FC2ブログ

ニャオ そこは止めとけ…

昨日、今日と、非常に良い天気となっています。 日差しも強く、紫外線が凄そう(^^;)

こんな陽気ともなると、当家の飼い猫・ニャオは、おんもで遊んでいる事が多くなります。 しかもちょっとした日陰を選んでいるところがww

お隣のファミレス駐車場は、ニャオには恰好の運動場となっておりますが、無芸大食娘が、

「パパ、大変だぁ! ニャオがニャオがぁ~!」

の声に、覗いてみると…

ニャオ 危険


アハハ(^^;) いや確かに危険と言えば危険ですが… 駐車中の車の下で、まったりと休んでいたようです。 ファミレスの駐車場内の駐輪所では、女子高生と覚しき女の子が三人ほど、ニャオを見つけて大騒ぎしておりました。(^^;) アンタ、スター性があるんかねぇ…

まあ、そのまま放っておいても、取り立てて危険な訳では無いけれど、一応「ニャオ~」と声を掛けてみた。

ニャオ 起きた…


気が付いた。(^^) ヨッコラショと起きあがって、コッチにやってくる。

ニャオ 壁歩き


高さ1mくらいの壁をヒョイと登って、壁歩きでやって来ます。

ニャオ 一人立つ


塀の上を端っこまでやって来ると、一度お座りをして周囲を観察。 ニャンニャン・パトロールです。(^^;)

ニャオ


ようやく降りてきて、お店の前でまた躰を横たえます。

通りの車が信号機で止まる度、車内からは好奇の目が注がれ、お子様連れの車内からは、子供達の嬉々とした声が聞こえて参ります。(^^)

先頃などは、うら若きお嬢さんが乗り合わせた車から、こんな声が聞こえていたとか…

「猫だぁ~♪(^O^) カワイィ~~♪」

「あっ!うっそぉ~! 首輪がシブい~~! キャハハハハ」

アハ 首輪、シブかったっスか?(^^;) 一応和猫ですので… でも♀なんスけど… やっぱり、スター性があるんか? 

「お食事処 むらい」のお陰で、20年ぶりの再会

この大型連休を利して、高校時代の旧い友人が訪ねて来てくれました。(^^) 彼は現在、山梨県に在住しており、ご両親は転勤族だった為、今では実家は当地にはありません。 そんな訳で、高校三年間を共に歩んだ彼とは、なかなか再会のチャンスがありませんでした。

それが今年は、当地から70kmほど離れたいわき市の実家に帰省している事が分かり、埼玉から帰省中の友人が連絡を取って、誘い水を向けたのです。

「オイ!会津若松に「お食事処 むらい」ってのがあるんだけど、ココのソースカツ丼は食べておかなきゃ後悔するゾ!」

ってネ。(^^) コレがどうやら一発で効いたらしい。 常磐道を通って帰宅予定だったのを、急遽変更して当地を経由して、東北道で帰るルートに変更したのだった。

で、結局「お食事処 むらい」さんは、この大型連休でお客さんがワンサカ集まり、彼らは直前締切で食べられなかったそうです。(>_<) でも、名店「めでたいや」さんで、名物ラーメン+ミニソースカツ丼にありつき、それはそれで大変満足したそうな…(^^;)

それで昨夜の夕刻、久々に彼と再会する事となりました。(^^) お互い歳は重ねたものの、そっくりそのままの印象でした。 なんか変わんないなぁ…(^^;)

通勤時間のETC割引を使って帰る予定だったようですが、ワハハそう簡単に帰してたまるか!(^O^) ほぼ強引に深夜時間帯割引まで引き留めてしまいました。

もともと、マニアの多い無芸の友達。 彼も又、相当なマニアなのです。 写真は中判をやっていたら・し・い。 過去形です。 実はその矛先が車に向いちゃってたんです。 そんな訳で、写真の方は、暫く休止状態になっているそうでした。

で、彼の愛車は↓

74'ポルシェ・カレラ


1974年 ポルシェ・カレラ(^0^;)

国内にはたった14台しか登録されていないと言う、非常にレアなヤツです。 旧き佳き時代のポルシェです。 今の時代ではもっと速い車はいくらでもアリますが、車重1,070kgに210馬力の2,700ccエンジンの組合せは、それ自体がインパクトの固まりです。

今時は国民車・カローラだってもっと重たいですからね。 丁度トヨタ・ヴィッツと同じくらいの車重に、倍以上のエンジンを載せいてるようなシロモノ… 今も現役で230km/hは出るらしい。 30年以上前の車ですが…

はぁ~~、マニアだわ┐('~`;)┌

無芸もちょっくら運転させて貰おうかと思ったのですが、ヤッパリ止めておきましたよ。 何せブレーキにサーボが付いていない! レーシング・カーかよ!(^O^;)

つまり、ブレーキを掛けるときは、思い切り蹴飛ばすように踏まないと、全くブレーキが効かないんだって。

うへぇぇぇ~~、そんな恐ろしい車乗れるかよ!Σ( ̄ロ ̄lll) まあ、あと20歳若かったら強奪してでも乗ったと思うけど…

そろそろ午前0時になろうかと言う頃、彼はご近所迷惑の極至と言うべき轟音Σ( ̄ロ ̄lll)と共に、車を帰路に就けました。

また会おう! 今度はちゃんとお泊まりで来いヨ。(^^)