職人芸、大好き♪

秋の大祭で賑わう、駅前大通りに面した、『寿司割烹 魚紋(ぎょもん)さんに、ちょっと顔出ししたら、丁度夜の部の営業に向けて、職人のT山さんが穴子を捌いていました。

このお店は、『dancyu』にも紹介されたほど、“しっかりとした仕事”をする地元の名店です。 兄弟子さんは、後進の指導を良くしておられます。

「あっ、それは厳しいかなぁ~(^^;)」と思うような指導のシーンに出会うこともありますが、ちゃんとフォローもしているんですよ。 とてもチームワークが良いお店だなぁ~って、いつも感心しています。 だから店内に刺々しい空気が無くて、緊張感だけが漂っているんですね。(^^)

職人技 T山君

職人T山さんとお話しても、彼の手は休むことはありません。 職人さんらしく、手と口は別に動かせるのですね。 手許の仕事を見ていると、全くと言って良いほど、正確無比に穴子を捌いてゆきます。

無芸はこんな手仕事を、ボヘェ~~っと眺めているのが好きなんですヨ。(^^) 多分、男性の多くの方が同じじゃ無いかと… 無芸の倅もそうでした。

職人技 穴子の捌き

既にお店をたたんでしまった、幻の名店『レストランおおうち』のマスターも凄かったナ。 調理に一切の無駄なアクションが無くて、しかもリズミカルなんですよ。

お皿を洗っている後ろ姿を見ていると、躰全体で一定のリズムがあります。 まるでダンスでもしているかのようでした。(^^)

ある日マスターにそのことを伝えると、すんげぇ照れたような表情を浮かべ「エッ?私リズムを取りながら皿を洗ってますか?!」って…(^^;)

本人は全然意識していないんですよね。 でもシャイなマスターは、それから暫く、“舞うような皿洗い”を封印しちゃったみたいで…(^^;)  つまんない…

数日したら元通りでしたけど(爆) 

安積国造神社 秋の例大祭

郡山の駅前界隈は、27日から始まった『安積国造神社(あさかくにつこじんじゃ)秋の例大祭で賑わっています。

今日28日は、山車の巡行となり、駅前大通りは夕刻から通行止めです。 小学生以下の子供達が主役の山車巡行ですが、その数は20機ほどでしょうか。 各町会ごとに、囃子と太鼓のリズムが違うんですね。

町会ごとに、事前に練習を重ねて、今晩がいよいよ本番。 ようやく足取りのしっかりしてきた3歳くらいの幼児も、お母さんに付き添われて、山車の綱を引きます。(^^)

最近は縁者もいないのに子供にカメラを向けると、訝しげに睨まれますから、ここは大事を取って写真は無しと言うことで…(^^;)

安積国造神社 秋の例大祭

駅前大通りには夜店がズラリと建ち並びます。 それでも無芸の子供時代よりも、かなり軒数は減っているんです。 昔は今の二倍くらい出ていたかな? まだ日中に撮ったので、人影もまばらですが、きっと夕刻くらいからは、人のすれ違いもやっとと言うくらいになっている事でしょう。

安積国造神社 秋の例大祭

無芸大食娘も、お祭り見物と言うよりも、夜店見物に行きたくてウズウズしているようです。(^^;) 烏賊大好き娘には、絶対脳幹直撃の光景(爆) 

ワハ!撮ったどぉ~~!(^^)

今日は“中秋の名月”から二日後。 今日こそが満月なのです。 夕刻から雲が広がり、下手すりゃ雨でも降り出しそうだったのに、先ほど外へ出てみたら、ナント満月がキレイに出ているでは無いですか!

二日前の仇討ち。 へへへ(^^)、今日はNIKONの方を持ち出して、KISS Dでは面倒なマニュアル設定を決め、手撮りです。 三脚、要りません。 だってシャッタースピードが1/250秒くらいで切れますから。

中秋の名月

満月、撮ったどぉ~~!(^O^)




飼い猫・ニャオが、お店のウインドウの中で寝ていました。 全く持ってディスプレイそのものです。(^^;)

外で若い女性の声が聞こえました。

「あぁ~~~?! 猫だ! 猫がいるぅ~~!ヾ(@^∇^@)ノ」

あ、はい? 猫ですが何か? てか、こんな声には慣れてしまった無芸一家でございます。(^^;)

自動ドアが開いて、母娘のお客様が入ってきました。

「お宅の猫ですか??(^◇^ ;) 」

「はい、そうですヨ。(^^)」

この母娘のご家庭では、一ヶ月前に仔猫を飼い始めたばかりだと言います。 どうも話を聞いていると、初めての飼い猫のようです。

通りがかりにウインドウの中にいたニャオに気が付き、ちょっと目線を向けていたら、娘さんの方が「ぬいぐるみでは無い!」と気づいたそうです。 お母さんはビックリ!(◎-◎;) やはり猫飼いには、猫レーダーが備わっているようです。(^^)

ニャオ




「ネコカラ 酒と泪と男と女」



激しくワロタ… 

テレビドラマ『有閑倶楽部』の登場人物が!

昨夜、テレビ放送されていた『カートゥン KAT-TUN』を見ながら、無芸大食妻と四方山話をしていたら、衝撃の一時活動休止で話題となった赤西仁君が主演のドラマが、何やら面白いと言います。 ドラマのタイトルは『有閑倶楽部』。 登場人物の名前が、お酒の銘柄だと言うのです。(^^;)

「へっ?!何でまた…( ̄□ ̄|||)」

ちょっと調べてみたら、原作者の一条ゆかりさんが、大のお酒好きだそうで、登場人物の人間像を考えていた時に、気分が日本酒だったから…とのお話。(^^;)

さて、その登場人物ですが、

松竹梅魅録=赤西仁(KAT-TUN)

美童グランマニエ=田口淳之介(KAT-TUN)

菊正宗清四郎=横山裕 (関ジャニ∞)

剣菱悠理=美波

白鹿野梨子=香椎由宇(かしい ゆう)

黄桜可憐=鈴木えみ

なぜかフランス産のリキュールの名前も見受けられますが、このキャラは日本人とスエーデン貴族とのハーフの母親を持つクォーターだそうな…

何かメジャーな有名処の銘柄が列挙されておりますが、何故に今時の人気清酒の名前がないのか? 答えは簡単でした。

この原作が生まれたのは、1981年の事。 世の中はまさに「吟醸酒ブーム前夜」でした。 この頃市場を席巻していたのは、灘・伏見の大手蔵に代表されるブランド達。 まさに登場キャラの名に冠されている銘柄でした。

日本酒の人気は、昭和48年をピークとして、年々右肩下がりを続け、ついにはピーク時のの半分を下回っておりました。 ここ3年くらい、何とか下げ幅が落ち着きつつあるようですが、それでも造り酒屋の軒数は減り続け、現在では全国で実稼働している清酒醸造元は1,400軒を下回っております。

放送開始は10月16日より、日本テレビ系で22時よりです。 これを機会に、「日本酒を飲んでみたい!」と言う方々が増えたら嬉しいなぁ~

てか、これらのブランドをアソートして『有閑倶楽部セット』でも売り出そうかな?(爆)




さて、ここから先は、皆様にとってあまり身近ではないハナシ。 上記の清酒ブランド達ですが、これらの大手蔵の製品は、ギョーカイで言うところの『甲東会銘柄(こうとうかいめいがら)と呼ばれるものです。

