FC2ブログ

「割烹 丸新」で、お客様とランチ

今日から世間は三連休です。 無芸は本日も変わらず、元気に営業中です。(笑) 朝方は青空が澄み渡り、天気予報で言われていたような降雪があるのか、とても信じられませんでしたが、午後4時過ぎからキッチリと雪が降り始めました。(^^;)

今日、明日と、雪の多い観光地では、『雪祭り』が開催されております。 猪苗代町、大内宿、隣県では米沢市の「雪灯籠祭り」。 沢山のお客様が集まって参りますが、雪道に不慣れなドライバーさん達にとっては、運転にはとても緊張を強いられる事でしょう。 どうか無事故で安全運転を。(^^)

さて、昨日のこと、お昼前にアポ無しで取引先のワイン・インポーターさんがご訪問になりました。 全く予期せぬ事でしたので、携帯電話に連絡が来てから、取り急ぎお店に戻った次第。

ご担当さんにお目に掛かるのは、3年ぶりくらいだったでしょうか? こんな片田舎には、なかなか足を運んで頂ける機会はございません。 ほとんど四方山話ばかり…(^^;) インポーターさんの本社は名古屋と言うことで、無芸の興味どころは、やはりご当地フード。

きしめんは名古屋のソウルフードとして有名ですが、味噌カツも既に当地でも25年くらい前からございます。 まだご紹介した事はありませんが、そのお店の「味噌カツ」はVeryウマぁ~~!!でございます。(^^)

無芸、一度は食べてみたいのが「あんかけスパゲッティ」です。 極太2.2mmの麺に、ちょいとピリ辛の餡が掛けられているそうです。 ご担当さんにお伺いしてみると、

「無芸さんが想像なさっているほど、美味しいものではありませんヨ(^^;)」

と、言うことですが、やはり自分の舌で味わってみたいものです。

丁度お昼時と言うことで、昼食にお誘い致しました。 例によって、

「和食、洋食? それともデブ食にする?(^^)」

とお尋ねしたら、ちょっと考えて

「和食な気分です。(^^)」

と言うことで、「割烹 丸新」さんへお連れ致しました。 時計は既に13時前となっておりましたが、相変わらずのご盛況で、少々空席待ちとなりました。

「ミックスフライ定食 (920円)」

丸新 ミックスフライ定食


無芸のリピート率が高い定番ランチです。(^^) 組み膳に間に合わず、茶碗蒸しが写っておりませんが、アフターにコーヒーも付いております。

ご担当さんは「海鮮丼」をお楽しみになりましたが、さすがに鮮魚に強いお店だけあって、存分にお楽しみ頂けたようです。

丸新 ミックスフライ定食


この日のソースは、味噌仕立てでしたヨ。(^^) フライの盛り合わせにも、ピッタリとマッチしておりました。 山盛りのお野菜の量は、ちょっとした驚き。

ご担当さんも驚くボリュームでした。 それって、「こんだけ揚げ物を食べたら、お野菜もこれくらいは摂ってネ」というメッセージでしょうか…(^^;) いつもながら、大変美味しゅうございました。




割烹 丸新
福島県郡山市駅前1-5-10
電話 024-922-1851
定休日;毎週日曜、祝祭日
営業時間;(昼の部)11:30~14:00 (夜の部)17:30~23:00
※ランチは土曜日休業




昨夜、昔の写真を引っ張り出していたら、思いも寄らぬ懐かしい写真が出てきました。 無芸の学生時代の写真です。(^^) 無芸の「モテ期」の頃っス(大汗) 今では考えられないほどの、標準体型! 髪の毛フサフサ(爆) 無芸大食妻に見られたら、

「アンタ、どうしてこんなに変貌したんだか??!Σ( ̄ロ ̄lll)」

と言われそうなくらいです。 縁あって無芸と顔合わせして頂いたBlogger様方にも“不惑”を訴えられそうです。(爆) そんな訳で、私の25年前の写真は、暫く公開保留と致します。

写真の中の一枚に、ニャンコがありました。 そうそう、思い出したわ! このニャンコ、無芸のアパートの裏手にお住まいになっていた、ウチの大学の英語の先生が飼っておられました。(^^) 英国出身のご夫妻で、共に母校で教鞭を執っておられました。

愛車・モンキーとブレンボー!


このニャンコがよく遊びに来ていたんです。(^^) 人懐っこい子でね、縁側のサッシを開けておくと、「ニャ~~~ンとご挨拶して、入ってきておりました。

特に猫エサを用意していた訳では無いのですが、今考えてみると、ナゼか良く遊びに来ていたなぁ~ 時には2階に昇って(無芸のアパートは1F6畳、2F6畳の2Kでした)、日当たりの良い布団の上で寝ていたりして…(^^;)

ちょっと変わった間取りのアパートだったのですが、周囲には学生など住んでいなかったので、ちょっとした珍獣扱いでして、近隣の皆様からはとても可愛がって頂きました。(^^) お隣様は男の子が一人いるご夫婦。 配管工だったご主人様には、冬場に水道が凍ってしまった時に、修繕して頂いた事もあります。

大家さんも敷地内の別棟にお住まいになっており、水道が凍ってしまった時など、「お炊事が出来ないでしょ?」と、お食事をご馳走になったり。(^^) 近所の小学生達も、良く遊びに来ていました。 あの子達も、きっと今では30代になっているハズ。 随分ご無沙汰しているけれど、皆様ご壮健でしょうか?

さて、このニャンコには、ちょっとした逸話がございます。 近所の子供達はこのニャンコを「ブレンボ~♪」と呼んでおりました。

「何でブレンボーなの?(その頃ランボーが流行っていた…)

と聞くと、

「だってこの猫、○○○○先生がブレンボーって呼んでいるヨ(^^)」

そうかぁ~、それではそう言う名前なんだ… と、あまり深く考えていませんでした。

ある日のこと、ブレンボーが私の部屋で寛いでおりました。 何気に首輪に文字が見えたので、近づいてよぉ~~く見てみると、「Bramble」って書いてある。 なんだソレ( ̄~ ̄;)??

錆び付いていた英和辞典を取り出して調べてみると「イバラ」(^◇^ ;) そう言えば、このニャンコ♂の主張品が無かったなぁ~ ウチに出入りしていたときは、極めて穏和なニャンコだと思っていたけど、「イバラちゃん」の名が付けられていたと言うことは、よほどお転婆だったのか??

同時に子供達の「ブレンボ~♪」って呼び方も納得出来ました。 子供達の方が、すんなりと英語を受け入れるのネ…(^^;)