FC2ブログ

下町情熱食堂 ヤキオヤジ ~郡山市富田町大徳南~

今年の〆のラーメンは、今年後半の郡山ラーメン界の話題をさらった店、「下町情熱食堂 ヤキオヤジ(URL)さん。o(*^^*)o

ウーロンさんのBlog「福島のラーメン食べ歩き(URL)でも既に紹介されており、沢山の県内外のラーメン・フリークから絶賛されているお店です。

無芸はたまたま旧いご縁で、お店のご店主様と知り合いでした。 数年ぶりの再会で、今や二軒のお店のオーナーさんになっていたとは…(^^;) 様々な修行を重ねて、福島県を代表するブランド食材、「うつくしまエゴマ豚」「ケルプ鶏」を看板とした、料理居酒屋さんを展開しておりました。

20歳台~40歳代のお客様で賑わう繁盛店ですが、お昼のランチメニューに、このラーメン「下町定食屋の情熱ラーメン」が加わったのは、ごく最近の事でした。

前述の看板食材を巧妙に用いて、ラーメン専業店を上回るような、ステキなラーメンを披露しています。 なかなか食べる機会に恵まれずにおりましたが、ようやく今年も最後の大晦日に、そのチャンスがやって来た次第。(^^)

「下町定食屋の情熱ラーメン (650円)」

下町情熱食堂 ヤキオヤジ 「下町定食屋の情熱ラーメン」

ルックスは、かなり濃い目の「郡山ブラック」を彷彿とさせる色合い。 「ケルプ鶏」のガラから取られた、芳しい鶏出汁の香りが、丼一杯に立ち上ります。 麺は低加水タイプの中細ストレートで、しっかりとした歯応えの残された、頃合い茹で加減が見事です。(^^) 更には鶏油が表面を覆い、最後まで熱々を楽しめます。

チャーシューは、前述の「うつくしまエゴマ豚」を用いて作られており、これまたしっかりとした仕事が伝わってきます。 この素材の持ち味たる、脂質の上等さが見事に活かされており、全く諄さの無い旨味抜群の逸品です。

下町情熱食堂 ヤキオヤジ 「下町定食屋の情熱ラーメン」

カエシは、多分チャーシューの煮汁をアレンジして作られたものでしょうか? 旨味感と塩味にアクセントがあり、しっかりとしたインパクトも与えています。 ちょっとしょぱいかなぁ~と思われますが、多分これはご店主様が意図的にチューニングしたのでは? 確信犯?(^^;)

細かく切り刻まれた生ネギが、押し味に富むラーメンに、器用にバランスを与えています。 デフォで、コーヒーかお茶、デザートが選べるようになっていて、コスパもなかなか良好です。 今年一年のラーメンを締めるに相応しい一杯でした。(^^)

ちなみにこのラーメンは、一日限定20食のみとされており、ランチタイム限定で供されております。




下町情熱食堂 ヤキオヤジ(URL)
住所 郡山市富田町大徳南16-10
電話;024-951-0133
営業時間;11:30~14:30 17:00~23:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗裏に5台分ほど




今年最後のエントリーは、「無芸大食」の名を汚さぬよう(爆)、やはり食べ物で締めさせて頂きました。(^^)

今年も一年、ご来訪の皆様方には、誠にありがとうございました。 今年はBlogを通して、沢山のお仲間と巡り会う事が出来て、本当に嬉しゅうございました。

どうか皆様、事故無く、健康に、良いお年を迎えて下さい。 来年も相変わらぬお付き合いのほど、宜しくお願い致します。(^^)

感謝