その成り立ちは、無芸はあまり良く知りません。 家業に就いた頃には、既に『甲東会銘柄』と言われる、灘と伏見の大手蔵の清酒中心の商品展開から、独自の地酒中心の品揃えにシフトしていたからです。 多分、酒屋がみんな手を繋いで、一緒に繁栄を享受出来た時代の流通組織だと思うんですけど…

今では滅多に『甲東会銘柄』なんてワードも、聞くことは少なくなりました。 当県では会津清酒の底力が非常に強く、灘・伏見の大手蔵の製品は、なかなか市場に食い込めずに苦戦していたようです。 まぁ、現状でもそれはあまり変化が無いようですが…

もう25年以上前のハナシだから、“時効”と言うことで暴露致しますが、無芸は「剣菱」に思い出があります。 出来の悪かった無芸の行く末を危惧した両親が、家庭教師を付けてくれていたんですね。 その家庭教師をして下さっていた方が、大学を卒業して東京に住んでおられました。

それは大学受験で上京していた時の事。 彼の部屋に一夜泊めて頂きました。 最後の受験を終えた後の事で、その夜彼は無芸に酒を勧めてくれました。 今なら(てか以前も…)未成年飲酒教唆ってヤツですけど、まあそのへんは笑って許して下さい。(^^;)

「結果はどうあれ、とりあえずお疲れさん! ホレ、乾杯!」

無芸、酒屋の倅なれど、酒にはあんまり興味が無かったんです。 言うなれば、家の生業の種であり、ましてや自分は未成年でしたから…(^^;) この時彼が勧めてくれたのが、「剣菱」の燗酒。 これがまた、激うまぁ~~~(*^_^*)だったんですわ♪ ナンボ飲んだか覚えていませんが、途中で彼からストップが掛かりましたヨ。(^^;) ちゃんと頃合いも見届けていてくれたんですね。

燗酒だから旨かったのか? それとも「剣菱」だから旨かったのか… そんな事はどうでも良くて、無芸の記憶に「剣菱=極上の燗酒」っていう“法則”が刷り込まれました。 だから今も「剣菱」は好き♪ でもお店には置いてない(爆) 

90,000PV感謝

90,000PV感謝


いつもご来訪を頂き、ありがとうございます。 昨夜、通算90,000PVを越えました。 拙い文章に、どぉ~でもイイような話ばかりが続きますが、どうかお見限り無く(笑)お付き合い下さいませ。

今日は「中秋の名月」。 当地では若干薄雲が広がっていますが、充分に観月出来る空模様です。 無芸大食妻が、お供えの団子を用意して、ススキを添えて飾っているようです。(^^) 皆様のお住まいは、如何でしょうか? 

ラーメン厨房 ケラン ~福島県郡山市安積町荒井火口内~

四日間続いた真夏日も、ようやく収まった日曜日。 この日の最高気温は、一転して10度近く下がり21℃台に収まりました。 代わりにやって来たのは「秋雨前線」。 朝からどんよりとした空模様となりました。

「宿六さん」のBlog(こちら)で、「あだたらスキー場」のコスモスが見頃を迎えている事を知り、今年も参上しようと家族共々出発したところ、無情にも途中から雨が降り出し、急遽中止。(-_-;)

残念至極だけど、こればかりはどうしようもない… 市内を立ち回っていたら、少々小腹が空いてきたので、どこかで腹ごしらえをしよう。 丁度、立ち回り先の近所に、一度行ってみたかったラーメン屋さんがあるのを思い出して訪問しました。

「ラーメン厨房 ケラン」

ラーメン厨房ケラン


市立柴宮小学校のお隣にあります。 幸いにしてお昼休みを取らずに、通し営業をしておられました。 親子と覚しき男性二人が、手際よくラーメン作りをしております。 麺は一辺に大鍋に投じて、平ザルで手際良く麺揚げをしています。 「ほぉ~~(^^;) コレは期待大だなぁ~」 配膳台の上には、チャーシューを温める為の、赤外線ヒーターも備えられている。 気配りの細やかさが素晴らしい~(^^)

「醤白ラーメン (600円)」

ラーメン厨房ケラン 醤白ラーメン


このお店の看板メニューです。 「醤白(しょうはく)」と呼ばれる、白醤油系の旨味調味料を使ったラーメンは、「塩ラーメンか?」と見紛うばかりの透明感です。 多分スープは鶏出汁かと思われます。 非常にサッパリとしたお味ながら、程良いこく味があり、なかなか宜しゅうございます。(^^)

麺は平打ちの中太縮れタイプ。 スープが良く絡み、舌触りの良さと歯応えの良さを併せ持っています。 前述のチャーシューは、ホロリと崩れる柔らかさ。 しっかりと味の入った、なかなかの快作であります。

「ラーメン (550円)」

ラーメン厨房ケラン ラーメン


こちらはスタンダードな醤油テイスト。 ほんの少し酸味を感じさせ、醤油の旨味を程良く出してきます。 特に変わった特徴がある訳ではありませんが、やはりスッキリ系のお味は、食べ手に心構えや体力を要求する事はありません。 バランスで食べさせるタイプです。

このほか「ポロネギ味噌ラーメン」なる看板商品もありますが、コレは又のお楽しみと言うことで。(^^)




らーめん厨房 ケラン
福島県郡山市安積町荒井火口内56-10
電話;024-946-7750
営業時間;11:00~21:00
定休日;木曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど


大きな地図で見る
 

ニャンコは暑さに強いのか?という一件につきまして…

もう彼岸の入りだと言うのに、今日も当地の気温は、軽々と30℃を越えました。 いやいや、堪りませんねぇ~(汗ダク)

でもその割りに飼い猫・ニャオは元気なんです。 さすがに真昼の直射日光はキツイようで、階段の段間に身を滑り込ませております。

でも、あんまり効果は無さそうな…(^^;)

ニャオ


こんなに暑い日だと言うのに、ニャオは締め切った倉庫の中、ダンボール箱の上に陣取って、かなぁ~~り深い眠りに就いておりました。

いくら起こしても、

「ちょっと、放っておいてくんない?(怒)」

って感じで、無芸の手をガブ咬み致します。 仕方ないので、暫く放置。 また時間を見て、起こしに行くと、とっても不機嫌そうにガブ咬み!(-_-;)

アンタ、ニャンコと言えども、熱中症になるど… 結局夕刻には、無芸が抱きかかえて、強制退去させました。

ニャンコって、暑さにつおいのでしょうか?? 無芸だったら、とてもあんな倉庫の中で“快適な睡眠”は無理っス…(^^;)

普通のニャンコは、こんなだと思うんですけど…(^^)


 

ヘルシー・パスタっスよ(^^)

週に一度は、パスタを喰わねば納得できない無芸…(^^;) 日曜日の朝食は、倅をバドミントンの試合会場へ送り届け、そのまんま写真撮りにまで行っちゃったので、どうにもフラストレーションが溜まります。

で、結局は日曜日の夕食に作っちゃいました。(^^) 多分、無芸大食妻は炊事の手間が省けただけでもOKってところかしら…(^^;)

「海老根 長月・宵祭り 秋螢」を見物したあと、ちょっと蒸し暑かったもので、サッパリしたものが食べたい気分。 これは「冷製パスタしか無いな…」 と、言うわけで

「無芸作 冷製ボンゴレ・ロッソ」

無芸作 冷たいボンゴレ・ロッソ


オリーブオイルにニンニクの香り移して、アサリをワイン蒸しにします。 少し下味を付けて、ドライバジルを加え、充分にエキスを引き出したところでボールに移し、冷やします。

