FC2ブログ

海老根・長月宵あかり 秋螢2006 ~郡山市中田町海老根~

日曜日のお出掛けの大取は「海老根・長月宵あかり 秋螢」と題された、和紙行灯のお祭りです。

丁度、日曜日のローカル新聞に掲載されていたのを無芸大食妻が発見し、16日・17日の両日開催と言うことで、時間が間に合えば行ってみようと決めていました。

中田町海老根地区は、以前エントリーした記事で、矢板さんのブルーベリー農園がありましたが、その場所よりも遥かに郡山寄りの場所です。 新聞の紹介文によると、「海老根地区の伝統工芸として伝承されていた海老根和紙も、後継者不足から一時はその幕を閉じていました。 近年、その海老根和紙の復活が叶い、4年前から同催しを始めました(要約)」とのこと。

知らなかった…(^。^;) 新聞の掲載写真を見て、これは一度は見てみようかと思い、猪苗代町から中田町まで移動。 イベントは18:30から始まります。

海老根 長月宵あかり 秋螢


会場周辺まで来ると、ボランティアの方々が誘導してくれていました。 海老根地区と言っても、普段は風光明媚な郡山の田舎。 気の利いた駐車場が整備されている訳でもなく、休耕となっている畑が駐車場です。 しかしながら、前日の雨で畑がぬかるみ、4WDでもよほど自信がないとお通し出来ないと言う。

無芸大食の車は4WDなのですが、ここはボランティアさんの誘導に任せて、少々順番待ちを致します。 車のルームミラーを見ると、県道に大型バスが停車して、ぞろぞろと訪問客が降りてくる。(^◇^ ;)  大型バスっスか?? 一体どこからお出でなんでしょ? こんなマイナーなイベントなのに…

待つこと15分ほどで、ようやく自動車をデポ。 カメラと三脚を携えて、会場へと足を踏み入れました。

海老根・長月宵あかり 秋螢


真っ暗。 とにかく真っ暗!Σ( ̄口 ̄;; 三脚を立てても、カメラが水平を保っているのか解らない… しかもピンを合わせようにも、AFでも巧く行かない。 仕方がないので、半分くらいはMFで調整したものの、後から見たらヤッパリハズレが多数でした。(/--)/ オテアゲ

海老根・長月宵あかり 秋螢


それでもいろいろな趣向が凝らされた作品が沢山あって、なかなか楽しめます♪ 海老根地区の学区の小中学生の作品や、地域農家の方々の「オラげの野菜はうめぇどぉ~~!」ってアピールのある作品、地蔵桜の保存会の作品。 枚挙にキリがありません。o(^▽^)o

海老根・長月宵あかり 秋螢


個人的にはこの螢の行灯が一番だったかナ。 なかなかの風情です。 また、お子様やお孫さんの作品を見に来るご家族連れも多く、とても微笑ましい会話が耳に届いていました。

海老根・長月宵あかり 秋螢


行灯ロードを進んでゆくと、そこは単なる農家の軒先ヾ(@^▽^@)ノ イイですねぇ、こんなのって。 こちらのお宅で飼育されている牛君やワンコが、タダならぬ気配を察して、始終吠えまくっておりました。o(^▽^)o

海老根・長月宵あかり 秋螢


大会本部はやや高台に据えられており、婦人会の皆様が無料で豚汁をサービスして下さっていました。 ありがたくご馳走になりました。(^_^)高台から見下ろすと、行灯が一際美しく映えます。 約400個が据えられており、大半がロウソクを光源としていました。 ゆらゆらと温かく灯る光が幻想的です。

海老根・長月宵あかり 秋螢


最初はきっと開催できるだけで満足だったのでしょうね。 そろそろ次のステップに進む段階が来ていると思います。 トイレの設置も無いし、この催しのコストはほぼ自弁だと思います。 地区の住民の皆さんの熱意と情熱だけで賄われているのは、それはそれで素敵な事だと思いますが、より永らくこのイベントを継続する為にも、スポンサーの獲得やアウトソーシングの導入が必要かも知れません。

海老根地区の皆さん、とても良い思い出を頂きました。 ありがとうございました。(^^)