FC2ブログ

またしても甦ったスクーター

私が普段の下駄代わりにしているスクーターは、走行距離も13,000kmを越えている老体です。 何度となく、廃棄の瀬戸際を潜り抜けてきた、歴戦の老兵といったところでしょうか…

事実上、街中の配達にしか使わずに、これだけの距離を走破していると、一般的なスクーターよりもタフな使用状況にあります。 今時のバイク屋さんって、修理を依頼すると、パーツをアッセンブリー交換(丸ごと交換)してしまうのが普通ですが、お世話になっているお店が職人気質と言うか、無駄をしないと言うか、とにかく最小限の出費で直してしまうのです。

そんな我が下駄君も、つまらぬトラブルが度々出てきます。 最近困っていたのが、オイル漏れでした。 バイク屋さん曰く「パーツは二束三文なんだけど、車体をかなり分解しないと不具合部分に行き着かないから、工賃が掛かるよぉ~~」って。

仕方ない。 昔取った杵柄で自分でバラして直そうかと思い、整備士をしている弟に工具を借りに行きました。 すると“出来た弟”が、「夜になったら直しに行ってあげる」と言ってくれました。

果たして弟はお嫁さんと一緒に今夜来てくれて、あっと言う間に下駄君をバラバラに…

「兄貴ぃ~~~、ダメだこりゃ。 オイルのパイプが割れているもん
「ほぇぇぇ~~~、どどど、どうすべ?
「うん、今車に積んであるパイプと径は同じだから、交換出来るべ」
「おぉぉ あなたは神ですネ!」

てな訳で、作業開始から小一時間。 あれこれとおしゃべりしながら、作業は終了。 ついでにブレーキのエア抜きまでして貰い、下駄君の寿命は又もや延びたのであります。

持つべきものは… いや、助かりました。