FC2ブログ

夏井川渓谷の岩ツヅジと篭場の滝

遡って、4月8日(日)に、「諏訪神社」に行く時に通った、夏井川渓谷です。 県道41号線は、夏井川渓谷に沿うように通っております。 磐越東線も、この県道とクロスしながら路線が延びております。

道は全面舗装とは言え、道幅が狭く、かなり曲がりくねったものですので、ビギナー・ドライバーは少々緊張の連続になるかも知れません。 そんな道すがら、何の前触れもなく「あれっ?ココ凄くキレイだぞ!」と車を止めたのが「景勝地 篭場の滝」でした。

夏井川渓谷と岩ツヅジ


実は滝に気が付いたのは後のことで、渓谷の岩肌に咲くピンク色の花を、桜と勘違いして停まったのでした。(^^;)

狭い道路の路側部分に、申し訳程度に誂えられた駐車スペースに車をデポしました。 先客の初老のご夫妻が、岩場の花を撮影しておられました。

「こんにちは。(^^) 綺麗な花ですねぇ~♪」

とご挨拶すると、

「アノ花はねぇ、桜じゃなくてアカヤシオと言って、ここにしか無い樹なんですヨ」

と教えて下さりました。(^O^)

夏井川渓谷の岩ツヅジ


初めて聞いた… そんな貴重な花だったとは。 岩ツヅジの一種らしいですが、ちゃんと見てみると、全然桜じゃ無いですよね…(^^;)

アカヤシオが撮れそうな場所を探しながら少し上流の方に歩いてみると「篭場の滝」との観光標識がありました。

ハハハ…ここでようやく景勝地・篭場の滝に気が付いて訳です。

夏井川渓谷


ナカナカ険しい岩場ですので、無理に分け入る事も出来ません。 アレが件の滝かなぁ…と思って写真を撮っていたら、自分の足許にもっと落差のある滝が…

どうやら、せっせと撮っていた小さな滝は×(>_<) こちらが「篭場の滝」だったようです。

夏井川渓谷の籠場の滝


とは言っても、上から撮った写真しかありません。(大汗) 次に出向いたときは、ちょっと頑張って崖を下り、川面からの撮影に挑戦です。(^^) 

五百渕公園の桜 ~福島県郡山市山崎~

郡山は、南北に走る国道4号線と、東西に走る国道49号線が交わっています。 この国道の交差点には、郡山警察署があり、市民の治安維持に目を光らせています。

そこから会津若松方面に向かって、国道49号線を西に向かうと、約1.2kmほどの所にあるのが「五百渕公園」です。

大変自然豊かな公園には、多種の野鳥が群れ遊び、ハクチョウも飛来する、市民の憩いの場です。 その池の周囲には、約200本の桜が植えられており、この季節には沢山の花見客で賑わうと共に、国道49号線の車窓からもハッとするような美しい姿を楽しませてくれます。

五百渕公園


この池は、江戸時代初期の1630年に、用水地として作られたそうです。 意外と古いんですね。 前述の通り、公園内には野鳥の集まる森があります。 中学生の時に、日本野鳥の会が主催する「探鳥会」の会場になっていました。 街場で楽しめるバード・ウォッチングのポイントです。

五百渕公園の桜


公園内の桜は、ほぼ満開を迎えており、流麗な姿を楽しませてくれています。

五百渕公園 お疲れぇ~~


「お疲れぇ~~(^^)」

写真の撮影クルーと出会いました。 撤収の途中ですね。 でかいレフ板。 いいなぁ… レフ板持ちのアシスタントさんがいて。(^^;)

五百渕公園の桜


公園の駐車場は、現在工事中の為入場出来なくなっています。 五百渕公園に面した、結婚披露宴場の「記憶の森」さんでは、12日まで駐車場を無料開放(17時まで)して下さっております。

助かりました。 ありがとうございます。(^^) 16年前にお宅様で披露宴を挙げさせて頂きました。