充分に冷えたら、ボールの中へトマトソースを入れて、少量の麺つゆ・クレイジーソルトで味決めをしちゃいます。

カペリーニを塩を多目にして、心持ち長めに茹で上げ、氷水でキリリと冷やします。

ボールのソースの中にカペリーニを入れて和えたら出来上がり。(^^) 超~簡単♪ 直感だけで作ったけれど、それなりにカタチになっていました。

どうコレ? メタボぢゃ無いっスよね?(^^) あ~~でも、沢山食べ過ぎたかも…(自爆)




「着衣泳」って知ってますか? 服を着たまま、泳がざるを得なくなった時のハナシです。

こんな事って、救命救急の講習会の話だとばかり思っていたら、今時は小学校の水泳授業の一環として体験させているんですね。 知らなかった…(^^;) そう言えば、無芸大食倅が小学生の時にも、そんな実習があったような…

今日、無芸大食娘が体験してくるそうな… 明日の予想最高気温は31℃とな。(大汗) 長袖のトレーナーを着て、プールに入るらしいです。 確かに一度実体験を積んでおけば、この先どこかでその経験が役立つかも知れません。 学校教育は進化していますね。(^^)




更にたまげた話。 昨夜、無芸大食娘が「点字」がどうのこうのって言っていました。 言うまでもなく、目の不自由な方々の為にある文字ですよね。

「明日の授業に、身の回りにある点字を探して、点字を紙に鉛筆で摺り写して来なさい。」

と指示を受けていたそうです。 そこに加えて、無芸大食娘には、「お酒類にある点字を摺り写して来て下さい。」との追加が加えられていたそうな…(^^;) さすが先生、こちらの家業をちゃんと頭に入れておられる。

で、何やら無芸大食妻と娘が、摺り写した点字を見ながら、

「どう読む??」なんてやっている。

そ、そんなもん分かるんか??(^^;)

「分かるヨ( ̄ー ̄)」

「えっ? 何でや?( ̄Д ̄;) 」

曰く。 教科書に載っているそうだ!Σ( ̄ロ ̄lll) し、知らなかった… 今時は小四の教科書に、点字の学習が加えられていたなんて…

オヤジ、無知さ加減暴露。(-_-;)

学校教育の中で、こうしたカリキュラムが組まれていた事を知らなかった無芸は認識が浅かったと言えますが、これは非常に素晴らしい事だと思います。 点字を頼りとする方々は、別に特別では無いんですよね。 

穴場! 猪苗代湖と磐梯山が一望できる場所。

日曜日に、無芸大食倅をバドミントンの試合会場に送り届けた後、試合の開始予定時刻まで約二時間の間が空いてしまいました。 さて、一度帰宅しても、半端に気忙しいし、天気は雲が多いながらも決して悪くない。 車にはデジ一も積んである事だし、ヘッヘッヘ(^^) コレはしめしめと、三森峠を越えて猪苗代湖畔へと向かいました。

片道約30分。 目当ての湖南町船津公園へと滑り込んだ無芸。 ここは、手前に猪苗代湖、その奥手に磐梯山の雄大な眺めが満喫できる、とっておきのスポットなのです。(^^)

船津公園から望む猪苗代湖と磐梯山


ちょっと雲が多かったなぁ~(>_<) ちょっと暑いくらいだから、湿度も高くて、空気が霞んでしまった。 秋になって空気が澄んでくると、なかなかの絶景なのです。

船津公園にはキャンプ出来るスペースと炊事場・トイレなどが備わっており、丁度三連休の初っぱなと言うこともあり、何家族かがテントを張って楽しんでおりました。

船津公園から望む猪苗代湖と磐梯山


ツーリングの途中と覚しき、オートバイでの来訪者達も、しばし堤防に腰を下ろして、何を見るともなく風景を楽しみながら、仲間達と会話を楽しんでいるようです。

近くの砂浜では、ジェットスキーを降ろして湖面を駆け抜ける者。 モーターボートで水上スキーを楽しむ者。 高らかにエンジン音が湖面を渡って聞こえてきます。

秋の気配


赤津川の河口近くでは、杭の上のトンボが、秋の深まりを感じさせてくれました。(^^) はぁ~~、たまには単行もイイもんだなぁ~何てまったりとしていたら、いつの間にか時間は過ぎていた。

時計を見て仰天!Σ( ̄ロ ̄lll)

「ヤッ、ヤバイ! 倅の試合まで30分も無いぞ!(大汗)」

大慌てでカメラを車内に仕舞って、試合会場へとトンボ返りだ!




てな訳で、会場に戻ってみたら、倅の試合は既に第一セットが終了していた。(-_-;) しかもビハインドされちゃっている…

「うぉぉぉo(+_+。) 何てこった…」

撮るぞ、撮るぞ! ホレ、ガンバレ倅!p(*^-^*)q 父ちゃんを喜ばせてくれ!



「終劇」




ストレート負け…(o_ _)o ~~~ †

ん、でも頑張った! 一週間、試験勉強で全然練習してなかったもんな。 でもお前は、いつも楽しそうにプレイしているし、指導の先生の言葉にも素直に聞き入っている。 きっと次は勝てるさ!(^^)




帰宅途中に、何とニャンさん(旧H/N んにゃんさん)から携帯に電話がありました。

「今、弟と一緒に福島市にいるんですけど、遊びに行ってイイ?」

「おぉ♪勿論! どうぞどうぞ(^^)」


昼過ぎに再度CALLがあり、「ごはん、まだなのよぉ~~」って。 はいはい(^^) それではニャンさん好みしそうなお店に御案内致しましょう。

「四川名菜 天心」で合流。 珍健一さんのお弟子さんのお店です。 スパイシーフードがお好きなニャンさんにお薦めネ。

弟さん共々、二回目の顔合わせ。 相変わらず仲の良いご姉弟。(^^) 羨ましいくらいです。

無芸はいつもの定番「特製四川担々麺+ミニ麻婆丼 (1,350円)」

どうもニャンさんには、無芸はとんでもない大食らいと言う印象が付いてしまっているようで…(^^;) 確かに人一倍食は太いですけど…

四川名菜 天心 特製四川担々麺


んっ?? 何だか今日は麺がユルいなぁ… 辛さも何だかボケ気味でした。 ここでブレを感じたのはこの日が初めてでした。 お弟子さんが作ったのかな?

