FC2ブログ

間抜けです…

スクーターのヘッドライトが暗くて、夕刻以降の運転がチト不安な無芸でした。 そこで、まだ処分していなかった、廃棄予定の「無芸1号」から、ヘッドライトのバルブを移植する事にしました。

「無芸1号」のヘッドライト・バルブは、社外品の「チョット明る目」仕様のヤツを付けていたのです。

頃は夕刻。 薄暗い中でヘッドライトのネジを外すのは、チト面倒でしたので、何気にライターを取り出して点火。

「ヨッコラショ」と狭い隙間にかざしたとたん…

「アッチッチィ~~!!\(@;◇;@)/」

全然気づかずにいたけれど、丁度向かい風になっていて、ライターの火が親指の腹を舐めていました!

「アワワ、どうするどうする!?(T.T )( T.T) 」

咄嗟に親指を口にくわえて、シャブシャブしてしまいました…(^^;) 何だよこの図は…

情けない… こんな事でヤケドを負ってしまうとは。ヽ(  ̄д ̄;)ノ

幸いにして、皮の厚いところだったので、大事には至りませんでしたが、炎に炙られている事に気づかなかった自分が信じられない…

未だにシクシクと痛む親指。 私はアホですか??(^^;)

ニャオ




目覚まし時計が召されてしまいました。o(__)o~† 日曜日に止まってしまい、てっきり乾電池が切れたのかと思っていました。

今日、無芸大食妻が、単二電池を買ってきてくれて、さり気なく入れ替えてくれたようですが、全く無反応

永年身近にあったものですが、思い出してみたら学生時代からずっと私の枕元に鎮座していたんですよね。 多分25年以上。 地元から、仙台、大阪、甲府、そしてまた地元と無芸と一緒に付いてきていた目覚まし時計。

何の前触れもなく、静かに時を刻む事を止めました。

夕焼け 

郡山石筵ふれあい牧場 第13回牧場まつり ~郡山市熱海町石筵字萩岡~

磐梯熱海から中ノ沢温泉へ至る、旧「母成グリーンライン(無料開放済み)」の入り口に、「郡山石筵ふれあい牧場」があります。

郡山石筵ふれあい牧場

ここは市立の施設となっており、良く整備された施設ながら、かなり低廉な料金で利用でき、市民の憩いの場となっています。

先週末の10月7日・8日の両日は、「第13回 牧場まつり」が開催されており、様々なイベントが組み込まれておりました。

無芸一家は、いつもの如く、のんびりと午後から出掛けてみましたヨ。(^^) 入場口で施設利用料を支払おうとしたら、ナントこの日は入場無料でした。 ハハハ、知らなかったヨ…(^^;) 道理で来場者数がハンパ無い訳だ…

郡山石筵ふれあい牧場

運動場では、牧草のラッピング(ロールベールサイレージ)を作る、デモンストレーションをしておりました。 牧草は稲科の種を植えて、約三ヶ月で適正収穫期を迎えます。 それを専用のトラクターで刈り取り、直径1.5m、重量350kgのロール状の牧草を自動で束ねます。

2~3日、天日で干しててから、ラッピングマシーンで専用フィルムを使って包み込みます。 こうして密閉する事により、牧草は発酵して、乳牛にとって最適な餌になるそうです。

目前で見ていると、非常にスピーディーに作業は進みます。 動画で記録しておけば良かったな…(^^;) この作業を、年間3回行うそうです。

傍目に見ていると、ラッピング資材が勿体ないなぁ~と感じたのですが、後日取り調べしてみたところ、サイロを建設して牧草の発酵をさせるよりも、ずっとコストが安くなるそうです。 リサイクルや環境問題を考えると、使用後のフィルムの行く末が気になるのですが…

郡山石筵ふれあい牧場

動物たちとのふれあいゾーンでは、ウサギや羊、山羊、馬などに、直接触れる事が出来ます。 管理棟で餌(人参スティック)を買い求め、餌やりを楽しめます。

郡山石筵ふれあい牧場

さすがに馬はデカい…(^^;) 人参スティックなんて、ほとんど一飲みですナ。 山羊も羊も、餌を求めて、柵から懸命にアピールするのです。

郡山石筵ふれあい牧場

広場の片隅には、先ほど作ったロールベールサイレージに、好きなようにお絵描きが出来るコーナーが設けられていました。 無芸大食娘、何を描いている?(^^;)