FC2ブログ

本物の左利き

今先ほど来店されたお客様。 多分、無芸大食じぃよりもお歳を召しておられると思うのですが、清酒をご指名買いをなさって行きました。

商品のご指名買いは、とりたてて珍しい事では無いのですが、このお客様は、その商品が店頭に並ぶのを心待ちにしておられたようです。

「金寶の山廃燗誂えはありますか?」

「はい、ございますヨ(^^) 一升瓶で宜しいですか?」

「あぁ、それそれ! 蔵出しを待っていたんですヨ」

特に聞くでも無く、お客様との会話が始まりました。 このお酒は、地元・郡山の名醸蔵「仁井田本家」さんが、燗酒シーズンだけにリリースする、季節限定販売商品なのです。

お客様は去年、このお酒を召し上がって、いたくお気に入りになられたそうです。 奥様と二人、差し向かいの晩酌を楽しまれている様子が想像できました。(^^)

その後春先以降、このお酒をいくら探しても見つからない… そう、それは季節限定発売品だから、無理からぬ事だったのです。 アノ味を求めて、お客様は色々なお酒を口になさったようですが、やはり「金寶 山廃燗誂え」に優る酒には巡り会えなかったそうです。

しかも、このお客様は、常温で楽しまれるのがお好きと言います。 はぁ~~~、常温ですかぁ~~(^^;) これは生粋の“左利き”様でした。

昨今の清酒は、冷たくひやして飲むスタイルが定着しておりますが、実は常温で召し上がるお客様こそ、一番舌が肥えている方が多いんですよね。

と言うのは、お酒に限らず、冷たくひやして口に入れると、その味わいは膨らみが出ないのです。 つまり、常温でお酒を飲むと言うことは、お酒の素性が丸裸に分かっちゃう。 ゴマカシが効かないのであります。

しかるに、常温愛好者の嗜好とは、酒造りをする者にとっても、それを商う者にとっても、極めてシビアなのであります。(^^;) 「金寶 山廃燗誂え」は、極めて外連味の無い、手間暇を掛けた名酒です。 お客様、目が高いですネ。(^^)

帰りしなに、出入り口付近でアンモニャイトになっていたニャオをナデナデして、「また来ますネ」って言ってお帰りになりました。 カッコイイなぁ~ 手練の左利き!(^-^)

ニャオ