四川名菜 天心 ミニ・マーボー丼


こっちはさほどいつもと違わない… 相変わらず「ミニ」と言うにはボリュームがあって、無芸好みであります。(^^)

ニャンさんご姉弟は「四川冷やし担々麺」を召し上がりました。 コレは私も初めて見ました。 「汁無し担々麺」の冷たいバージョンかと思ったら、野菜がたっぷりの「冷やし中華」様の仕立てとなっておりました。 そこそこ楽しんで頂けたようで、何よりでした。

この後、市内のスイーツを一軒御案内して、ニャンさんは帰途に就かれました。 また遊びに来て下さいネ♪ 

海老根・長月宵あかり 秋螢2007 ~郡山市中田町海老根~

去年、初めて訪問した、市内中田町海老根地区で行われる「海老根・長月宵あかり 秋螢」は、今年は9月15日・16日に開催されました。

去年の印象が非常に素晴らしく、当然今年も訪問させて頂きました。(^^) 相変わらず今年も地元ボランティアの皆さんが活躍しておられ、特設の駐車場へと案内して頂き、安心して見物させて頂けました。

海老根・長月宵あかり 秋螢2007


開催規模は去年と変わらず。 オーガナイズも特に変わったところは無いようです。 ロウソクの炎が揺れる和紙灯籠は、得も言えぬ風情が伝わります。

海老根・長月宵あかり 秋螢2007


地元の小学生・中学生の作品から、婦人会さん、商工会会員さん達の力作が並びます。 中には時代を映すように、水彩手書きでは無く、インクジェットプリンターを利して、写真を入れ込んでいるものも… ハハハ、でもコレもアリですネ。

海老根・長月宵あかり 秋螢2007


訪問者の大多数は、地元の方々と思われます。 家族が作製した灯籠を探しながら、歩く姿も沢山見受けられました。(^^) 我が子の作品がそこにあったなら、やはり親としては見逃す訳には参りません。

海老根・長月宵あかり 秋螢2007


無芸的今年のグランドスラムは、このお地蔵さん。(^^) 微笑ましい柔らかな笑みをたたえた絵柄が、何ともステキです。

また今年も婦人会の皆さんが、豚汁の炊き出しをしておられ、訪問客に無料で振る舞われておりました。 ご馳走様でした。 おいしく頂戴致しました。(^^)

きっとコストは全て持ち出しなんだろうなぁ~ ご馳走になりながら言うのも何ですが、無芸は有料で宜しいと思いますヨ。 私達はありがたく灯籠を楽しませて頂いた訳ですから、いくばくかのお返しをしたいと思います。

こんな素敵な催しを、滞ることなく毎年開催し続ける為には、やはり開催費用の捻出は重要な課題だと思います。 スムーズなオーガナイズと、より一層のイベントの繁栄の為に、そろそろ手を打ち始めて宜しいかと思います。

海老根・長月宵あかり 秋螢2007


ともあれ、海老根地区の皆様、今年もありがとうございました! 来年も楽しみにしております。(^^) 

関東からやって来た旬の味

ありがてぇなぁ~~(^^) 今日、関東圏から、旬の頂き物がありました。 ご覧の通り、栗ですぅ~♪

川崎市麻生区産の栗


無芸の十年来の親友・Sさんの自家畑で獲られたものです。 今人気のスポット・新百合ヶ丘からほど近い場所。 考えてみると、恐ろしく高い地価! そんな場所で栽培された農作物を、季節折々にお送り頂いております。

さて、どうやって頂こうかなぁ~♪




最近、動画サイトで人気の「短足ニャンコ マルチカン」 とにかくカワイイ~~(^^) 仔猫だから、ことさら萌えぇ~~~♪

 

また君か…(^^;)

あぅぅぅ( ̄~ ̄;) 一度は秋を思わせる涼しさがやって来たのに、先週から残暑の戻りが厳しい日々が続いております。 当地では、昨日、一昨日と真夏日となり、しかも湿度が高い! 夜も気温が高めで、ちょっと寝苦しいですな。

世の中は土曜日から三連休と言うことですが、自営業の無芸一家にとって、ソレは全く別世界のハナシでございます。(^^;) さすがに土曜日は連休の初日でしたので、それなりの忙しさ。 無芸も始終、配達に出ては戻りの繰り返しでした。

昼下がりの頃でしょうか、丁度無芸が配達からお店に戻りかけで、お店の目前で信号待ち停車をしていると、貨物便のトラックが当店前で荷下ろしをしておりました。

今の節、「ひやおろし」と呼ばれる、季節限定の清酒が賑わいを見せます。 9月の上旬あたりから、順次蔵元から出荷されて参りますので、荷受けが度々あります。

さて、そのトラック貨物便のおにいさんが荷下ろしをしている様子を、無芸は車内から眺めておりました。 「あぁ、○○○酒造の酒が届いたんだわ…」

でも何だか様子がちょっと変。 普段は荷下ろしに家族が立ち会うということは滅多にないのに、うちのじぃさんが傍らにいます。 と、このおにいさん、一升瓶の箱を持ち上げて、荷台から運び降ろそうとした刹那。

「ガッシャァ~~~ン!!」

!Σ( ̄ロ ̄lll) なんと、ダンボール箱の底が抜けて、一箱の商品全てがアスファルト道路の餌食に…

戸惑い慌てるおにいさん。 顔をしかめるじぃさん。 思わず商品代金を暗算してしまう無芸(^^;) 周囲には撒き散らかされた梅酒の匂いが漂い、路面は梅酒の川…( ̄_ ̄|||)

信号が変わって、無芸は車をデポ。 懸命にアスファルトに飲ませてしまった梅酒の残骸を拾い集めるおにいさん。

「すっ、すいません!!(._.;)」

と、謝るおにいさんを見ると、見覚えがあるぞ?

無芸は思わず「また、君か!(ー'`ー;)」と口を突いてしまった…

実はこのおにいさん、先週も焼酎を1ケース割ってくれたんだよねぇ~(-_-;) 今月二回目。 すごい成績だわ…

でも懸命に破片を集める姿を見ていたら、何か怒る気が失せちゃった。 今回も、前回も、荷台で荷ズレを起こさせて、割ってしまったらしいんです。 割れて荷台は酒まみれ。 ダンボールの底が濡れて、そのまま持ち上げて底が抜ける。 なんでそんな当たり前の法則が理解できない??(-_-;)

よほど要領が悪いのか、それとも仕事が雑なのか? 叱ったところで、覆水盆に返らず。 気持ちが萎えて、その先の仕事で事故でも起こされては、コチラも寝起きが悪いから、「分かった。 やっちゃったものはもうどうしようもないから、とにかく次からもっと気をつけてくれ。」と言うのが精一杯でした。 先週も同じフレーズを言った記憶が…(^^;)

それにしても一週間に二回も、同じ届け先の品物を壊したら、いくら保険で下りるとは言え、きっと上司からお叱りを受けるんだろうなぁ…(^^;) 運送業も熾烈な競争・コストアップの自家消化など、厳しい経営環境なのでしょうけど、しっかりとした仕事を心掛けて頂きたいものです。

当家の目前を流れる「逢瀬川」の土手花園。 川向かいの町内会の皆さんが、種まきから手入れまでなさっています。(^^)

逢瀬川の土手花園


交通量の少ない土手道は、格好のお散歩コース。 ペットを連れての散歩から、ウォーキング、ランニングをする方達の目を楽しませてくれています。

逢瀬川の土手花園

 

無芸大食倅、大海を知る…

今日は無芸大食倅の、バドミントン・シングルスのデビュー戦。 「県中総合バドミントン選手権大会」がありました。

先月は同大会の男子ダブルスに出場し、経験一年未満クラスでベスト4まで進出。 一番驚かされたのは、他でもなく無芸一家でした。(^^;)

今日はパートナー無しのシングルス。 個人の力量がストレートに要求される試合です。 先週末には中学校の中間試験があり、事実上試合前の一週間は、全く部活動が出来ませんでしたので、本人も練習不足を危惧しておりました。

今日の試合会場は「サンフレッシュ郡山」。 無芸は初めて行きました。 集合時間が8:45。 試合開始は9:30と言うことで、前回のダブルスの時よりは、大分ゆったりとしたタイムテーブル。 車で片道20分程度の距離です。

