FC2ブログ

陽様!

昨日は東京へ業務出張でした。 月一回の同業のお仲間とのコミュニティーの勉強会です。 東京の夏は、空気がねっとりとしていて、田舎者には厳しいっスねぇ~(^^;) 太陽の照り返しも、こちらとは比べものにななないほど強烈です。

さて、18日のエントリーでご紹介した、世界第5位のソムリエ・佐藤陽一さんですが、実は昨日のゲストだったんです。(^^;) 自分で言うのも何ですが、凄いですねぇ~~! 普通にオッファーしても、まず取り合って頂くことは無理だと思いますが、お仲間の力添えが滅法強烈でして… いやいや、感謝・感謝でございます。

佐藤陽一氏

久しぶりにお目に掛かった陽様こと佐藤陽一さんは、相変わらずの笑顔と歯切れの良いトークを聞かせて下さりました。 件のNHKの番組、前夜に放送されていたのですが、ご当人はまだ見ておられなかったそうです。

昨日のお題は、「伝統国と新大陸のワイン」と言うことで、6種類のワインをブラインドテイスティングしながら、ワインを探ってゆくもの。 トップソムリエの所見を拝聴しながら、同じワインを口にしつつ、自分の感想と照らし合わせてゆくのです。

試飲したワイン


どのワインも一見しただけで、只者ではないポテンシャルが理解できます。 カベルネソーヴィニヨン、ピノノワール、シャルドネの三種であるのは明白でした。 どちらが伝統国であり他方がどこの国であるか… 伝統国と新大陸までは、ある程度予想が付きます。 その先の産出国を探るプロセスが見所です。 陽様ほどの名手ともなると、その経験値と理解の深さ、データの整理能力がとてつもなく秀でておられます。 私はただ頷きながら、その手掛かりに耳を傾けるばかりでした。

試飲したワイン


ワインマニア垂涎のカルトワイン達。 まともに買ったら、この6本だけでも10万円は下りません。 中には既に落手困難なヴィンテージも含まれていたりして… これが教材ですよ…(^^;)

陽様も「世界戦以来、久しぶりに本気でテイスティングした」と仰っておられました。(^^) 素晴らしいコメント。 感服致しました。

佐藤陽一氏

最後に先の世界大会でのお話をして下さりました。 勿論、オフレコのお話も沢山ありますので、安易にバラす訳には参りません。(^^;)

ただ、主催国のオーガナイズは、とても鷹揚だったようです。 予選のタイムテーブルに昼食を摂る時間が含まれていなくて、審査員の問いに対して「あぁ。そうだったね。 じゃあランチタイムを入れようか? 選手諸君にも用意させてもらうよ。 コーヒーも用意するからね」なんて具合。

「おいおい…テイスティングの前にコーヒーなんて飲むかよ!」と選手達のボヤキも聞こえたり…(^^;)

日本では考えられない事でしょうけど、選手の集合時間になっても、現れない選手が沢山。 45分遅れでスタートとか… まあ、こんなのは軽傷のうちだったそうです。

ともあれ陽様、お疲れ様でした。(^^) 暫くはお店も沢山のお客様で賑わい続ける事でしょうから、日々多忙の事でしょう。 「夏休みは取るぞ宣言」をしておられましたので、ご訪問をなさりたい方は、事前にお問い合せ下さい。