FC2ブログ

無芸大食倅の、良い思い。

珍しく今週は話小ネタが尽きません。(^^;) 去る14日(日)に、「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア」の見物に行ったお話を書かせて頂きましたが、4人の友人達が国見町のチェックポイントに立ち回っている間に、無芸は一度帰宅して、家族を連れ立って「道の駅・喜多の郷」へ直行。 現地で友人達を待ち受けました。

その道すがらのことですが、猪苗代湖畔の「白鳥ヶ浜」に差し掛かったら、湖上に白い鳥の姿を20羽ほど見つけました。 家内と

「まさか、白鳥じゃ無いわナ…(^^;)」

なんて話していたのですが、帰宅後に丁度この日の朝、白鳥の第一団が到着したと報道されていました。

この日は青森の八甲田で初雪が降り、前夜も今シーズンで最も冷え込みました。 白鳥達は、ちゃんと季節と共に飛来していたんですね。(^^)

さて「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア」の競技車両を見送った後、郡山への帰り足、無芸の友人が倅を車に乗せてくれました。 実は彼らの車は、共に今年買い換えたばかりの新車。 しかも自動車ファンなら、誰でも一度は乗ってみたいという、趣味性のあるヤツでして…(^^;)

無芸大食倅はと言いますと、小3から「イニシャルD」にハマり、「D1グランプリ」のDVDに心奪われ、プレステでも「イニD」「グランツーリスモ」をこよなく愛す、ちょっとマニアの血が入っちゃった少年であります。(^^;)

かく言う無芸も、所謂「スーパーカー世代」であり、小1から「カーグラフィック誌」を絵本代わりに見ていた口です。(^^;) そんな無芸大食倅ですので、無芸のお友達のスポーツタイプの車は、まさに「憧れ」であります。

あ~~、でも、あんまり外車には興味ないみたい。 「イニシャルD」には登場しないし、「D1グランプリ」でも滅多に外車は走らないもんね。 RX-7とかスカイライン、シルビア、AE86トレノとかには、特に脊椎反射しちゃうみたいです。(爆)

で、無芸大食倅が一番乗せて欲しかった、C君のスカイライン350GTの助手席をせしめましたヨ。(^^) C君、子供は二人の娘さんだけですので、こんな風に興味を抱く倅が面白いみたいです。(^^) 帰路の途中で、ちょっと寄り道をして、大サービスで山道を爆走してくれました。

315馬力を開放してやった快感は、相当なモノだったららしく、エラく喜んでおりました。 途中で友人T君のBMW335クーペに乗換え。 こっちは3000cc+ツインターボと、強烈なハイパワーエンジンを積んでいるのですが、あんまり興味無かったみたい…(^^;)

ついでに、もう一人の友人S君の74'ポルシェ・カレラも控えていたんだけど、結局興味が無くて乗せて貰わなかった。 あ~~ぁ、勿体ないなぁ~(^^;) 全部乗ったら、6気筒エンジンの全ての形式、直6、V6、フラット6の全てを乗り倒せたのに…

ともあれ、彼は願いが叶って、とっても幸せそうな笑顔でこう言いました。

「今日はパパの車と違って、全然疲れなかったヨo(^-^ )o

「ぬぁにぃ~~(`m´#) オイラの身上は、乗り合わせた人を“疲れさせない”“酔わせない”だそ!」」


子供のためにと選んだ1BOX車。 セダンやクーペとは違った運転テクニックがあるんだけどなぁ~(-_-;) やはり男の子にとっては、「速い車=COOL」のようです。

猪苗代湖と夕日

帰り足に、猪苗代湖畔の国道49号線を走っていると、丁度「志田浜」あたりで入り日を迎えました。 とっても綺麗な夕焼けでね。 こんな夕日は、無芸も年に一度か二度しか出くわさないんですヨ。

車内で無芸大食妻と、

「うわぁぁぁ!絶妙~~!(@^∇^@)」

と喜んで見ていたら、先頭を走るC君のスカイラインが、ウインカーを上げて駐車場に入りました。 ははぁ~~ん♪ヤッパリ奴さんも気づいたナ。(^^)

駐車場に車をデポすると、みんな一斉にトランクを開けてデジ一を取りだし、一斉に湖岸に走る! ハハハ、みんなバカだねぇ~(^^) 考えることが全部一緒!(爆)

思った通り、アノ素晴らしい夕景は、僅か3分ほどで終わってしまった… 間に合いませんでした。(-_-;) 本当に綺麗な夕景って、あっという間に終わっちゃうんですよね。 でも、友人達のバカっぷりが分かる、ほのぼのとした時間でありました。(^^)




今日の昼下がり、宅急便のおにいさんが、何やらダンボール箱を抱えて配達にやって来ました。 無芸のところは、毎日何らかの品物が到着するので、とりたてて珍しい事ではありませんでしたが、彼が手にしていたのは、350ccのペットボトルのお茶が1ケース。

「へっ?何かな( ̄~ ̄;)??」

受け取りのハンコを押しながら、送り主を確認したらお茶のトップメーカー「伊藤園」さん。 そこでハッと気が付きました。

「景品届いた!(@^∇^@)」

ありがとう!伊藤園さん。

実は去年の事、無芸大食倅が小学校の授業の一環で、「伊藤園」さん主催の「第17回 おーいお茶、新俳句大賞」に俳句を応募して、それがどうした事か「佳作特別賞」に入選していたのです。(=´∇`=)

「初氷 つま先で割る 通学路」

入選作は、「おーいお茶」のパッケージフィルムに印刷されて、全国津々浦々に撒かれています。 まあ、親としては折角入選したのだから、どこかで見つけたら「家宝(爆)として取っておかなければ… と思っておりましたが、ナゼかアタりませんで、諦め掛けていた次第。

メーカーさんが「賞品」としてお送り下さると言う事でしたけど、随分と時が経っていたので、すっかり忘れておりました。(^^;) 結局、一番喜んでいたのは、ウチのじいさん… やはり初孫はむやみにカワイイらしいです。(^^)