FC2ブログ

猪苗代の蕎麦畑

先ほど、お得意先の寿司屋さんへ配達にお伺いしたら、ネタケースに今日のネタをせっせとセットしているところでした。 その中にひとしきり輝く橙色の宝石「いくら」を発見。(^^)

見るからに捌き立ての「いくら」は、艶やかで濁りのない美しい色合い。 思わず「んまそぉ~~♪」と口を突いて言葉が出てしまいました。

すかさず板さんがそれをスプーンにすくい取って、「ハイ!どうぞ!」と差し出して下さりました。(^^)

遠慮のない無芸。 ありがたくご相伴に与りましたヨ。(^^) 全く下味を施していない無塩状態のところに、煮きり醤油を垂らして頂き、ペロリ。

うほぉ~~♪ いくらが口の中でとろけるどぉ~~!(^O^) 本当の捌き立てならではのお味です。 この「いくら」は北海道沖で獲られた、秋味のもの。 当県沖にやってくるまで、あと一月くらいでしょうか。 旬の味をちょっと楽しませて頂きました。

さて、秋の訪れと共に、蕎麦好き無芸は、新蕎麦が恋しくなります。 丁度、るるぷぅさんのBlogで、猪苗代町の蕎麦畑が見事に花を咲かせている様子が紹介されており、コレは見逃せないとばかりに、猪苗代町へと出掛けました。(^^)

国道49号線に沿った水田は、稲穂が見事な緑色の絨毯。 まだ黄金色になるまで数日かかりそうです。 お目当ての蕎麦畑は、何故か目に入りません。

「おかしいなぁ~~、この辺に蕎麦畑があったハズなんだけど??」

暫く走りながら散策してましたが、途中で無芸大食妻が気が付きました。

「分かった! 台風の風で倒伏しちゃって、分からなくなっているんだぁ!」

「えっ!Σ( ̄ロ ̄lll) 倒伏してる??」

確かに良く見てみると、いつもなら白い花を咲かせて、長い茎が風になびいているハズの蕎麦畑が、ペッチャンコになっている。 それで蕎麦の花が地べたに敷き詰められたようになっていました。

蕎麦畑


あぁ、何てこった…(-_-;) まさか台風の風で蕎麦が倒伏するなんて知らなかった… 水稲はほとんど倒伏しておらず、この高低差で蕎麦の畑が隠れちゃっていたんですね。

蕎麦の花


ようやく見つけた蕎麦畑は、やはりみんな倒伏しちゃっている。 磐梯山にも雲が掛かっちゃって、二重のショック( ̄_ ̄|||) それでも路肩の待避路に車をデポして、ちょいと写真を撮っていたら、対向車線にもう一台車が止まった。

「んっ?」と思ったら、この車のドライバーさんが、やはりデジ一を手にこちらにやって来ます。 どうやら先方も写真撮りのようです。(^^;) チラッと一瞥しただけだから良く見ませんでしたけど、県外ナンバーのメルセデス。 奥方様と覚しき女性が助手席に座しておられました。

あ~~、でも他所様の畑に平然と踏み入れるのは、あまり頂けませんねぇ~~(^^;) 特に作物が植えられている場所ではなかったので、無芸はスルーしましたけど、畦の向こうには畑の所有者らしき人影もあり。 もちっと、考えませんかねぇ~。 あなたのモラルは旅の恥と一緒に掻き捨てですか? 車の格に似合うだけの人品を身に付けましょうネ。