FC2ブログ

安積国造神社 秋の例大祭

9月27日~29日は、地元の通称・八幡様こと安積国造神社の秋の例大祭が行われます。 今日は中日の「本まつり」と呼ばれ、各町会から合計20台の山車が市内中心部に集まり(当然交通は遮断されます)、「八幡囃子」を奏でます。

安積国造神社 秋の例大祭 山車

この「町会」というのも、現在の町内会の仕切りとは異なり、古い昔の区画仕切で運営されています。 ですから、現在の町名とは異なり、直接祭りに参画されている人以外には、とても解りずらいと共に、歴史の長さを物語るものでもあります。

山車は小学生までの子供達のイベントですが、ご覧の通り、なかなかしっかりとした山車が誂えられています。 近年は中心市街地の空洞化に伴い、町会に住む子供の数も激減してしまいましたが、この日ばかりは町会に縁ある家族の子供達が集まり、なかなかの盛況です。(^^)

囃子は大抵大人が奏で、鳴り物と太鼓は子供達の領分。 幼稚園児くらいの子供でも、なかなか上手なんですヨ。(^^) きっと親の代からのDNAなんでしょうか…

安積国造神社 秋の例大祭 御輿

こちらは大人が担ぐ御輿です。 御輿は最終日に宮入します。 神社直属の三社に加え、町会の御輿が三二社! 合計三五社が集う姿は、圧巻です。

秋の大祭 御輿


この御輿は「大一」町会のもので、最も豪壮と言われています。 総重量は650kgと聞き覚えております。 三五社も集いますので、中には「潰し専業」のけんか御輿と恐れられているものもあり、世話役さん達は、毎年トラブルの事前回避の為に、御輿巡行でかち合わぬように算段するなど、裏方で大変な準備を担っています。

この豪壮な「大一」の御輿も、数年前にリニューした直後に、けんか御輿の洗礼を受けて、ひっくり返されたそうです!Σ( ̄ロ ̄lll) 相当ヤバイ空気だったそうですが…

安積国造神社 秋の例大祭 出店

今年大きくリニューアルされた駅前大通りには、沢山の出店が出ています。 コレは子供達の最高の楽しみ\(*T▽T*)/ 私も子供の頃は、祖父母宅が正に神社の足許にありましたので、格別の待遇をして頂き、毎年楽しい思い出が出来ました。(’-’*)

安積国造神社 秋の例大祭 出店

写真は昼間ですので、たいした人出は見えませんが、夕刻から夜に掛けて、人がすれ違うのもやっとという人出になります。 小学校は秋の大祭期間中、午前中で授業は終了となります。 コレって当たり前だと思っていたんですけど、外地の方々から驚かれました。 フツーじゃ無いんスかねぇ? 

彼岸と共に…

彼岸の頃になると艶やかな花を咲かせる彼岸花。 正式には曼珠沙華と呼ばれるそうですが、彼岸の頃になると一斉に咲きだす事から、通称・彼岸花と呼ばれるようになったそうです。

曼珠沙華


曼珠沙華は根に毒があるそうで、農家の方は水田の畦などにモグラ除けの為に植えたりする事もあるそうです。 毒があるなんて知らなかったなぁ…(^^;)

そんな彼岸花が、突如身近に現れました。 数日前からお店の前のツツジの植え込みの中から、ピョコンと伸びていた茎がありました。

「コレいったいナニ( ̄~ ̄;)??」とは思っていましたが、段々と花らしきものが育ってきて…

曼珠沙華


まあ、こんな状態です。(^。^;)  全く一輪だけのスタンド・アローン。 どこから根付いたのやら… もしかして犯人はコレか?(^◇^ ;)

ニャオ


よく植え込みの中に進入していますからねぇ… どこかで種子をくっつけて来たのでしょうか?




話は変わって、今日はうぅんと地代の高い所から、秋の作物を頂戴しました。 住みたくても一戸建てなんて無理なくらい地価の高い処にお住まいのお友達からです。 もともとは田舎だったそうですが、宅地開発が進み、私鉄が伸延していつの間にか“誰もが住みたい街”になっちゃったそうです。( ̄□ ̄;)

ご両親が趣味で作られている農作物。 それがなかなかイイんですヨ。ヽ(*^。^*)ノ 今回は甘藷と栗を賜りました。

頂戴しましたぁ~~♪


甘藷のデカいこと…!Σ( ̄□ ̄;) これはどうしたら良いものやら… そして栗も「不作だった」と言いながらも、一体何キロあるのだろう??

頂戴しましたぁ~~♪


暫くは食卓で楽しませて頂けそうです。(=´∇`=) ありがたや、ありがたや♪