FC2ブログ

五百川の流れ

五百川は、郡山と猪苗代町の境目となる峠を源流とし、磐梯熱海温泉郷から郡山市喜久田、そして日和田町を経て、本宮市で阿武隈川に合流します。

この川が郡山市と本宮市の境界となっており、川に沿って街道が通っておりました。

五百川


ここは郡山市安子ヶ島付近に位置する、淵のように流れが穏やかになる場所。 岩盤で川が遮られ、大きくその流れは右に変針するポイントです。

ここに見える橋は、既に車道として供用されておらず、並行して新しい橋が架けられています。 昔ここを通りかかると、多くの釣り人がこの橋の上から釣り糸を垂れていました。

子供の頃の私にとっては、この淵はとても深いものに見え、きっと“淵の主”といった大物が棲んでいるのでは無いかと妄想したものです。(^^;) 特に釣りに興味のない父は、いつもこの場所を素通りしていましたが、子供の時分の私は、いつも車窓からその様子を凝視していました。

五百川


今日はたまたま磐梯熱海まで配達に走りましたので、何とは無しにちょっと遠回りして立ち寄ってみました。 まさに40年来の訪問。(^^;) 通る車も無い旧道に立ち、うろうろ歩き回る無芸。 傍目から見たら、変人か自殺志願者?? 

もう車が通ることは無い橋。 昭和15年に架けられたものだと知りました。 何故に残っているのか? 多分撤去費用が無いから?? アスファルトの亀裂には雑草・熊笹が生い茂っておりました。 もうここで釣りをする人の姿はありません…




少し下流に向かい、郡山市喜久田町と本宮市の境目あたりで、川の流れは又もや岩盤に遮られて大きく転進します。

五百川


車窓から川岸を見やると、白鷺の姿が…w(°o°)w 「おぉ!ナイスな絵面!」 慌ててレンズを長玉に変えようとしたら、アララ飛び立ってしまった…o(;△;)o

五百川