FC2ブログ

また一つ、消える老舗の灯

昨日のローカル新聞に、“寝耳に水”な記事が出ていました。 地元の中心市街地にある老舗の書店が、6月20日をもって閉店というもの。

「東北書店」は、駅前アーケードの中で、永らく暖簾を守ってきた、市民に親しまれていた書店でした。

無芸の前後の世代にとっては、何かとお世話になった本屋さん。 過去のエントリー(こちら)にも書き記した通り、30年以上前から、市内随一の蔵書数を誇り、店員の知識や接客態度も、極めて高いものでした。

そして、最も学生達に親しまれたのは、3階フロアーの全てが、コミック本のみで埋め尽くされており、しかも「立ち読み禁止」とか「保護フィルムでパッキング」などという姑息な手段を執らない事で有名でした。

「本は手にとって読んでみなければ、その善し悪しは分からない。 だから立ち読みは歓迎。 気に入ってくれたら、お求め頂ければ結構。」というポリシーが突き通されておりました。

無芸は勿論、無芸妻も、その昔は学校帰りに立ち寄って、3階でひととき楽しませて頂き、2階の専門書フロアーで参考書や赤本を買い求めていた口です。 夏休みともなると、3階のフロアーは、朝から夜まで中高生がギッシリと集っていたものです。(^^;)

それでも一度たりとも、お店から粗末に扱われた事はありませんでした。 だから僕たちは「東北書店」が大好きでしたし、自分で自由に出来るお金が得られるようになってからは、“恩返し”のように極力ここで書籍を買い求めていました。

きっと今度は子供達が同じようにお世話になるんだろうなぁ~と思っていた矢先の発表に、私達はとても残念で仕方がありません。

「東北書店」が閉店の道を選ばざるを得なかった理由は、きっと皆様も直感的にお察しかと思います。 いくら店舗面積が大きくて、利便性の高い大型店舗が台頭しても、やはり「東北書店」のようなプロ集団を構成する事は至難の業でしょう。 そこには老舗としての永い伝統というバックボーンがあり、そして何よりも経営者の信念がスタッフに徹底して植え込まれていたのですから…

返す返す、残念な事。 また中心市街地から、老舗の灯が消え去ってしまいます。




温泉街の三毛猫


磐梯熱海温泉郷に住み着いている野良ニャン。 丁度私が見つけた時には、三匹まとまって団体でおりました。(^^)

この温泉郷は、冬場の寒さは厳しいものがあります。 それでも逞しく生き続けているニャンコ達。 大型ホテルの隅っこででも越冬するのでしょうか?