FC2ブログ

まこと食堂 ~福島県喜多方市~

「道の駅 喜多の郷」でミッレミリアの参加車を見送り、時計は丁度2:30を指していました。 お昼はラ~~メンと決めていました。

さて、どこへ行こうかと車を喜多方市内に走らせながら考えた。 そうだ、「まこと食堂」へ行こう 日曜日は15時閉店で、最近は巧く時間が合わずに惨敗していたのだ。

まこと食堂


さあ、到着しましたよ~~ おっとっと…駐車場が一杯だぁ~~ 仕方ない、路上駐車… いやいや、それはイケません 家族を先に降ろして、市役所の駐車場へ行こうと走り始めたら、塩梅良く川沿いの路側駐車スペースを発見。 デポしました。

さて、閉店間際のお店の前には、先客が十数名お待ちになってましたが、私が行列に戻ったところで、すぐに店内に案内されました。 さすが捌きが早い。

まこと食堂


平成9年以来価格は据え置きらしい事を知りました。 ほとんどのお客様が「中華そば」をオーダーなさります。 当然我が家も。

「中華そば(550円)」伝統的なシンプルなラーメンです。

まこと食堂 中華そば


何年ぶりにありついた事でしょう。 なかなかおいしゅうございます。 くどさのないサッパリ味。 チャーシューは薄切りながら、しっかりとした味付けがされています。 鶏出汁メインの滋味のあるテイストで、濃すぎない味が食べ飽きさせません。

実は初めて食べた時の印象が、実に素晴らしかったので、その後も何度か通いました。 しかし何故か最初の時の“あの味わい”から段々離れていってしまい、その都度ガッカリしていたのです。

でも最初の印象が忘れられずに、十数年… 毎回「今度こそは…」と暖簾をくぐっておりました。 それが今回はぐっと良くなっておりました。 昔の味わいにはまだ戻ってはいませんが、これからに期待

まこと食堂 煮込みカツ丼


「煮込みカツ丼(950円)」 これは一度食べると、不思議と忘れられない味わいです。

甘めに味付けされたロース肉の煮込みカツ丼なのですが、仕上げにウスターソースがかけられています これは最初は驚きました。 煮込みカツにウスターソースを掛けるなんて、考えもしなかったからです。

ところがこの甘めの味付けに、ウスターソースの酸味とスパイシーさは、ちゃんと不思議なバランスがあるんですね。 喜多方ラーメンブームの時は「カツ丼!」って頼むと、店内のお客様が振り返って

「おぉ~~!地元民は違うなぁ~~

何て言われていたんですけど… 会津の「ソースカツ丼」が浸透してきたせいか、今では取り立てて妙な反応は無くなりました。

ちなみに「カツ丼」をオーダーすると、ラーメンどんぶり一杯分のスープが付いてきます。 最初はビックリしましたけど、ラーメンよりも返しが薄めで、麺が入っていないから濁りのないそれは、まこと食堂のスープの素性が一番判るものです。

さて余談ですが、聞くところに因ると、去る5月に先代のご主人様が他界なさったそうです。 いつも帳場におられたあの姿はもう見ることは出来ません。

しかし多分若女将では無いかと思うのですが、大変明るく、細かな心遣いの声を掛けて下さります。 私達は彼女のお陰で、とても心地好く食事出来ました。 味の回帰と若女将の活躍で、まこと食堂が以前以上の好印象を集める事を願います。

無芸大食倅は、若女将に女の子と間違えられてになっておりましたが、一瞬にして“異変”に気づいた若女将は『わぁ~~~ゴメンねぇ~~』って言って、『お詫びね』って子供達にヤクルトを振る舞ってくれました。 いやいや、余計な気遣いまでさせちゃいましたねぇ…




まこと食堂
福島県喜多方市小田付道下7116
電話;0241-22-0232
定休日;月曜日
営業時間;7:30~15:00 ※売り切れ次第閉店