無芸大食倅の第一試合は、タイムテーブルによると11:00。 その間、随分と間が空いてしまいます。 天気も良いし、2時間も時間があれば…と、ちょいと一山越えて、猪苗代湖畔まで写真撮りドライブ。(^^)

「船津公園」に出向いてみたら、キャンプ客も姿もみられ、まったりとした時間が流れていました。 ちょいと写真を撮りながら遊んでいたら、「ワワワ?!Σ( ̄ロ ̄lll)」 いつの間にか時計は10:10! 慌てて会場へ戻ります。 片道30分…

会場に戻ったら、10:40になっちゃった。(^^;) ヤバいなぁ~~と思いながら、試合会場に入ったら、ナント既に第一セットが終わっていて、ビハインドされているΣ( ̄ロ ̄lll)

第2セットも、終始押されっぱなし… 結局ストレート負けしてしまいました。(x_x;)

県中総合バドミントン選手権大会

やはりここ一週間のギャップもさることながら、同じビギナークラスでも、ずっと巧い子はいるんですねぇ~ 「無芸大食倅、大海を知る」の日でありました…(^^;) 

味勝手 萬菜屋(ばんざいや) ~福島県郡山市駅前~

今週の初め、石川県金沢市の清酒醸造元から、当店の担当社員さんが訪問して下さりました。 毎回、東北巡業の際には、当地で草鞋を脱いで下さり、無芸と一献差し向かいで、いろいろなお話しに花を咲かせるのであります。(^^)

こちらのお蔵様とのお付き合いも、いつの間にか10年ほどとなりました。 当初の担当をして下さっていた方は、今や部長さんになって、全国の要所を統括する重責を負う事となりました。 かわって担当になってくれた中谷さんは、もともと清酒醸造部門の最前線で酒造りを担っていた技術肌の営業さんです。 さすがに“造りのプロ”だけあって、無芸の様々な疑問に、即答で答えてくれる頼もしい相棒です。

いつもこちらの仕事が一段落する頃に来店してくれて、サックリとお仕事のお話を済ませちゃいます。 そう、早いところ飲みに生きましょうヨ♪って感じ。(^^;)

さて、今回はどこへお連れしようかなぁ~~(^^)

「何が食べたい? 和食?洋食?それともデブ食?(爆)」

「いやいや… 無芸さんが連れて行ってくれるお店で、ハズレた事はありませんから、どこへでも…(^^;)」

と、言うことで、その夜は定宿の至近、「味勝手 萬菜屋」さんを訪問致しました。

初っぱなは生ビールで乾杯(^^) 「本日のおすすめ」を眺めながら、この先に飲むお酒と合いそうな肴を選びます。 この時間が、一番ワクワクするかな。

「サンマの紫蘇包み揚げ」

萬菜屋 サンマの紫蘇包み揚げ


今の節なら、丁度サンマも南下し始め。 脂の乗りが良すぎて、刺身よりは焼きや揚げが良さそう。(^^) 紫蘇の葉のお陰で、結構スッキリとしたお味。 天ぷら仕立てなので、天つゆも添えられておりましたが、これがまたナカナカ。(^^) 出汁が綺麗に引かれておりGOODです。

「烏賊の一夜干し」

萬菜屋 烏賊の一夜干し


ナハハ(^-^) コレはビールに良く合うわい♪ コイツを食べていたら、昔の記憶が甦ってきました。 学生時代の事、青森県むつ市の友人宅に一宿一飯のご厄介になった事がありました。 彼の部屋からは津軽海峡のイカ釣り船の漁り火が見えるのです。 野郎ばかりが寄って集って、全然ロマンチックぢゃ無いんですけどネ…(^^;)

翌朝、行商の物売りの声で目が醒めます。

「イガァ~~~♪、イガイガ♪」

へっ? イガって何だ??(ー’`ー;) ちょっと息で曇った窓の外を見てみる。

烏賊だ…(^◇^ ;)

生粋の南部弁を操るお母さんが、「朝ままだよぉ~~」と階下から呼んでいる。 ちなみに無芸、何故だか知らねど、このお母さんの南部弁、半分くらいは理解出来るのでした。(^^) 一緒にお世話になった後輩達は、全く理解出来ません。(^^;) 通訳が必要でした。(爆)

朝食の食卓には、まさに「イガ焼き」が載っているのです。 一夜干しは「生っピ」、しっかり干しは「塩っピ」と呼んでいたような… またこの「生っピ」が肉厚で、しかも歯切れが良く、旨味爆裂!\(@▽@)/ 私はむつ市で干し烏賊の美味さを知ったのであります。 アレ以来、お母さんの烏賊に優るものに出会った事はございません。

てか、お母さんの自家製生っピは別格ってだけですね。(^^) 残念ながらお母さんの「生っピ」は、もう二度と食べることは出来ません。 合掌。

「舞茸とゴーヤの天ぷら」

萬菜屋 舞茸とゴーヤの天ぷら


舞茸の天ぷら、萌えぇ~~~(=´∇`=) 大抵、男性はコレが好きですネ。 ゴーヤの天ぷらと盛り合わせになっていましたが、このゴーヤがナカナカよろし♪(*^_^*) ゴーヤのほろ苦さと、ビールのほろ苦さって、相乗効果があるんですねぇ~

「鶏の唐揚げ 中華風」

萬菜屋 鶏の唐揚げ中華風


ビールに合うのは当たり前。 てか黄金律ですナ。 ところがコレが冷酒でもオケイなんですねぇ~ 新酒と古酒のブレンドされた、金沢の銘酒「黒帯」ならではの相性。 はぁぁぁ~~~、うまぁ~~(@^∇^@)

何やかんやと話し込んで、いつしか気づけば25時。 中谷さんは翌朝出立なので、珍しくこれでお開き。 元気に巡業を続けられたでしょうか?(^^)




味勝手 萬菜屋(ばんざいや)
福島県郡山市駅前1-9-5 NATURE倶楽部
電話;024-925-5085
営業時間;[月~土] 18:00~28:00、[日] 18:00~25:00
定休日;年中無休 

街角Nyans 6

台風9号の通過後、二日間ほどはフェーン現象で汗ばむような暑さが続きましたが、今週に入ってからは、少しカラッとした秋風が感じられるようになってきました。

当家の飼い猫・ニャオも、過ごし易い陽気に誘われ、しっかりと昼寝をしているか、起きていればおんもでゴロンゴロンする事が多くなりました。

昨日、いつものように繁華街を配達していると、ニャンコのメッカ、焼き肉屋さんの前にニャンコ達がいるのを発見。

街角Nyans


「1Nyan、2Nyan、3Nyan… おぉ、今日はお三方ですか?(^^)」

街角Nyans


手前から、「極小」「小」「中」と並んでますねぇ~(^^) 一番奥が親猫かな? 「極小」と「小」の関係がイマイチ判りませんが。

どうも一番手前の「極小」の子が、動きが鈍い。 車の通りも少なくない路地なので、ちょっと道の端っこに持ち上げて移動させました。 ありゃりゃ、抵抗しないなぁ~( ̄~ ̄;)??

