FC2ブログ

錦秋ロード 磐梯山ゴールドライン

たんまりと新蕎麦を胃袋に納め、「アルツ磐梯スキー場」を後にしたのは15時半くらい。 まだ小一時間ほど日が残っているので、「磐梯山ゴールドライン」(URL)を登って、檜原湖エリアへと向かう事としました。

ここを通るのは、一体何年ぶりだろうか?? 少なくとも20年くらいは通っていない気がする…(^^;) 郡山から檜原湖エリアへアクセスする時には、いつも猪苗代町あたりから五色沼前を通って行きますし、喜多方・会津若松方面へパスする時は、北塩原-喜多方ルートを通っちゃいますからね。 通行料730円(普通車)と言うのも、チト割高感があります。

ともあれ、この日は日の入りまでの残り時間も少なかったので、コレを良しと致しました。 「源橋料金所」では、「こんなに通過車両が多かったっけ??」と思うほどの交通量。 山を下ってくる対向車は、さすがに県外ナンバーが圧倒的でした。 しかし、この交通量の多さは、この後、無芸一家を納得させる事態に裏打ちされていたのでした…(^^;)(後述)

磐梯山ゴールドラインから望む、紅葉の磐梯山

くねくねと曲がりくねりながら、結構な勾配の上り坂を進むと、まず「山湖台駐車場」が見えてきます。 山道を登りながら、眼下に猪苗代湖を見ておりましたので、ここでちょっと小休止。(^^)

磐梯山ゴールドラインから望む、猪苗代湖

この季節としては、やや気温が高かった事もあり、少し空気が霞んでいます。 それでも猪苗代湖をこうして眼下に見渡すのは、ちょっと気持ち良いものです。

磐梯山ゴールドライン 紅葉の木々

山の木々は、まさに今が見頃の色づきです。 車を運転していても、つい鮮烈な紅葉に目が釘付けになってしまう事しばしば。(^^;) コレはかなり気持ち良いです。

車のサンルーフのシェイドを開け放ち、パノラミックな紅葉を感じていると、まるで景色の中に引き込まれそうな錯覚を覚えました。

ハハハ(^^;) 運転がおろそかになって、谷底に引き込まれないように気をつけながらネ。

磐梯山ゴールドライン 紅葉の木々

何せ道路脇の木々が、こんな風に紅葉しているんですもの… こりゃ、ヤバいです。