FC2ブログ

日本最北の食酢醸造元を訪問する。

前々から気になっていたのは、前出のラーメン屋さんだけではありません。f(^^;) 実は、郡山のお隣・須賀川市に、とっても気になる食酢醸造元がありました。

たまたま昨日は早めに仕事のメドが立ったので、直接蔵元にお電話をして、訪問の許しを請うてみたところ、非常に快く受けて下さりました。

そんな訳で、『ら~めん好房』にて昼食を摂った後、この蔵元へと向かったのです。

『(株)太田酢店』 食酢の専門醸造元としては、日本の最北にある蔵元です。

以前何度か同社の営業担当者さんとお目に掛かる機会があり、その確かな品質を確かめておりました。 今も我が家の定番調味料として、無芸大食妻が愛用しております。(^^)

蔵元は須賀川市の中心市街地から、大分離れた田畑の広がる場所にありました。 地元の方にはピンと来るかも知れませんが、『大桑原つつじ園』の至近にあります。 でも、あまりに目標物が無くて、一度行き過ぎてしまい、慌てて携帯電話で社長さんに誘導して頂きました…(^^;)

太田酢店 熟成タンク


平成2年に現在の場所に引っ越されたそうですが、その歴史は古く、何と江戸時代に遡るそうです。 先代までは発酵に木桶を使っていたそうな…

敷地内に踏み入ると、酢の香りが鼻に届きます。 社屋や敷地は思いの外コンパクト。 本当に手造りって感じです。 出迎えて下さった太田実社長。

太田酢店 太田実社長


今までも沢山の醸造家の方々と出会いましたが、私の中では近年希に見る“造りの人”でした。

蔵元の社長さんって、まず間違いなく醸造のプロ中のプロでいらっしゃいますが、大きく分けて“経営者に徹する社長さん”“造りの社長さん”がおられると思います。

太田社長は、間違いなく後者ですネ。 しかも筋金入りの…(^◇^ ;)

とにかく情熱的な方です。 一つの質問に対して、答えにまつわる種々の周囲状況を加えながら、もの凄い説得力のある答えを返して下さります。 一問20分ってところですか…(;^_^ A

暫く食酢の醸造プロセスを見直していなかったので、少々忘れ気味でしたが、どう見ても太田酢店の醸造は恐ろしいほど古式製法に忠実です。( ̄~ ̄;)

太田酢店 発酵中のモロミ


食酢醸造のスタートを、清酒の自家醸造からスタートする造り手さんなんて、果たして現在日本に何軒残っているんだぁ(?_?) でも太田社長は大真面目に「やって当たり前」って口ぶりです。

ありゃりゃ… これはとんでもない大当たりに出会ってしまったゾ。O(≧∇≦)O

「私の周りにいる人達は、皆キチガイか馬鹿ばかりです。」

太田社長は続けます。

「こんな酢を本気で気に入ってくれて、本気で売ってくれる人は、おおよそこの世間では“**キチガイ”とか、“**馬鹿”と言われるような人達ばかりですヨ。」 そう、とことん何かに打ち込んでいる人って意味です。 誰もやろうとしないような事に、全勢力を傾ける人は**キチガイ。 人の振りを眺めつつ、自分の立ち位置を考えながらも、何かに没頭するような人が**馬鹿。 これはある意味納得出来るなぁ…(^^;)

さするに太田社長は酢キチガイってところですか… でもちゃんと世の中の実勢を見ながら、酸味が苦手なことの多い男性でも、躊躇無く口にすることが出来る酢を色々と造り出しておられますからねぇ… この人はスゴイわ。

太田酢店 酢酸発酵室


↑酢酸発酵中の室です。 酢酸発酵は35℃以下では進まないので、室全体を適温に維持しています。 室の扉を開けると、ツンと酢酸香が鼻を突きます。

気化した酢酸成分が、室の扉のヒンジに緑青を作ります。 酢酸発酵の室の扉は、この強い気化した酸で傷みが発生していました。

最後にこっそりと社長の研究室を覗かせて頂きました。

「ここに隠れば、時間を気にしないで研究に没頭出来るんでね、二年前に今後のためにと増築したんです。 家族は私の姿が見えないと、ココに隠っている事を悟ります。」

うぅ~~~ん、ヤッパリ何度聞いても凄い!Σ( ̄ロ ̄lll) 取りあえず、私が抱えている知りたいことを教えて頂くまで、あと数回は通わねばなりませんね。