その子は背骨と肋骨が浮き上がるほど痩せ細っていました。 もしかすると発育不全? 他の二匹は、やはりコチラを警戒しています。 この仔猫を一体どうしよとしているのかを見据えているかのように…

街角Nyans


むむ、困った( ̄~ ̄;) 無責任に連れ帰る事も出来ないし… 他の二匹は、無芸を見据えてちょっと威嚇しているし… 結局、何も施してあげられず、その場を去るしかありませんでした。orz

夕刻近く、どうもあの仔猫が気になって、もう一度アノ場所に立ち回ってみました。

「いた!」

連れの猫達の姿はありません。 大丈夫かなぁ~と思いつつ、仔猫に寄ってみると、スクッと立ち上がって、午前中からは考えられないほど俊敏に身をかわして距離をとりました。

あぁ、良かった。(^^;) これくらい動けるなら大丈夫。 じゃあ、あの午前中のクタッとしたのは何?? もしかして眠かったの?(^^;) 

秋元湖夕景

ホテル・リステル猪苗代を後にしたのは、そろそろ日が傾き始めた午後5時前。 そのまま帰宅するのも勿体ないので、度々ララオ0181さんがBlog(URL)にご紹介されている、秋元湖へと足を伸ばしました。

ララオさんの秋元湖の写真、朝焼けの見事な勇姿がとても印象的でした。(^^) 無芸も是非ともファインダーに納めたいと前々から思っておりました。 ところが撮影ポイントが良く分からない…(^^;) これは実地検証をしておかねば。 又も犠牲になる家族。m(_ _)m

地元民なれど、なかなか秋元湖畔って行く機会がないんですよ。 当てずっぽうに現地に入り、くねくね道を注意深く進みます。 あぁ、対向車が来たら待避路は無いナ…(^^;) 生い茂る雑草を過ぎりながら進むと、車のコーナー・センサーが反応して「ピピピピ…」と度々鳴る。 本当に狭い道だなぁ…

キャンプ場へ向かう道の途中で、何となく近い風景に出会った。 空には雲が垂れ込め、日はかなり落ちてしまい、残念ながら夕日に輝く夕景とは行きませんでした。

秋元湖の夕景


でも、何か綺麗だねぇ~(^^) 何とか車を路側待避路にデポして、何枚か試し撮り。

秋元湖の夕景


うぅ~~ん(^^;) ララオさんの撮影ポイントとは若干違うなぁ… 対岸側から撮ったのかなぁ~ ララオさん、教えて下さい。(^^;)

磐梯山の夕景


後ろを振り向けば磐梯山。 流石に日が落ちて、色を失ってしまっております。

帰路は「レイクライン」から「グリーンライン」を経て、山道を辿りました。 ハハハ(^^;) 二名車酔い… ゴメンネ 

秋桜見物に猪苗代ハーブ園へ

川桁町にある「ホテル・リステル猪苗代」には「猪苗代ハーブ園」なる付帯施設があります。 ここは、フリースタイルスキーの世界大会も開催される、国内の聖地的存在でもあります。

昔ここにお友達が勤めておられました。 今では県内きってのハーブの先生になられちゃて、良くローカルテレビにも出演されておりますが…(^^;) ハハハ、この男が稀代の大酒飲みでして、いろんな逸話があるんですヨ。

ある日、市内繁華街の親しいBARで彼はしこたまお酒を楽しみました。 帰宅したのは白々と空が明け始まった頃。 閉店の支度をしていた店主は、何故か店内の座布団が一枚無くなっている事に気づきました。

翌日の夕刻、今朝まで飲み続けたお酒がスッカリ抜けた彼が、申し訳なさそうにやって来ました。 その小脇には、しっかりと座布団が抱えられておりました。(^^;)

「すっ、すまん! 昼過ぎに起きたら、何故かオレ、この座布団を抱き込んで寝ていたワ…(^^;)」

店主;「!Σ( ̄ロ ̄lll)」

そんな彼がここに勤務していたときは、何度か足を運んだ事がありました。 その頃にはハーブ園はまだ産声を上げたばかり。 どのように来園者に見せるか、試行錯誤をしていたようです。

多分、無芸がこちらを訪問したのは15年ぶりくらいでしょうか。 すっかりハーブ園は整備され、県内随一の規模とホスピタリティーを備えたものになっておりました。(^^)

秋桜の花畑


園内の秋桜は、見頃こそまだ先のようですが、まずまずの見栄えを楽しませてくれました。(^^) リステル猪苗代へと続く道を登ってくると、左手にこの秋桜が咲き乱れております。 無芸大食娘は大喜び。

秋桜の花畑


ハーブガーデンもキッチリ整備されていましたが、やはりハーブのハイシーズンは真夏まででしょうか。 それでも整備された小径を散歩するのは心地好いものです。(^^)

リステル猪苗代 木彫


この木彫像は、実際相当デカイです。(^^;) 確かカナダ人のアーティストさんが12年がかりで、干支・十二支の全てを作り上げたハズです。 かなり見応えがありますヨ。

リステル猪苗代


「リステル猪苗代」は、磐梯・猪苗代エリアでも、かなり大規模なリゾートホテルです。 向かって左側のウイングタワーは、確か20階以上あったような… 最上階からの景色は、さぞかし雄大な事でしょう。

さて、ハーブ園に話は戻り、入り口で入場料を支払うと、カードが発行され、これを提示すれば一年間何度でもエクストラ・フィー無しで再入場出来ます。 大人(中学生以上);300円、子供;200円とリーズナブルです。(^^)

エントランスで無芸大食娘が「うさぎのエサ(100円)」と言うのを発見。

「エッ?うさぎさん、いるの?!o(^∇^)o」

動物好きの娘には、望外の喜び。 うさぎ舎に入場すると、かわいいうさぎさん達が、ワラワラと寄ってきます。(^^;)

リステル猪苗代ハーブガーデン

すっ、凄い食いつきです!(^◇^ ;) エサを持っていなかった無芸の周囲にも、うさぎさん達が寄ってきます。 ほとんど取り囲まれ状態(爆) 未だかつて、こんなにうさぎさんに好かれた事はありません。

無芸大食娘が持ち込んだエサは、あっと言う間に食べ尽くされてしまいました。 あぁ、もっと買ってくるんだった…(^^;)

リステル猪苗代ハーブガーデン




猪苗代ハーブ園 (HP)
福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁リステルパーク
電話;0242-66-2690
営業期間;【有料期】2007年 4月21日(土)~11月4日(日)
     【無料期】2007年11月5日(月)~2007年11月30日(金)
     ※共に2007年度です。 詳しくはホームページにて
開園時間;9:00~17:00 (7月21日~9月2日は8:30~18:30) 

猪苗代の蕎麦畑

先ほど、お得意先の寿司屋さんへ配達にお伺いしたら、ネタケースに今日のネタをせっせとセットしているところでした。 その中にひとしきり輝く橙色の宝石「いくら」を発見。(^^)

見るからに捌き立ての「いくら」は、艶やかで濁りのない美しい色合い。 思わず「んまそぉ~~♪」と口を突いて言葉が出てしまいました。

すかさず板さんがそれをスプーンにすくい取って、「ハイ!どうぞ!」と差し出して下さりました。(^^)

遠慮のない無芸。 ありがたくご相伴に与りましたヨ。(^^) 全く下味を施していない無塩状態のところに、煮きり醤油を垂らして頂き、ペロリ。

うほぉ~~♪ いくらが口の中でとろけるどぉ~~!(^O^) 本当の捌き立てならではのお味です。 この「いくら」は北海道沖で獲られた、秋味のもの。 当県沖にやってくるまで、あと一月くらいでしょうか。 旬の味をちょっと楽しませて頂きました。

