FC2ブログ

子供会の財政支援

今朝は地元子供会の活動費用を賄う、廃品回収がありました。 二ヶ月に一回、奇数月に行われるものですが、所属会員は年間計6回の中から2回の回り番があります。

無芸一家は、毎年5月と11月が担当。 どうやら会員名簿の登録順に割当をしているようで、ここ10年間ずっと同じです。 5月は開催日に所用がぶつかってしまい、他の会員様と出番を交代して頂いていましたので、7月に出席したのは初めてでした。

実は5月と11月は、前月が移動シーズンと言うこともあり、拠出される廃品が極めて多く、毎回4tトラック3台分ほどになります。 そんな大盛況の月周りをずっと担当していたので、今日の廃品の少なさには驚きました。 月別で予想以上に波があるんですネ…

廃品回収

大旨、4tトラック1台半で済んでしまいました。 しかも頭数は均等化されているので、

「あらら、こんなに楽でいいの?(^^;)」

ってもの。 子供達にとっては、廃品の中からお目当てのマンガ本などを発掘する恰好の機会。 戦利品を手にして嬉々として家路に急ぐ後ろ姿が見られました。(^^)

中心市街地の高齢化とドーナッツ現象は、当地でも同じ事。 少子化のうねりは、当県でも看取されるようになってきました。 それでも出生率は全国でもトップクラスなんですけどね…

住民の絶対数の減少は、地元子供会の会員数減少に直結しています。 子供会の年会費も、そうそう高額化させる訳にも行かず(三人も子供がいたら大変!)、廃品回収による活動費用の確保は、非常に有用になって来ています。

惜しむらくは、マンションの一角に設えた資源ゴミ集積所から、心ない輩による持ち出しがある事。 楽してお金を手に入れたい心理は誰しも同じですけど、他の人の顔向け出来ないような行為はイケません! 子供達の笑顔のためにも。