FC2ブログ

60,000PV感謝

60,000PV感謝


御礼が遅くなりました。 昨日、当Blogは、お陰様で60,000PVをカウント致しました。

何か5月8日から一ヶ月ちょっとで、10,000PVを重ねたかと思うと、ありがたいやら、本当にそれだけの価値があるものなのかと、何とも不惑ではございます。(^^;)

ともあれ、これからも変わらぬポリシー(と、言うほど立派なものはありませんが…)で、ユルユル系Blogを続けて参りたいと思います。




さて、昨日は又もや地元酒問屋さんの展示会がございました。 無芸大食妻と共に、会場に足を運びましたところ、興味深い傾向を看取致しました。

さんまとハバネロ


「さんまとハバネロ」!Σ( ̄ロ ̄lll)

ご覧の通り、缶詰なのですが、遂にハバネロテイストまでが登場です。 実はこの半年ほど、個性的な缶詰がぞくぞくとリリースされており、少なからず市場動向が堅調らしいのです。

キワモノなのかと言えば、実は案外まともでして、大変美味しい!(^^) 大体150円~380円くらいに収まる価格。 保存性が良く、気軽にいつでも食べられる利便性。

缶詰を肴にお酒を飲むと言うと、昔の「もっきりや」のような印象を持たれかねませんが、今時の缶詰は懸命にそのイメージから脱却を図っているかのようです。

首都圏ではこれらの缶詰を専門に扱う「缶詰BAR」なる業態も誕生しているそうです。

素材も多種多様で、中には高級魚としてブランドの確立している「金華鯖」を取り上げている例もありました。 メーカーの担当者によると、昨年は金華鯖が大変豊漁だったので、三年間分の缶詰を生産してストックしたそうですが、ナントその計画はアッサリと打ち破られ、一年で完売しそうな勢いだとか… 販売目標達成値300%ですね。( ̄□ ̄|||)

また、これはローカルな情報ですが、国内では珍しい天然炭酸水が、会津金山町で湧いております。 それを流通させるシステムが三年前ほどから稼働しており、「泡心水(あわしんすい)」として発売されております。

泡心水


ガス圧はペリエよりも低めですが、きめ細かな泡立ちが特徴です。 ガス入りミネラル・ウォーターも徐々に市民権を得て来ましたが、国産で商品化されて国内流通しているのは、現在ではこの商品だけです。

湧き出す水量がさほど多くない事もあり、ネット販売を行っているお店を見てみると、結構欠品しているところが多いです。 なかなか上品な口当たりですので、これなら食事のお供にしても楽しめそうです。