さて、秋の訪れと共に、蕎麦好き無芸は、新蕎麦が恋しくなります。 丁度、るるぷぅさんのBlogで、猪苗代町の蕎麦畑が見事に花を咲かせている様子が紹介されており、コレは見逃せないとばかりに、猪苗代町へと出掛けました。(^^)

国道49号線に沿った水田は、稲穂が見事な緑色の絨毯。 まだ黄金色になるまで数日かかりそうです。 お目当ての蕎麦畑は、何故か目に入りません。

「おかしいなぁ~~、この辺に蕎麦畑があったハズなんだけど??」

暫く走りながら散策してましたが、途中で無芸大食妻が気が付きました。

「分かった! 台風の風で倒伏しちゃって、分からなくなっているんだぁ!」

「えっ!Σ( ̄ロ ̄lll) 倒伏してる??」

確かに良く見てみると、いつもなら白い花を咲かせて、長い茎が風になびいているハズの蕎麦畑が、ペッチャンコになっている。 それで蕎麦の花が地べたに敷き詰められたようになっていました。

蕎麦畑


あぁ、何てこった…(-_-;) まさか台風の風で蕎麦が倒伏するなんて知らなかった… 水稲はほとんど倒伏しておらず、この高低差で蕎麦の畑が隠れちゃっていたんですね。

蕎麦の花


ようやく見つけた蕎麦畑は、やはりみんな倒伏しちゃっている。 磐梯山にも雲が掛かっちゃって、二重のショック( ̄_ ̄|||) それでも路肩の待避路に車をデポして、ちょいと写真を撮っていたら、対向車線にもう一台車が止まった。

「んっ?」と思ったら、この車のドライバーさんが、やはりデジ一を手にこちらにやって来ます。 どうやら先方も写真撮りのようです。(^^;) チラッと一瞥しただけだから良く見ませんでしたけど、県外ナンバーのメルセデス。 奥方様と覚しき女性が助手席に座しておられました。

あ~~、でも他所様の畑に平然と踏み入れるのは、あまり頂けませんねぇ~~(^^;) 特に作物が植えられている場所ではなかったので、無芸はスルーしましたけど、畦の向こうには畑の所有者らしき人影もあり。 もちっと、考えませんかねぇ~。 あなたのモラルは旅の恥と一緒に掻き捨てですか? 車の格に似合うだけの人品を身に付けましょうネ。 

ややメタボ…(^^;)

徳永英明のニュー・アルバム「VOCALIST 3」いいですねぇ~(^^) 前作・前々作と聴いておりましたが、今回も期待を裏切らない極上の仕上がりです。

「まちぶせ」「月のしずく」「CAN YOU CELEBRATE ?」「優しいキスをして」など、やはりバラード系は抜群に聴かせます。 デビュー当時からの名曲の数々も、オン・タイムで聴いておりましたが、彼のヴォーカルの輝きは、どんな曲でも褪せることはありません。

さて、今朝の無芸作ブランチ。

「海老ときのこのカレークリームパスタ」

無芸作 海老ときのこのカレークリームパスタ


結構得意なヤツです。 ちょっとカロリーは何ですが… 

乗り鉄、撮り鉄

台風一過、今朝はお約束の通りに、朝から空は晴れ渡り、気温もグングン上昇。 夏の盛りに逆戻りしたようなお天気でした。 おまけに夕刻には、まるで激しい夕立が如き大雨。 蒸されるは、降られるはの大騒ぎでしたヨ。(^^;)

午後から磐梯熱海温泉郷へ、配達に出掛けました。 ここ数日、天候に恵まれず、全く写真を撮れなかったので、助手席のフロアにはデジ一を積んで。

道すがら、道路端に咲いていたコスモスを撮ろうかと思っていたのですが、いつも通りすがりに目に入っていた情景と、いざ被写体として捉えた見え方では、随分と違うものです。(^^;)

「絵」を求めて撮ろうとすると、良かったハズの記憶的な情景は、意外と「絵」になりそうに無かったりして… 「あれれ(^^;) こんなだったっけ??」てなものです。

コスモス延期。。。(-_-;) 国道49号線を走っていると、チラホラと列車狙いと覚しき写真愛好家の姿が目に付きました。 ハテナ? 今日はSLの運行日だったっけ??

「撮り鉄」の皆さんは、一見するとすぐに分かります。 カメラを手に持っていなくても、大抵は三脚を入れた長いバッグと、背中に背負えるリュックタイプのカメラバッグを持っていますからネ。

そんな「撮り鉄」さん達は、何故か皆さん、単騎で行動しておられます。 しかも今日は、みんなテクテクと歩きながら、撮影場所を模索しているようです。 皆さん汗だくになりながら、手には水のペットボトル。 ハハハ、これじゃまるで、アキバのオタ連と変わらんナ(^^;)

配達を済ませての帰り道、磐梯熱海駅に丁度電車が停車していました。 良く見てみると、どうやら仙台・会津若松間を週末運行している直通電車のようです。

「はは~~ん、コレがターゲットだったのね。(^^)」

車両は国鉄時代に上野・青森間で活躍していた、寝台特急「はつかり」を改装したもの。 かなりのヴィンテージ物です。 しかもカラーリングも、国鉄時代のまま。 コレは「鉄ちゃん」にとっては、なかなかの獲物なのでしょう。

寝台特急「はつかり」が走っていた頃は、上野・仙台間にはL特急「ひばり」が走っていました。 これには無芸も何度も乗りました。 確か片道2時間45分くらい掛かっていたと思います。 「はつかり」は、見るからにモダンでカッコ良かった。(^^) 無芸も乗ってみたかったもんなぁ~

帰途に就いた無芸は、彼らがまた大汗を掻きながら、国道沿いを機材を背負って歩いている姿を見ました。

「えぇ? 一体どこまで歩く気??(^^;)」

どうやら「安子ヶ島駅」を目指しているようです。 あぁ、可哀相に…(^^;) よほど車を止めて、郡山まで乗せてあげようかと思いましたが、何せ歩いている人は選り取り見取り(爆) 一体、何を基準に誰を選ぶのよ?

ここでハタと気が付いた。 もしかするとこの「撮り鉄」さん達、帰路のローカル列車に乗る事自体も、今日のストーリーでは無いか?(^^;) 鉄道マニアさんには、「乗り鉄」さんもいるのでした。 ここはそっとしておきました。(^^)

田んぼ


当地の水稲は、刈り入れまでもう少し。 場所と品種によっては、そろそろ稲穂が黄金色になり始まっているようです。 先の台風9号で、結構な強風に曝されましたが、そんなに倒伏しているところは無いようです。

稲穂


早稲種なら来週末あたりから。 平均的な収穫期は、10月に入ってからになりそうです。 もうすぐ新米が食べられるどぉ~~(^^)




「トイレットペーパーで遊ぶ猫」



う~~ん… 寛容な飼い主だなぁ~~(^^;) ウチだったら「逆さ張り付け」モノですが… 

雨でおんもへ出られません…

台風9号が接近中。 なかなか勢力も強く、今夜半には伊豆半島付近に上陸しそうです。 進路を見ると、当地も明日の昼頃、再接近しそうです。

雨脚が強くなりつつあり、吹き込む温かく湿った風のお陰で、昨日・今日と、エラく暑い。 湿度が高くて、これは堪えました。(>_<)

昨夜も台風の影響で、夜は結構な雨脚。 飼い猫・ニャオは、暫くふて寝を決め込んでおりましたが、午前2時くらいに起こされました。

私の耳元に来て、か細い声で「ニャ~~~ン」と鳴くのです。 大抵は「おんもに出たいから、ドアを開けておくんなまし~~」って呼びに来るのですが、昨夜は違ってた…

「遊べ」である。( ̄~ ̄;)

