FC2ブログ

伊勢桜 ~福島県郡山市中田町木目沢黒木~

去年の桜巡り行脚の中で、無芸大食妻と共に最も感動できた桜。 その時は名も知らず、ただ鮮明な印象だけが刻み込まれておりました。

「これだけの名桜に名がない訳がない!( ̄~ ̄;)」

と、夫婦共々とても気になっていた桜です。 そして今春、無芸のリサーチの甲斐あって(?)、「伊勢桜」または「伊勢屋の枝垂れ桜」と呼ばれる、推定樹齢250年の紅枝垂れ桜である事が判明しました。

伊勢桜


昨日の早朝桜巡りで、今年も素晴らしい花を咲かせてくれているのを確認しました。 枝振りと言い、樹勢と言い、素晴らしい一本桜です。(^^)

伊勢桜


この一本桜は、「三春滝桜」から「紅枝垂れ地蔵桜」に向かう途中にあります。 インフォに従って地蔵桜を目指すと、県道・三春大越線へとT字路を左折するように誘導標識が見えますが、無視してそのまま直進します。

やがて道路は曲率が厳しくなり、道幅も急に狭くなります。 でも道路には地蔵桜へのインフォはちゃんと出ていますから安心して下さい。 県道側への誘導は、特に大型車両の為に設置されています。 この狭い道でも、車幅2mくらいまでの普通車なら難なく通行できます。

「コレって道路かよ( ̄Д ̄;)」

と言うくらい路地風の場所を通ります。 石材店の庭先のような場所を切り抜ければ、急に道路は広くなりホッとさせられます。 そして左にカーブを曲がる刹那、頭上に現れるのがこの「伊勢桜」です。

伊勢桜


この「伊勢桜」も、どうやら個人所有のものらしいです。 側近に「伊勢屋商店」さんの看板があり、家作兼店舗があります。

桜の周囲はちゃんと下草が刈られており、家人が整備に力を尽くしておられるのが分かります。 早朝に訪問した時は、訪問する人もまばらでしたが、午後の二度目の訪問の際は、結構車を止めて見上げる人の姿がありました。

もっと名を馳せそうな、注目の名桜「伊勢桜」でした。(^^) 

忠七桜 ~福島県郡山市中田町牛縊本郷~

不動桜から地蔵桜へと移動しようと、車を元来た道へ進めると、突き当たりのT字路交差点に、「→ 紅枝垂れ地蔵桜」とある。

普通なら左折して「さくら湖」の湖岸に戻ってから、県道をひた走るのですが、標識の通りに右折して行った事はありませんでした。

どうせ気ままな一人行脚。 ムフフ(^^) これは思わぬショートカットのコースかも… と、標識に誘われるままに右折してみました。

アハハ、ところがこれが大失態(^^;) 標識任せに進んだら「紅枝垂れ地蔵桜 12km」の標識が出てきましたヨ。

えっ?!Σ( ̄ロ ̄lll) 12km??

しかも既に数キロ走っていた訳で… 普通に左折して、通り馴れた道を進めば、トータルで8kmくらいだったハズ(^^;) あ~あ、やっちゃったヨ。 と、一人車内で苦笑いしておりますと、「地蔵桜」のインフォと並んで「忠七桜」の標識も見受けられるようになって来ました。

そう言えば「忠七桜」は行ったことがないなぁ…と思いつつ、更に車を進めると、どうやら「地蔵桜」とさほど離れていないらしく、交差点の度に並んで同じ方向を指しています。

ようやくY字路交差点で、その標識の方角が分かれました。 で、「忠七桜」の方向を見やると、すぐそこに「 忠七桜」とあるではないですか。 当然そちらへ進み、車をデポ。

まだ朝の七時前とあって、先客は一人もいないようです。 駐車場からテクテクと歩くこと200mくらいでしょうか。 右手に立派な「忠七桜」が現れました。

忠七桜


樹齢は150年とも170年とも言われているそうです。 忠七桜は、内出の桜と同様に、個人宅の桜です。 しかし、来る人のために駐車場を整備して、見易いようにと「忠七桜」の対面の斜面に「花見台」なる展望スペースまで用意されています。

ありがたいですねぇ。(^▽^喜) こんなにして頂いても、観覧料も一切徴収したりなさらないんです。 田舎の人間性の良さ、旧家の誇りを勝手に連想しちゃいました。

後からお見えになった訪問客の方々も、とてもフレンドリーで、何とも心地好く観桜させて頂いた無芸でした。(^^)