FC2ブログ

そろそろ公孫樹が色付いて…

岳温泉のメイン・ストリートたる「ヒマラヤ大通り」の坂道を登り切った所には、「温泉神社」があります。 ここは特に宿泊客の方々が、温泉街を散策する時に立ち寄られるようです。

そう言えば無芸も、岳温泉に泊まったとき、年端のいかぬ倅の手を引いて、お散歩したような…(^^;) この神社には、「湯の森公園」が併設されており、子供が遊べる遊具も備わっております。

公園内にはクヌギの木が植えられており、沢山のドングリが散らばっておりました。 これでリス君でも出てきてくれたら、さぞかし楽しかろうもの。(^^)

さて、この「温泉神社」に公孫樹の樹が植えられていた事を、今まで気づきませんでした。 たまたま通りがかりに、色鮮やかに色付いた葉で分かった次第…(^^;)

温泉神社の公孫樹

樹齢はどれほどか知る由もありませんが、神社には公孫樹がよく似合います。 そう言えば、神社に公孫樹の組合せって、よく見かけますけど、何かいわくがあるのでしょうか? 例えば精霊が宿るとか…(^^;)

温泉神社の公孫樹

ウチの近所の神社にも、やはり公孫樹の樹があります。 葉の色付きは楽しみですが、ハッキリ言って“臭い”です。(-_-;) 確か公孫樹の樹に雌雄があるとか? 銀杏の実がなるのは当然雌ですね。

あぁ、そう言えば、その神社では、元朝参りに行ってお祓いをして頂くと、縁起物として銀杏の実が頂けた気がする… ヤッパリ何か霊験あらたかなものなのでしょうか?

岳温泉 ヒマラヤ大通り

岳温泉の各所には、ハロウィンかぼちゃが残っていました。 温泉街をあげて、来訪者を楽しませようと言う趣向だったそうですが、岳温泉の温泉旅館の若旦那・宿六さん(URL)によると、『折角配置したかぼちゃが、夜中に忽然と消えるミステリーが多発』したとか…(^^;) どこへ行った?かぼちゃ君!

帰りしなに宿六さんチの目前「鏡が池」に立ち寄って、ちょいと夕景を楽しんできました。 「鏡が池」の名の通り、湖面には安達太良山が映り込み、なんとも素晴らしい風情でしたヨ。(^^)

岳温泉で客室からの風景が最も美しいのは、鏡が池近辺かと確信致しました。 今まで知らなかったのですが…(^^;)