夜中の二時に、寝付き際に起こされて、猫のお相手… さすがにヒートされると困るので、猫ジャラは無し! 優しくナデナデ。 腰をポンポン。 猫肩をモミモミ。

はぁ~~~、オレは深夜に一体何をやってんだ?!(;-_-;)

“再三の遊べ攻撃”で、無芸も流石にシッカリ目が醒めてしまった… 午前3時である。 そんでもって、猫様は既に外出。 取り残された無芸は、結局4時半くらいまで寝付けなかった…(-_-;)

ニャオ 雨でおんもへ出られません…


ザンザン降りの雨を恨めしそうに見ながら、入り口に佇むニャオ。

雨でおんもに出られません… まさか今夜も( ̄_ ̄|||) 

呆れかえりました…

昨日の深夜の事です。 無芸は夜なべ仕事を終わらせて、店舗二階の自宅でようやく床に就きました。 ウトウトとし始めた頃、外で

「カッツゥ~~ン!」

と金属がぶつかる音がしました。

瞬間、無芸は「空き樽泥棒!」と察して、ベッドから飛び起き、階下への階段を駆け下りました。

案の定、二階から見下ろすと、空樽を積んでいた場所から、ソレが消え去っております。

歩道まで駆け下りると、今まさに窃盗犯の自動車が走り出そうとしています。

ムカッ!と来て、無芸はその車に向かって駆け寄りますと、どうやら窃盗犯はその様子をミラーで見ていたようで、急加速して国道4号線の赤信号を無視、一気に走り去ってしまいました。( ̄△ ̄#)

時刻は午前4時。 あたりはまだ闇の中。 走り去る窃盗犯のナンバーは視認する事は出来ませんでした。 あぁ~~~!悔しい!((><o))((o><))

10L樽を7本。 7,000円相当を、まんまと持って行かれました。 もうそうなると、ムカついて眠れない。(#+_+) あぁ、眠れない…

ナンバーを押さえられなかったとなると、警察に通報してもどうにもならない。 ましてや深夜。 明けて翌朝に被害届を出しました。

どうにもならないのは承知の上ですが、窃盗犯の車の車種や色は完璧に押さえていますし、どこかで逮捕された時、余罪の追及で被害届が出ていればこそ、更なる厳罰が期待できるからです。

ニャオ 激怒


それにしても何とも世知辛いなぁ~ こちとら、あくせく働いて、生活の糧を得ているのに、サックリとそれを盗み取る事を何とも思わない輩が、こんなに身近に潜んでいるなんて…

ロクなもんじゃ無いのは分かり切っているけれど、捕まらなければ何食わぬ顔で生活しているんだろうなぁ~ 凄く嫌な思いをしてしまいました…(-_-;)




んにゃんさんにプレゼント♪ 大好きな「大の字ニャンコ」ですぅ~(^^)


Sleep noon Tsuneo
Uploaded by tsunechichi
 

ジワりと戻った残暑です。

先週はずっと曇り空に覆われて、最高気温が22℃程度の日が続いていましたが、今日は一転してスカッと晴れ渡り、気温も28℃まで上昇しました。 いやぁ~~、あじぃねぇ~(^^;) 一度涼しさに躰が馴染んでしまうと、この残暑の戻りはキツイです。

秋を迎えて、飲食店さんのフードメニューの再構成の時期。 無芸がメニュー作製のお手伝いをしているお店もあり、制作依頼がなかなかの盛況(?)です。

アドビのイラストレーターというアプリで作るのですが、デザインコンセプトが決まっちゃえば、割とすんなりと進むのですが、決まらない時は、たった1ページに丸一日(深夜の夜なべ仕事)を要するのも珍しくありません。 ハハハ 何せ元が素人ですからネ。(^^;) ここ数日は、この作業に追われそうです。

ニャオ レジの上


先ほどお隣のファミレスの駐車場に目をやったら、ニャオが駐車中の車のボンネットの上に(○o◎ )

「ヤ、ヤバイ!Σ( ̄ロ ̄lll)」

懸命にニャオを呼び寄せます。 はぁ~~~( ̄~ ̄;)  頼むよぉ~~~ ソコだけは止めておいてくれ。。。

「猫は孤高の動物。 地べたに座する時は、新聞紙の上であろうと、ソコにある限り必ず上乗りするものである。」

どこかで聞いたハナシです。 確かに…(^^;) 

もちっと、ヘルシーなパスタ

今朝は買い出しに行ったら、300gサイズのブロック・ベーコンを発見。 コイツを楽しむ事にしました。(^^)

ホクトのエリンギも、とてつもなく巨大なヤツを発見。 無芸のが軸を握っても、ギリギリ親指と人差し指がくっつくかどうかってくらい大きい! 一般的に規格品よりも、2倍以上あったかな。

無芸作 角切りベーコンとエリンギのトマトソースパスタ


青森産のニンニクを包丁の腹で押し潰し、オリーブオイルで香りを引き出し、角切りベーコン、みじん切りの玉葱、エリンギの順に炒めて、粗挽き黒コショウ、クレイジーソルトで下味を整え、白ワインをドッと入れます。 アルコールが飛んだら、少し顆粒状のコンソメを入れます。

トマトソースを加えたら、ドライ・バジルを入れて一煮立てし、パスタの煮汁で濃度を調整。 最後にクレイジーソルトで最後の味決めです。

子供は辛いのが苦手ですので、赤唐辛子を入れられないのが残念ですけど、タバスコで好みに調整して楽しみました。(^^)  まっ、ナカナカ美味しゅうございました(*^_^*)

 

ニャオ 歩道でウロウロ

今日は一日、何とか雨は降らずに済んだものの、やはり気温は低かったぁ~ 多分、最高気温は22℃くらいかなぁ~ 昨夜は17℃くらいまで下がった気がします。

土曜日は子供達は学校がお休み。 倅はクラブ活動で、早朝から練習試合に出掛けていて、昼過ぎに帰宅しました。 それでも授業の無い日は、やはりどこかユルユルな時間が流れているようです。

子供達が学校へ行っていると、飼い猫・ニャオは14時くらいまで家宅内で惰眠を貪っている事が多いのですが、やはり子供達の声が始終聞こえている土曜日は、活動時間が長いような…

ニャオ 着地地点を探る


倉庫の中に入り込んでは、ちょいと昼寝を決め込んでいたと思えば、いつの間にか倉庫から脱出して、無芸の軽トラの荷台を占領していたり… 歩道から荷台に飛び乗る前に、見えないながらも着地地点の目測を立てている次第。

ニャオ 足の運びが変!


無芸に見つかって「コラコラ(^^;)」と言われると、ご覧の通り身を低くして、変な足の運び…(^_^;) なんか唐草模様の頬被りでもさせたら…

ニャオ 偵察中


軽トラの下から、道路の向こう側を偵察中。 何やら道路を渡ろうと画策しているのか?

ニャオ タイミングを待つ


ココは3車線の道幅があり、日中はかなり交通量の多いところですが、こうして通る車のタイミングを測っているようです。

飼い主としては気が気ではないのですが、一日に数往復している模様。 ひたすら安全を願うばかりですが、これだけは室内飼いにするしか対処法がございません。 いつも心配の種でございます。(-_-;)