FC2ブログ

里山にも紅葉がやってきた。

既に11月というのに、今年の秋は温暖と言うか、底冷えするような寒さは、まだやって来ていません。 お陰で温かくて助かるのですが、木々の紅葉は例年よりも大分遅れています。

ここ数日、ようやく最低気温が10℃を下回り始め、日々目にする風景にもようやく色づきが見られるようになって来ました。

ここは郡山市喜久田町を流れる藤田川の堤防です。 喜久田スポーツ広場の側近に流れる藤田川の堤には、ソメイヨシノが植えられており、桜の開花の頃は夜のライトアップがされています。

藤田川の紅葉


日当たりの良い場所から色づき始めました。 桜の葉の紅葉もなかなか宜しいですね。

藤田川の紅葉


撮影をしていると、近所にお住まいと見える80歳過ぎのおばあさんに声を掛けられました。

「桜の紅葉もなかなか見事だばい。」
「そうですね。あまり綺麗なもので、車を止めて写真撮りしていました。」
「んだか。 桜は虫が付くから、ここみたいに消毒をしておかないと、紅葉する前に全部葉が落ちるか枯れちまうんだぁ。」
「はぁ~~、そうだったんですかぁ? 道理で桜の紅葉は珍しいと思いました。」

桜の葉の紅葉


なるほど、地元の方々の手が掛かっているから、こうして紅葉も愛でる事が出来るのですね。

言われてみれば、我が家の近所にある逢瀬川の桜の樹も、そこそこの紅葉はするものの、大抵は紅葉と言うより枯葉色だわ。 一人納得でありました。




毎週足を運ぶ、磐梯熱海温泉郷の里山も、いよいよ色づき始めました。

磐梯熱海 里山の紅葉


意図的に杉を植林されている山が多いので、美しい紅葉を醸し出してくれる里山は少なくなっています。 発電所の周りの紅葉は、やはり桜の樹です。

磐梯熱海 里山の紅葉と五百川


比較的色づいていた里山。 でもやっぱりまだら模様だなぁ。

磐梯熱海 五百川の川辺の紅葉


温泉郷を流れる五百川。 本格的な色づきまで、もう少しです。