訳です。

味噌造り 大豆を炊き上げる


釜から引き出した大豆は、破砕機に掛けられて荒いペースト状にします。 このペーストがまた美味しいのネ。(^^) このペーストに挽肉を混ぜて焼いたら、ヘルシーな大豆ハンバーグになっちゃいますヨ。 ちょっと分捕って来れば良かったかナ…(笑)

↓伸ちゃん、しっかりお仕事中です。(^^) 傍らの堂々たる体格の青年は、伸ちゃんJr.です。 春休みで帰省したところを、オヤジに捕まってお手伝いさせられています。(^^;)

味噌造り 大豆を破砕する


ペースト状に破砕された大豆に、これまた福島県産の海の自然塩を加えます。 ニガリ成分ももしっかりとしていて、しっとり感のある優しい味わいの塩です。 ハハハ、こりゃあ贅沢だ。(^^;) 既にこの時点で、市販品ではコスト倒れになっちゃいます。

味噌造り 水分調整


大豆のペーストの荒熱が充分に収まったら、大豆と同量の米麹を加えます。 これまた、地元産のブランド米「ひとめぼれ」を使っていると言う念の入れようで… ここまで来たら、もう市販品では再現不可能ってレベルです。(笑)

清酒醸造用の麹とは違って、「総はぜ」と言われる、酵素力の旺盛な仕立て方の麹です。 清酒用は「突きはぜ」と言われ、口に含むと甘さよりも美味さがジワリと広がるタイプですが、「総はぜ」の麹は素直に甘さが伝わって参ります。

無芸も麹をほぐす作業をお手伝いしましたヨ。 ハハハ、「湯の宿 楽山」でお客様が口になさるお味噌には、無芸の手垢も加わることになります!(爆) いや、大丈夫。 衛生的には無問題ですよぉ~(^^)

掛け合わせたペーストの上に掛けている液体は、大豆を炊き上げた際のお湯です。 大豆の旨味を最後の一滴まで無駄にしない先人の知恵ですね。 これで水分調整を付けたら…

味噌造り 攪拌


あとは均一に混ざるように攪拌します。 手練れのオバサマが、本当に上手に混ぜてゆきます。 桶に入っているペーストと麹の量は相当なモノですから、傍目に見るよりも結構な重労働です。

味噌造り 後は発酵・熟成を待つのみ


そして綺麗に混ぜ合わされた味噌種がコレ。 味噌樽に詰めて、自然に発酵・熟成が進むのを待つぱかりです。 初秋の頃には、お味噌になって、お宿を訪れるお客様を楽しませてくれる事でしょう。(^^)

お味噌の醸造プロセスは、座学では分かったつもりになっておりましたが、こうして実際に立ち会ってみると、指導書には書けない"塩梅”と言うものが伝わってまいります。 このような機会を頂けたことに感謝!(^^) 

これは驚き(^^;) 豪快な「大序曲1812年」

ネットを漂っていて見つけた動画です。 チャイコフスキー作曲の「大序曲1812年」。

無芸がアナログ・オーディオにハマっていた学生時代に、ステレオシステムの底力を遺憾なく発揮させる、特殊なLPレコードがありました。 テラーク社からリリースされていたそのLPレコードは、「テラーク盤」と呼ばれ、一般のレコードよりも高価ながらも、オーディオファンから厚い支持を集めていました。

そのシリーズの中でも、一番ド派手だったのがこの楽曲。 カノン砲の空砲の音をそのままレコードに刻んだと言う荒技。(^^;) レコードの溝を見ると、発射音の所が、今までに見たこともないような、凄く極端なカギ型となっていました。

低廉な家庭用オーディオのレコードプレーヤーでは、針が溝をトレースできなくて、飛んでしまうほど。(爆) 大旨、4万円近くのカートリッジ(レコード針)で無ければ追従出来なかったんですヨ。(^^;)

3,800円くらいのレコードを再生する為に、トーンアームとカートリッジに10万円以上を投じるマニアックな世界でした。

さて発見した動画と言うのは、2007年10月20日、陸上自衛隊朝霞訓練場にて行われた音楽会の模様です。 通常、コンサートホールで演奏されるオーケストラ曲では、当然場内で空砲を発射する事は出来ません。 大抵は大太鼓かシンセサイザーの音源を使うのですが、さすがは陸上自衛隊! ナント、本物の105mm榴弾砲の空砲を使っています。

現場で生音を聴いたら、さぞかし大迫力だったでしょうね。(^^) クラシック音楽ファンの方や、「テラーク盤」と聞いて、懐かしいと思われる皆様へ♪



こちらは使用した58式105mm榴弾砲(M2A-1)の発射シーン。