FC2ブログ

めでたいや ~会津若松市千石町~

喜多方市の新宮熊野神社で、ゆっくりと公孫樹の落葉と長床の鑑賞を楽しんだ後、さて昼食をどこで摂ろうかと家族に相談。

候補は「ラーメン」と「ソースカツ丼」(^^) 全員一致で「ソースカツ丼」に決定!

となると、第一候補は会津若松市の「お食事処 むらい」さん。 子供達は連れて行ったことがありましたが、家内は当日所要で未食でした。

新宮熊野神社を出発したのが13:20。 むらいさんのランチは14時までですから、少々時間的に厳しかったのです。 しかも新宮熊野神社から、会津若松市門田地内までは、淡々と国道を進んでいったら間に合いそうもない。

手許の地図を頼りに、県道を走り会津坂下町役場近くまで出て、国道49号線から、更に県道→会津西バイパスへと繋ぎます。 ところが、一度信号に掛かると、ことごとく信号連鎖に引っかかり、むらいさんに到着したのは14:06。

お店の前には「準備中」の立て札が…(o_ _)o

以前二回訪問したときも、準備中の立て札があるにも関わらず、むらいさんのご厚意で入店させて頂きましたが、流石に三回目ともなると気が引けて… 残念ながら撤退致しました。(;_;)

しかし、こうなってしまうと充分に会津若松市内の名だたる食べ物屋さんを記憶していない無芸大食。 ハッキリ言って昼食ジプシー状態です。(;-_-;)

ちゃんとしたロードマップも持たずに、城下町を彷徨うのはあまりに不安だったので、コンビニで久々にロードマップを買い入れました。

で、その時に記憶に甦ったのが「白孔雀食堂」さん。 ソースカツ丼の名店として有名です。 早速携帯電話で問い合わせて見たものの、さすがに日曜日の午後ともなると、既に売り切れ閉店なさっていたようで応答なし。(T△T)

さすがに参った。 この地でチェーン店に入店する気は更々無いし、情報の糸が切れた虚しさを空腹が更に刺激する。(>_<) 千石通りを流していた時、ふと思い出しました。

そうだ、昔関東圏のお友達が来た時に昼食場所に紹介した「めでたいや」さんがあったな… 友人達は「おいしかったぁ~~(^^)」と至極ご満悦だったっけ…

ええっと、確かこの辺だったよなぁ… と思っていたら、すぐに目に付きました。 ココに決定!(@^∇^@)

めでたいや


初めての入店でしたが、駐車場も完備しており、難なく入れました。 今日調べてみたら、やはり地元の人気店らしく、時間帯によっては入店待ちもあるそうな。

メニューを見たら、それはもう「なんでも食堂」というくらいに、いろいろなものが揃っていました。 一瞬間違ったかなぁo(;-_-メ;)oと思ったほどでした。

でも鼻腔をくすぐる出汁の香りは、確かそうですし、ここはやはりラーメンを食べておくとしましょう。

「中華そば(525円)」安い…o(*^^*)o

めでたいや 中華そば


トッピングの「なると」に「寿」の文字。 すんげぇ~~~(;^_^ A こんなのアリなんだぁ~~

麺は会津らしく中太平打ちちぢれ麺です。 この手の麺はオーバー・ボイルっぽいのが多いのですが、めでたいやさんはちゃんと湯がかれているのに、しっかりとした食感を最後まで楽しませてくれました。

スープは魚系の香りが豊かで、動物系の油分とコク味が良くマッチしています。 しかも臭みはしっかり処理されており、大変おいしゅうございます。 返しの塩梅も宜しく、これは確かにラーメンだけでも充分に人気を集めるでしょう。 毎日食べても飽きない味です。

無芸大食倅は「大名カツ丼(1,000円)」

めでたいや 大名カツ丼


器もデカイが、盛りもナカナカです。 巨大な大椀に盛られて運ばれてくると、無芸大食倅も一瞬ビビっていたようです。(^◇^ ;)

やや薄めの豚ロースで二枚分。 お店の方からすると「ご飯の量は普通に一人前ですから…」とのたもうたけど、これで普通!Σ( ̄□ ̄;)

甘めのソースが良くマッチしています。 脂身はやや多目ですけど、それはそれで美味しいと思いました。 無芸大食倅も流石に半分ちょっとでギブ=○)゜o゜)☆ グエ 全て私の胃袋へ収まりました。

無芸大食娘は海老好きなので「大名海老カツ丼(1,000円)」

めでたいや 大名海老カツ丼


兄の大椀を見ただけで、「私のもあんなので来るのぉ~~( > < ;)//」とビビっておりましたが、その通りです。 こちらには温玉も添えられておりました。

海老フライのサイズ自体は、まあ普通です。 それが5本載せられておりました。 普通に美味しいです。 娘は1/3ほどでギブ=○)゜o゜)☆ グエ こちらも、家内と私が頂きました。

総じてコストパフォーマンスは満点です。 一番印象的だったのは、やはり中華そばでしょうか。 恐るべし「めでたいや」!