FC2ブログ

お友達の結婚披露宴へのプレゼント

そろそろ閉店しようかと思っていたところに、男性二人連れのお客様が来店されました。 真っ直ぐにワインのコーナーに向かわれて、ざっと棚を一瞥するとお声掛けがありました。

「1995年のワインはありますか?ヾ(・・;)」

なかなか良いヴィンテージだったので、あったかも知れないと思いつつ、コーナーに進んでつぶさに調べてみました。

田舎酒屋とは言え、200アイテム以上を常備しているので、まあそれなりに揃ってはいるのですが、あれれ(@@;))))~ 94年と96年はあれこれあるのに、ナゼか95年が…(;-_-;)

と、一瞬「ヤバ」と思ったところで、お客様が先に発見!(o_ _)o 

あはは(^^;)、いや助かった… 

「実は明日結婚する友人が、彼女と出会った年が95年だったので、仲間内の二次会でプレゼントしたかったんです(@^∇^@)」

と言う、何とも仲間思いのお言葉。 あぁ、きっと新郎新婦は、沢山のお友達に愛されているんだなぁ(^-^) こんな嬉しい品選びのお手伝いが出来るのは、酒屋冥利です。




ちょっと前のハナシになりますが、やはりお手伝いが出来て良かったなぁと思った瞬間。 改正道路交通法が施行された頃のことです。

一時的にノン・アルコール飲料が流行りました。 今でもビール・テイストは安定した人気があります。 出だしの頃は色々なヴァージョンが市場を賑わせました。 ノン・アルコール・ワインや清酒テイストなど。

一本の電話があり、先様は清酒テイストのノン・アルコールをお探しでした。 丁度新発売の品があり、弊店のホームページにアップロードしておりましたが、それを見つけられたのです。

「在庫はございます。」と申し上げたところ、早速にご来店下さりました。

わざわざ40km以上離れた会津若松市からのご来訪でした。 この商品を手になさっておっしゃったのは、

「父が肝臓病を患い、入院加療しているのですが、残念ながら先は長くないとお医者様に宣告されました。 病床の父が『あぁ、もう一度だけお酒が飲みてえなぁ』と申すもので、せめて清酒の雰囲気だけでも楽しませてあげたくて…」

何という思いやりでしょう(。>_<。) 今際の極みに、ささやかな夢を叶えてあげたいという子心。 今ではすっかり廃れてしまった清酒テイスト飲料ですが、こんな思いで手に取るお客様がおられるとは… 醸造元も懸命に造った甲斐がありましたね。(^^)

何の脈絡もなくニャオ。 隣の空き地で草にジャレ付くの図。

ニャオ